スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ193話ネタバレ考察感想あらすじ!タケミチ、最高なはずなのに気になっていたこと

漫画ネタバレ

2021年2月10日発売の週刊少年マガジン2020年11号で『東京卍リベンジャーズ』193号が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』193話は、結婚式が進行する中で東京卍かのメンバーだった人たちの今が明らかになりました。

 

彼らは今どんなことをしているのでしょうか?

 

そして、ヒナが生きており最高なはずなのにタケミチには気になることありました。

 

彼が気になっていることは何か?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ193話『Feel great!』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 192話 一覧 194話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ193話のあらすじネタバレ

「絶っ対ぇ助けるから」

 

燃え盛る炎を目の前にヒナを助けることを誓ったタケミチ。

 

ちなみに、この時ヒナは炎の中にいて亡くなってしまいました。

 

しかし、過去を変えたのでヒナはタケミチ目の前にいました。

 

結婚式はケーキ入刀のタイミングで、一虎とぺーやんがスマホでその瞬間を撮影しようとしていました。

 

そんな中、ヒナはタケミチに話しかけました。

 

話題はタケミチがタイムリープで現代に戻ってきたこと。

 

「おかえり」

 

現代でタケミチと再会することを待っていたヒナはタケミチに言いました。

 

ヒナの言葉を聞いたタケミチは夢ではないかと疑いながら号泣。

 

現実かどうか確かめるためにヒナはタケミチの頬をつねろうとしました。

 

ちなみに、彼の帰りを待っていたのはヒナだけではありませんでした。

 

1人目は千冬。

 

彼は自分たちにとっては12年ぶりの再会ですがタケミチにとってはさっき別れたばかりでの再会という話をしました。

 

2人目はドラケン。

 

彼はみんなが生きているのはタケミチのおかげということを“すげー話”だと思っていました。

 

「ありがとな!タケミチっち‼︎」

 

千冬とドラケンは声を揃えて感謝の言葉を送りました。

 

その言葉を聞いたタケミチは泣き続けました。

 

しかし、このやりとりがパーやんは不満だったので怒りました。

 

なぜなら、この結婚式の主役は自分にも関わらず彼らのテーブルが盛り上がっていたからです。

 

パーちんの不満に対して「主役は花嫁」という野次が飛んできました。

 

ここで東京卍會のメンバーだった人たちがこの現代では何をしているのかということが明らかになりました。

 

パーちんは家業を継いだことで大金持ちになっており、今回幼なじみと結婚。

 

ぺーやんはここでもパーちんの側近。

 

三ツ谷は将来有望のファッションデザイナー。

 

海外で活躍するトップモデルの八戒と彼のマネージャーの柚葉。

 

河田兄弟は2人でラーメン屋をやっており、ペットショップの経営者になった千冬の店を手伝っている一虎。

 

そして、ドラケンと青宗はバイク屋を共同経営していました。

 

式場の外で何かを待つ中ドラケンと青宗は発注したキャブレター(バイクの部品)の話をしていました。

 

「タケミチ君」

 

ドラケン達同様に式場の外で待っていたタケミチは誰かに声をかけられました。

 

その方向を振り向くとナオトがいたので、タケミチは彼に飛びつきました。

 

ちなみに、この時タケミチは現代に戻るにはこの時代のナオトの生存が必須条件というのを理解してはいましたが、彼の生存を喜んで号泣しました。

 

ヒナがいる世界を手に入れたことでミッション完了をタケミチに告げたナオト。

 

パーちんのお嫁さんがブーケトスをして、ブーケがヒナに飛んでいる様子を見たタケミチ。

 

彼はこの現在は今までで最高と思う一方で気になることがあり、そのことを口にしました。

 

「マイキー君はどこにいるの?」

 

タケミチが気になっていたのはこの会場にマイキーの姿がないことでした。

 

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ193話の感想と考察

冒頭のシーンは33話にも同じようなものがありました。

 

この回は関東事変で稀咲と決戦でやってきた駐車場でヒナが炎に包まれてしまう中で、タケミチが彼女を助けることと東京卍會のトップになることを誓った神回。

 

その回と今でヒナの生死を対比しているのがいいと思いました。

 

続いて、東京卍會のメンバーだった人たちこの現代では何をしているかが描かれました。

 

まずはパーちんとぺーやんの関係がずっと続いているようです。

 

いいコンビですね。

 

続いて三ツ谷がファッションデザイナーになっていることについてですが、過去の彼は特攻服を作ったりしているので転職だと思いました。

 

八戒・柚葉とナホヤ・ソウヤの兄弟コンビは今でも一緒にいるようです。

 

千冬と一虎の組み合わせは場地繋がりな気がしました。

 

そして、ドラケンと青宗のペアでのバイク屋経営ですが、2人とも真一郎のバイク屋に行っていたという共通点があるなのでいい組み合わせだと思いました。

 

ナオトも生きていのるで新章があるというのをすでに提示しているにも関わらずこれで完結かという感じになりかけましたが、マイキーがいないことをタケミチは指摘しました。

 

次回はタケミチの疑問に対するみんなの答えが明らかになる回になると思います。

 

ちなみに、結婚式の最中にマイキーの話が全く出ていないのことを踏まえると、彼が存在しない世界に違いないと思います。

 

<< 192話 一覧 194話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました