スポンサーリンク

何度時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが12話ネタバレ感想!新天下人・明智光秀登場

漫画ネタバレ

2021年2月15日発売の週刊ヤングマガジン2021年12号で、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』12話が掲載されました。

 

『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』12話は、未知のルートとなっている今の明智光秀が登場します。

 

あの信長の元にいた光秀が、大軍を従えるようになった今はどんな姿になっているのか注目です。

 

本記事では、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』12話『覇王光秀』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 11話 一覧 13話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

何度時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが12話のあらすじネタバレ

信長を守る為に駆けつけた元・侍女の遥とともに呑気に過ごしていると、なんか熱くない? ということで外に出てみた信長と遥。

 

二人とも驚かされたその光景は、京の都である朝廷の膝元が燃えさかっていました。

 

火を放たれたことに驚いていると、今度は地震かと思えるほどの揺れがありましたが、遥は敵大軍が集結している音と言い屋根に上りました。

 

信長も言われるままに屋根に上ろうと、梯子を上ろうとしながら大軍が集える地があったか疑問でした。

 

京御所(天皇平常時の住居)を占拠したのかと思い、屋根に上がってみると見たこともない城がそびえ立っていました。

 

目を剥き出しにして驚く信長ですが、遥は至って冷静に、その城は明智が力を誇示するべく築いた牙城の『須弥(しゅみ)城』と教えてくれました。

 

天守には金色のキンカンが置かれており、光秀の城だと信長もすぐに理解出来ました。

己を克服して強くなったのだろうと予測が出来た信長。

 

旗印の数から、相当な軍が集っていると遥は判断し、光秀も城にいると睨みました。

 

その城の中、明智軍となった柴田勝家は、帰還した蘭丸を出迎えてくれました。

 

降伏の口利きまでしてくれたことに、蘭丸はお礼を言います。

 

元・織田軍のよしみとして笑って済ませてくれた勝家でしたが、委細聞きたいとのことで光秀の元へ向かうことになりました。

 

光秀の城下町に火を放った男である蘭丸は、自分の命が無事で済むのか疑問でした。

 

明智軍宿老の藤田田五郎に通して貰い、部屋に入るとそこには畿内四道連合軍総大将となった明智光秀がいました。

 

五年で九州・四国・中国を手中に収めた男の姿に、蘭丸は震えながら平伏します。

 

光秀の書状を預かっておきながら、信長の首を逃した男である蘭丸に歩み寄る光秀。

 

蘭丸は自分が殺されると思ったその時、光秀は優しく肩に手を置き、自分もかつてはうつけである信長の元にいた身であり、気持ちをわかった上で苦労してきたのだと労いました。

 

光秀は勝家に城下の火の様子を問うと、鎮火に向けて兵を整えていると言い、放火の指示者も調べている最中であり、この一連の沙汰をどう収めるかを尋ねました。

 

二度とせぬよう伝え、民には十分な修繕費を与えよと命じますが、勝家は示しがつかないと納得しません。

 

民草を巻き込むのは許されないことだとしたうえで、放火した者たちも光秀のために一日でも早く戦を終わらせたいという想いがあったのだろうと言う光秀。

 

その想いを組めずになにが総大将だと言い、この国に生きる者全ての罪・想い全てを甘んじて受け入れるのが自分の覇道だと光秀は言いました。

 

総大将となっても、勝家には友として接して欲しいというその寛大さに、蘭丸も勝家も心を惹かれていました。

 

信長はもはやあのバカ呼ばわりとなった蘭丸は、天と地ほどの差がある光秀をまさに天下人と称えます。

 

殿の覇道の為に下知賜りたき所存と涙を浮かべながら蘭丸は言いましたが、光秀は何か引っかかったようです。

 

にこやかでいながらも今ハゲって言った? と唐突に問う光秀。

 

蘭丸も勝家も全く聞こえなかったその言葉に、疑問符が浮かべて否定すると、『覇道』と『下知』でハゲとなり、気付かれないように言葉を織り交ぜて心根では小バカにしていたのでは? とまだ笑って光秀は言います。

 

まだ頭の事を気にしているのかと尋ねる勝家に、そんなわけないと光秀は言い、とうに克服していると長く美しい髪を見せます。

 

天守のキンカンもかつての己を忘れないためであると見ていた勝家は、家康に劣らぬ戒めに恐れ入ると言いながら豪快に光秀の肩を叩きます。

 

調子に乗って叩き続けていると、光秀の帽子に手が当たり落としてしまいますが、同時に髪も落ちてしまいます。

 

帽子に直接付けられた偽物の毛髪がなくなってしまうと、光秀の頭はきらめく程のキンカン頭でした。

 

ブチ切れた光秀は勝家を斬り殺し、蘭丸の悲鳴を聞きつけて田五郎がやって来ました。

 

死んでいる勝家に驚き状況を尋ねるも、なんでもないとただ一言。消えろと言われ、部屋を出ようとする田五郎に謀反と考えてないよな? と光秀は問います。

 

ややあって、父君の代から仕えている田五郎は、殿の祖父が如き者と言いつつ、笑えぬ冗談と答えます。

 

そのわざとらしい笑顔が気に入らなかったのか、結局光秀は田五郎も斬り殺してしまいます。

 

スポンサーリンク

何度時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが12話の感想と考察

信長と光秀は親子ではないのですが、親を見て育った子どもという感じで結局家臣も平気で殺すような大将になってしまいました。

 

最終的に信長対光秀になるのか、光秀もまた転生者となりそうな雰囲気もありますが、その場合信長と協力して話し合いで解決する道をいつか選べるようになるのでしょうか。

 

いずれにしろこの事態を見て、蘭丸がどう動くのかというのが重要なポイントになってくるように思えます。

 

謀反を考えたのは田五郎ではなく蘭丸だったとして、少しでも兵力の欲しい信長の元に戻り、それから軍を増やして立ち向かうという展開もありそうです。

 

どのみち信長と遥だけでは戦と呼ぶには戦力差がありすぎるので、このまま戦うとは思えません。

 

どのルートに行っても勝家は殿に殺されてしまう不憫なポジションにいますが、今回は友として接して欲しいとはいえやらかす流れが出来ていたので仕方ないところでしょう。

 

最後に、読者的には田五郎と第一話での光秀の謀反に対する反応が同じで面白い所でしたが、光秀からすると自分と似た空気を察して殺したのかもしれません。

 

ここからどう展開していくのか楽しみです。

 

<< 11話 一覧 13話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました