スポンサーリンク

真群青戦記5話ネタバレ考察感想あらすじ!ミチロウが丸山と戦う!

漫画ネタバレ

2021年2月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年11号で、『真・群青戦記』5話が掲載されました。

 

真・群青戦記5話では、廣瀬が丸山を解放したのを切っ掛けに、囚人達は解放されて好き放題暴れます。

 

廣瀬は丸山と共に戦国時代にいると言う証拠を得ようと信幸の元へと向かい、その近くにいたミチロウ、弁丸と相対したのです。

 

廣瀬は弁丸を連れていけば戦国時代にいると言う証明になると思っていましたが、丸山は速攻でミチロウに襲い掛かってきました。

 

果たして、ミチロウは襲い掛かって来た廣瀬や他の囚人達から弁丸を守る事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、真・群青戦記5話『背中』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

真群青戦記5話のあらすじネタバレ

丸山は、武士は本当にいるんだな、と感心しながら言います。

 

ミチロウは目の前にいるのが囚人なのを悟っており、脱獄したな、と呟いたのです。

 

廣瀬はミチロウの隣にいる弁丸を見て、明らかに弱そうだし、弁丸を連れ去って看守に見せれば戦国時代にいると言う証明になるし、堂々と脱獄できる、と思っていました。

 

そんな中、丸山は動き出してミチロウの顔面に飛び膝蹴りを叩き込んだのです。

 

ミチロウは壁に激突し、中で信幸の手術をしている麻生は怯えるも、医官は冷静に手術を続けます。

 

そして丸山は続けてミチロウの顔面をぶん殴り、馬乗りになってひたすらに殴っていきます。

 

廣瀬は、幾ら何でもやり過ぎたし、このままでは命を落としてしまう、と言うが丸山は、殴り続けて静かにさせてから話をすればいい、と言って聞く耳持たないのです。

 

その話を聞いた廣瀬は心の中で、丸山はこれまで暴力のみで解決してきて、囚人達は自分達の行いを正しいと感じている奴らだな、と言います。

 

その間に他の囚人達が弁丸に近づいて、暴力を振るわずに言葉をかけていくが弁丸は恐怖を抱いているのか何も喋れずにいたのです。

 

そして看守の一人が他の部屋で待機していた看守達に、囚人達が暴れているから止めてほしい、と伝え、他の囚人達もその準備を始めました。

 

そんな中、間宮と言う看守は、自分は行かない、と言ったのです。

 

その理由は今の刑務所は無秩序の状態にあり、今の囚人達を抑える事は不可能だと思っていたからでした。

 

実際、囚人達はこれまでのうっ憤を晴らすかのように看守達を痛めつけていました。

 

その頃、ミチロウを徹底的に痛めつけた丸山は医務室に入ろうとしていたのです。

 

そして弁丸は小さな声で、信幸は自分に背中を見ていろと言っていたのだから、これからも生きて自分にその立派な背中を見せてほしい、と呟いていました。

 

そして囚人達に対して刀を抜こうとした刹那、ミチロウが立ち上がって弁丸に絡んでいた囚人の一人を捕まえて投げて地面に叩きつけ、囚人は息が出来ない状態になったのです。

 

廣瀬は心の中で、何が起こった、と驚愕の表情をしており、ミチロウはすかさず地面に叩きつけた囚人の首を絞めました。

 

廣瀬は心の中で、ミチロウは柔道をしている、と感じ、その間にミチロウは丸山に向かっていきます。

 

丸山はミチロウを殴ろうと拳を振るうも、ミチロウは敢えて拳を頭に受ける事で間合いを詰めると一本背負いを決めようとしたのです。

 

しかし、丸山は地面に叩きつけられる前に地面に足を叩きつけてミチロウから距離を取りました。

 

弁丸は懸命に戦うミチロウの背中がとても大きく感じていました。

 

そんな中、外から太鼓の音が鳴ったので囚人達は、何かが近づいてきている、と騒ぎ立てていたのです。

 

弁丸は、この太鼓は真田軍の軍太鼓だ、と呟くと信幸に対して、真田軍が来てくれたよ、と言います。

 

そして手術を受けていた信幸もこの軍太鼓が聞こえていたのか、微かに意識を取り戻しました。

 

真田軍を率いているのは後に真田十勇士の一人となる三好総兵衛伊三であり、世話を焼かす兄弟だな、と呟いたのです。

 

スポンサーリンク

真群青戦記5話の感想と考察

ミチロウは丸山にコテンパンにやられてしまっていたので、万事休すかなと思っていましたが、何とか持ち直しましたね。

 

その切っ掛けが弁丸が刀を抜いて囚人達を始末しそうだったからで、間一髪だったなと思いました。

 

しかも柔道で追い詰めようとしましたが、丸山も上手い具合に一本背負いから逃れたので厄介ですね。

 

しかも逃れ方が特殊でしたので、きっと長い間暴力の世界で生きてきたからこうすればダメージは最小限になると言う勘が働いたのでしょうね。

 

真田軍も駆けつけたようですので、形勢逆転するのではないかなと思います。

 

次回は真田軍と囚人達の戦いが始まるのではないでしょうか。

 

囚人達は軍太鼓に驚いている様子でしたので、取りあえず外を確認すると思います。

 

その際に軍勢を見かけると思いますので、これで戦国時代にいると言う証明になったと思いますから、ミチロウ達をほっといて外へと向かうのではないでしょうか。

 

囚人達は戦国時代にいると言う証明を得るよりも、軍勢に囲まれていて、その包囲が狭くなれば外に出るのは困難だと考え、すぐさま外へと出ると思います。

 

真田軍も囚人達を敵と認識して攻撃を仕掛け、囚人達も命を落とさないように懸命に抵抗するでしょう。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 真・群青戦記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました