スポンサーリンク

ゴールデンカムイ268話ネタバレ考察感想あらすじ!キロランケと別れた後のウイルク

漫画ネタバレ

2021年2月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年11号で、『ゴールデンカムイ』268話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ268話では、キロランケの手紙にはウイルクがアシリパには険しい道を選び、幸せを掴もうとするソフィアみたいな生き方をしてほしいと書かれていました。

 

アシリパは、ウイルクはアイヌの未来のために戦うなら自分を先頭に立たせるし、ウイルクから伝えられるカムイの話は北海道で生きていける方法を教えてくれる、と言ったのです。

 

対する鶴見は、カムイを守るためにウイルク達がどんな最期を迎えたか教える、と言いました。

 

果たして、ウイルクはどうなったのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ268話『一本の毒矢』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 267話 一覧 269話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ268話のあらすじネタバレ

キロランケの手紙には、ウイルクはアシリパの幸せを願っていて、ソフィアみたいに厳しい道を自分で選んで幸せを掴んでほしい、と書かれていました。

 

アシリパは、ウイルクはアイヌの未来のために戦う際、自分を先頭に立たせようとしていた、と言い、話を聞いた鶴見は、家族を守りたいなら隠れればいい、と答えます。

 

続けてアシリパは、アイヌの言葉もカムイの事も忘れるし、生活に役立つものはカムイであり、親から伝わるカムイの話は北海道で生きていくのに必要だ、と言ったのです。

 

そうしたら鶴見は、カムイを守るためにウイルクがどんな最期を迎えたか教えてやる、と大声で言ったのでアシリパはビクッとなります。

 

鶴見は、ウイルクはキロランケと袂を絶った後、金塊の場所を知る老人を探しに行き、自分達はシロマクルに会っていた、と答えたのです。

 

時は昔に遡ります。

 

鶴見は菊田と宇佐美を伴ってシロマクルに会っていて、彼が彫っている彫刻を褒めたのです。

 

シロマクルは有古の父親であり、この彫刻を息子に送る、と答えます。

 

続けて、金塊の場所を知る老人を探しているそうだが、アイヌの者達が既に金塊を見つけているだろうから全て遅い、と言うシロマクル。

 

鶴見は、何でシロマクルは行かないのか、と聞くとシロマクルは、老人は金塊は見つけてはいけないと言っていたが、他のアイヌの者達は老人の親族を人質にしてでも見つけようとしていたから、そのやり口についていけなくなった、と答えます。

 

鶴見は、金塊の場所を聞いたのか、と聞くとシロマクルは、聞く前に別れた、と答えたのです。

 

そんな者達と別れたのは賢明な判断だ、と鶴見は言うとシロマクルは、自分達が住む地区は和人と仲良くしたが、中には和人に憎しみを持つ者達が多い、と言います。

 

続けて、自分は血を流さない方法を探すために協力したが、癖の強い者達ばかりで和人に対する過激な思想を持つ者達で構成されていたが、ウイルクのおかげで何とかなっている、と言ったのです。

 

話を聞き、自分の人生にまた関わったか、と心の中で呟く鶴見。

 

現在に至り、鶴見はアシリパに対して、自分は毒矢をウイルクに射った、と言いました。

 

時は昔に遡り、鶴見はシロマクルに対して、ウイルクはロシアを戦ってゲリラであり、ロシアの革命運動のために金塊を求めている、と伝えて菊田達と共に去っていったのです。

 

外で様子を見ているとシロマクルが去っていったので鶴見は、別れた仲間に自分が言った事を伝えようとしているのだろう、と察して菊田達と共に後を追います。

 

しかし、途中で見失ってしまい、途方に暮れていると銃声が聞こえたので銃声がした場所へと向かったのです。

 

そこには老人がいて、ウイルクの事を信じようとする者と始末しようとする者に別れて争いがあった事を知ります。

 

鶴見達はウイルクを探していると、宇佐美は地面に転がっているウイルクの生首を見つけたのです。

 

現在に至って鶴見は、ウイルクは自分の顔の皮を剥いで他人の首に被せて死を偽ったのだ、と言いました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ268話の感想と考察

ウイルクはアイヌの者達から信頼を寄せられていましたが、過去の事は話していなかったのでしょうね。

 

過去の事が明らかになれば、絶対に信用されないし、金塊を横からかすめ取ろうとする者とされてしまうから敢えて言わなかったのだと思います。

 

この調子でいけば、普通に金塊を手に入れられる事になったはずが、ウイルクの過去を知る鶴見が来た事で全部水の泡になってしまったのでしょう。

 

実際、信用していたアイヌの者達はウイルクの過去を知って動揺し、金塊を取られる前にウイルクを始末しようと言う一派とウイルクには恩義があるから取りあえず話し合おうと言う一派に別れて争い始めたのだと思います。

 

ウイルクに死を偽装する前、争う声を聞いていたと思いますので、自分のせいで争いが起きたと後悔したのではないかなと思いましたね。

 

次回は自らの死を偽装したウイルクのその後が明らかになるのではないでしょうか。

 

ウイルクは毒矢を喰らい、しかも過去の事もバレたからいずれ命を奪われると思って死を偽装したのだと思います。

 

顔の皮を剥いだので視界が見えない状態ながら何とか金塊がある場所を見つけ、別の場所に隠してから警察に捕まって、網走刑務所に入れられてしまったのでしょう。

 

それからのっぺら坊を名乗り、刺青人皮を作ったのではないかと思います。

 

<< 267話 一覧 269話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました