スポンサーリンク

ランウェイで笑って175話ネタバレ考察感想あらすじ!千雪、苦渋の決断

漫画ネタバレ

2021年2月17日発売の週刊少年マガジン2021年12号で、ランウェイで笑って175話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って175話では、千雪はシャルから研二が危ないと聞き、ミルネージュを終わらせるように説得しろと言われました。

 

自分の為にここまで頑張ってくれている父に、自分の口から言わなければならない苦しみを味わう千雪。

 

千雪は研二に、ミルネージュを終わらせようと言えるのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って175話「もう」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 174話 一覧 176話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って175話のあらすじネタバレ

ミルネージュという会社の名前は、千雪が生まれた時に決まりました。

 

 

まだ会社を立ち上げたばかりの頃、モデルもやっと10人まで増えてきました。

 

そこに雫も加わり、さらにモデルは増え、ミルネージュから初のパリコレモデルが出ました。

 

そのパリコレを研二は、千雪と一緒に観ていました。

 

パリコレを観終えた後、千雪は父に、ミルネージュのモデルとしてパリコレに出たいと、自身の夢を伝えます。

 

 

色んな所で、藤戸千雪を売り込んでいった研二。

 

その頃千雪の身長は158センチまで伸び、将来有望でした。

 

オリヴィアとの問題後、明らかにモデル業界の仕事が減っていってました。

 

雫に別の事務所に移籍するよう促しましたが、ランウェイに拘っていなかった雫は、そのままミルネージュの社員として働くことを望みました。

 

 

年々事務所の売り上げは減っていき、人件費削減も考えなければなりません。

 

モデル業界でダメならば、タレントで売り出し、千雪自身の価値が上がれば、またモデルの仕事ができるかもしれないと考えた研二。

 

しかし、それはモデルの仕事ではないからしたくないと千雪に言われてしまいます。

 

そこでハッキリと千雪に、その慎重でモデルは無理だと言う研二。

 

その日の夜は、お酒を飲みながら涙を流しました。

 

 

雫から、千雪がミルネージュのオーディオに来ていると聞き、研二は目頭が熱くなります。

 

研二は航に頭を下げ、ミルネージュをエミーの傘下に入れて欲しいと頼みます。

 

このまま、ミルネージュを潰すわけに行かないと動き始めた研二。

 

 

千雪が育人と出会い、たくさんの人と出会ったことで千雪自身が成長し、ここまで来れました。

 

世界に認められ始め、あと少しでパリへ行けると研二はずっと考えていました。

 

 

事務所で、研二と千雪が向かい合って座っています。

 

何か千雪が喋っているようですが、研二は虚ろな目で千雪を見ています。

 

すると千雪が優しい表情で、もう頑張らなくていいと研二に言います。

 

千雪は、ミルネージュを畳もうと提案します。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って175話の感想と考察

今までのミルネージュをふり返った回でしたね。

 

研二が会社を立ち上げてから、パリコレに出たいという娘の為に、どれだけ頑張ってきたか、よくわかる回でした。

 

あのオリヴィアとの問題が無ければ、ミルネージュは順調に大きな事務所になっていたのでしょう。

 

たったあの日の出来事が、あんなに大きな影響を与えるんです。

 

社会ってすごく怖くて、厳しいですよね。

 

研二が涙を流したあの日も、一生忘れることのない出来事だと思います。

 

一番辛い言葉を自分の娘に言わなければならない、それだけ辛い出来事です。

 

それでも諦めなかった千雪を見て、さらに研二は頑張ろうと思ったのでしょう。

 

そして育人との出会いをきっかけに、千雪の周りが一気に動き始めました。

 

色んな人に出会い、刺激を受け、成長し、TGCまで出れ、みんなから注目されるようになりました。

 

そんな娘の姿を見て、意地でもミルネージュを残そうと頑張る父親の姿が、こんなに辛いものなんですね。

 

千雪は、久しぶりに研二の顔を見て、本当に危ないと理解したのではないでしょうか。

 

睡眠時間はほぼ無く、やつれてしまった研二の姿を見てられません。

 

その姿を見たからこそ、千雪は言えたのではないでしょうか。

 

研二の反応はまだありませんが、どうゆう展開になるのでしょうか。

 

次回を読むのが怖いですが、気になります。

 

<< 174話 一覧 176話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました