スポンサーリンク

彼女お借りします175話ネタバレ考察感想あらすじ!元カノの麻美、一体何を考えているのか

漫画ネタバレ

2021年2月10日発売の週刊少年マガジン2021年11号で、『彼女、お借りします』175話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』175話では、サイゼリアからの帰り道、自分の想いを伝えようとする和也。

 

しかし途中で木部達が登場し、告白は未遂に終わりました。

 

部屋で和也の言葉を思い出す水原、今後どうすべきなのか考えます。

 

本記事では、『彼女、お借りします』175話「溜め息と彼女」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 174話 一覧 176話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします175話のあらすじネタバレ

居酒屋でビールを飲みながら、告白ってどうするんだと呟く和也。

 

一緒に来ていた友達に、浮気でもするのかと茶化されます。

 

最初告白した時は、どうしたんだと皆に聞かれますが、あれは同意して送信しただけだった為、和也は誤魔化します。

 

先程のことを思いだし、もし最後まできちんと気持ちを伝えていた場合を、和也は想像してみます。

 

もし伝えていたら、水原にビンタされ、今までそうゆう風に見ていたんだと貶され、二度と関わらないと言われる結末が見えました。

 

どう想像しても、いい未来が見えない和也は、先程の自分が危なかったと考えます。

 

そして水原と付き合いたい欲が、限界まで来ていると気づきます。

 

先程危なかった告白を止めてくれたことを感謝し、木部に抱き着きます。

 

 

そういえばと、木部は和おばあちゃんとの打ち合わせに、麻美が現れたことを報告します。

 

一瞬で冷静になった和也は、なぜそんな状況になったか問い詰めます。

 

和おばあちゃんがやっている和酒店のTwitterに麻美からDMが来て、木部にアドバイザーとして紹介されたと話します。

 

木部も最初は麻美を疑っていましたが、下調べもしっかりしてきていて、アプリを作ったらどうかなど、的確な意見を出していたそうです。

 

それにしても、わざわざ自分のばあちゃんとそんなことになるかと、不安にある和也。

 

酔いも醒め、自分は帰ると言い、お店を出ます。

 

 

翌日、大学に来た和也は、和おばあちゃんに電話を掛けますが、全然出てくれません。

 

麻美の思惑は何だと考えながら歩く和也。

 

手に持っていた参考書を落としてしまい、拾おうとしゃがむと、麻美が拾ってくれました。

 

まさかの登場に固まる和也ですが、麻美は普通に話しかけてきます。

 

和也は慌てて木部から話を聞いたことを伝えると、麻美は和也の胸に手を置き、驚かせて悪かったと謝ります。

 

最近日本酒にハマったそうで、和也のおばあちゃんだからいい人だろうし、話を聞きたかっただけだと説明します。

 

話しているうちに、サイトの経営について意気投合し、自分の卒論のテーマにもなりそうだと考えて手伝っているそうです。

 

和也との関係を和おばあちゃんには話しておらず、経営が自分に向いているかもしれないと楽しそうに話しています。

 

自分のことを疑っているなと言う麻美に対し、和也は苦笑いしながら全然だと答えます。

 

 

和也と別れ、和おばあちゃんにまたアプリについて話したいので、会いたいと連絡を送る麻美。

 

その麻美の顔は、とても無表情です。

 

 

やはり考えすぎだったかと思いながら歩く和也。

 

丁度そこに、水原とその友達とばったり会いました。

 

水原の友達から以前の飲み会のことを茶化されますが、水原は早く行こうと二人を急かします。

 

和也は麻美のことを、水原に伝えないとなと考えます。

 

 

友達二人の後ろを歩きながら、黙っている水原。

 

昨日の和也の言葉を思い出し、溜め息を零します。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします175話の感想と考察

告白は未遂に終わった和也ですが、結局いい返答はないだろうと想像し、告白をしなくて良かったと思ったんですね。

 

流石に和也の想像まで、ひどいことにはならないでしょうが、それほど和也はいいイメージが出来ないのでしょうね。

 

自分の告白を止めてくれた木部を褒めると、まさかの元カノの話が出てきました。

 

あの麻美だと考えると、誰だって疑いますよね。

 

何のために和おばあちゃんに近づいたのか、何を企んでいるのか。

 

同じく疑っていた木部でしたが、話を聞いている限り、真剣に仕事について考えてくれ、アプリの制作の提案などをしてくれ、真面目にやっているように見えました。

 

それでも和也は疑い続けていましたが、おばあちゃんと電話も繋がらず、モヤモヤとしたまま、タイミングよく麻美に会うと言う驚きの展開でしたね。

 

麻美のさりげないボディタッチ、ああいう女の人いますよね。

 

男性はあれだけで、ドキッとしてしまうんですね。

 

女を上手く使いながら、何も企んでないと説明していた麻美の言葉、私からすれば何の説得力もないですけどね。

 

しかし和也は、勘違いかもと流されそうになっています。

 

男が単純なのか、和也が単純なのか、面白いシーンだと思いました。

 

水原が素っ気なかったですが、あの溜め息はどういう意味があるのでしょうか。

 

次回も楽しみです。

 

<< 174話 一覧 176話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました