スポンサーリンク

ダイヤのA act2 242話ネタバレ考察感想あらすじ!チャンスで打席に立つ金丸

漫画ネタバレ

2021年2月10日発売の週刊少年マガジン2021年11号で、『ダイヤのA act2』242話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』242話では、結城将司がライトフライで前園を3塁へと進塁させるもツーアウトになり、打席には金丸が入ります。

 

天久は151km/hのストレートを投げていき、金丸はフルスイングをして当てるもファールとなってしまったのです。

 

天久の球が見えている金丸は打てそうだと感じた球は積極的に手を出し、ボール球だと思ったら見逃したりして追い詰めていきます。

 

果たして、金丸は天久が投げる球を見事に打ち返し、同点にする事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』242話『俺の戦い』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 241話 一覧 243話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 242話のあらすじネタバレ

結城将司が天久の球をライトへと打ち返したがフライに終わるも、前園は3塁へと進塁しました。

 

そして観客席にいる選手達の声援を受けながら、打席に入る金丸。

 

天久は自己最高となる151km/hのストレートを投げ込んできて、金丸は恐れる事無くフルスイングで対応してバットに当てるもファールとなってしまいます。

 

観客は天久が最速を出した事に驚いていて、高見は心の中で、今のは甘い球だったけど球威があったからファールになったと思い、ベンチにいる田原監督も心の中で、下位打線だからと言って油断するな、と思っていたのです。

 

天久は心の中で、下位打線なのにしかもリードされているのにここまで迷うことなくバットを振れるところを見ると、かなり腹が据わっている、と思って投げようとします。

 

金丸も心の中で、良く見えている、と思っており、天久が投げてきたカーブがボール球と見切って見逃した。

 

ネクストバッターサークルにいる沢村も、良く見えているぞ、と言っていて金丸は心の中で、取りあえず同点にさえすれば沢村も楽になるし、何としても前園をホームに返さないといけない、と思っていたのです。

 

そして次の球も金丸はボールだと思って見逃し、流石の天久もイラッとしている様子でした。

 

その後も金丸は見逃したり、ファールにしたりと粘って、カウントはツーボールツーストライクになっていました。

 

この日の気候は暑かったので、天久の顔には汗が着いていました。

 

金丸は心の中で、打ち返すのならばセンターから右であり、甘い球を投げてくるまで粘ってやる、と言っていたのです。

 

天久は心の中で、こんなとても暑い状況下でスポーツをさせるな、そこら辺の高校球児がばてちまう、と言いながら投げたがコースは甘かったのです。

 

金丸も甘いボールを打ち返したのだが、セカンドゴロとなってしまいます。

 

金丸は何としてもセーフになろうと懸命に走り、ヘッドスライディングをするのだが結局アウトになってしまったのです。

 

このピンチを抑えたので雄たけびをあげる天久。

 

田原監督は心の中で、以前の天久と違い、冷静で我慢強くなったし、これこそがエースであり、天久の闘志が他の選手の心に火をつけた、と言います。

 

最大のチャンスを逃してしまったせいか、青道ベンチの方は暗くなってしまいます。

 

しかし、そんな中で沢村は、今のは紙一重だから仕方ないし、まだチャンスはあるから切り替えよう、と金丸や皆を鼓舞するかのように大声を出したのです。

 

由井は、この暗い雰囲気を吹き飛ばした、と言い、奥村も心の中で、これは沢村だから出来る事だ、と思っていました。

 

そんな中、怪我のため投げるのを禁止されていた川上が静かに立ち上がり、ブルペンへと向かおうとします。

 

奥村もついていこうとするが、川上は来なくていいよと言うジェスチャーして向かったのです。

 

この事に沢村達は困惑していました。

 

ブルペンに到着した川上は投げる仕草をするが、ボール自体は投げないシャドーピッチングを行います。

 

川上が怪我している事を知らない観客は、川上は投げなくても調整できる、と口にしていたのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 242話の感想と考察

何とか懸命に粘って食らいついていた金丸でしたが、結局凡退してしまいましたね。

 

ここまで天久はコントロールが良くて、基本的には良いコースに投げていましたから突然ど真ん中付近に来たから戸惑ってしまったのかもしれませんね。

 

追加点を取れなかったのは非常に痛いですが、それでも収穫があったのではないでしょうか。

 

今の天久は球威こそ変わっていないものの、汗が出始めてきましたのでもしかしたら甘い球がこれから増えてくるかもしれません。

 

それに金丸達下位打線が迷う事なくバットを振り抜いてきますから、少なからず脅威だと感じている筈です。

 

しかも次の回は沢村、そして上位打線に回ってきますから天久はより危機を感じて甘い球が増えるのではないかと思います。

 

そして川上がブルペンに行き、ボールを投げずに腕だけを振ると言う仕草をし始めました。

 

沢村達は川上は負傷していて、今日は様子を見るために投げるのを禁止されている状態なのを知っているのです。

 

川上も一応指示通りにベンチに座って試合の戦況を見ていて、今の自分に出来る事はないのかと考えていて、考え抜いた行き先が今回の行動なのではないでしょうか。

 

この行動の真意はきっと自分も一緒に戦っているからなと言う鼓舞のつもりなのだと思います。

 

<< 241話 一覧 243話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました