スポンサーリンク

カイジ377話ネタバレ考察感想あらすじ!最後まで子どもおじさんの石高

漫画ネタバレ

2021年2月8日発売の週刊ヤングマガジン2021年11号で、『賭博堕天録カイジ』377話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』377話は、ついに迎えた石高達とのお別れの時に、終始石高の表情は名残惜しさと悲しみばかりでした。

 

これからも車上生活を余儀なくされているカイジ達に、木崎の一言が新たな展開を迎えることになりそうです。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』377話『出立』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 376話 一覧 378話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

カイジ377話のあらすじネタバレ

獣姦マニアの誤解も無事に解けたカイジ。

 

朝食の並ぶ食卓を囲みながら、石高はメス猫やさかり猫に女豹やメス豚と、タイトルに動物を使いすぎていることに改めて気付かされました。

 

だからタイトルだけ見たらカイジはまごう事なきアニマルレイパーと言い、自分の勘違いを仕方ないと正当化します。

 

そもそもそんなの話を聞いたこともないと否定するカイジの言葉に、静かに聞いていた石高の父も口にはしないものの同意していました。

 

我が息子ながらバカすぎると、石高の妄想に対して思うものの口にはしません。

 

それでも誤解が解けて良かったというカイジに、平謝りしながら仲直りしようと石高は言います。

 

その仲直りを受け入れるカイジに、石高は素直に喜び実に嬉しそうです。

 

そんな様子から、結局いい人であり憎めないとカイジは思っていると、朝から乾杯しようと言い出しました。

 

まだ朝ですと言うカイジに対し、朝だから何と言い出す始末の石高。

 

この3日間、ずっと遊んでいるように思えたカイジは仕事について言及すると、看板の納期は月末だからまだ大丈夫と言い、自営業とはそういうものとは言いますが表情は明るくありません。

 

同じく自営業である木崎に対しても、自営業の在り方に同意を求めますが、木崎は毎日コツコツやっていると言われてしまいます。

 

そんな木崎に対してつまんねーと言い、だから女にももてないとまで言い出す石高。

 

母が運んできたビールを手に上機嫌に勧める石高でしたが、チャンはコインロッカーまでカバンを運ぶ用事があるためチャンは断ります。

 

カイジも木崎も断りますが、石高の両親は力強く一緒に飲むことを宣言してくれました。

 

そんな流れからビール大好きと名乗り出たマリオ。

 

なんだかんだでカイジも木崎も続きましたが、さすがに車に乗るチャンはノンアルのビールを貰う事にしました。

 

2日前の再会から始まった酒盛りに、キャンピングカーの交換や両親の登場。

 

その晩も行われた酒盛りにエロ本騒動に獣姦疑惑と様々な事が起きた石高家での3日間でした。

 

この日の昼にはキャンピングカーショップのどまん中店長からレンタカーの新規契約と、レンタカー返還確認の用紙が届きました。

 

チャンと石高がそれぞれにサインをしてついに石高家での日々も完全に終了となりました。

 

お別れを名残惜しいと何度も口にする石高に、口では同意するカイジでしたが、本音ではそろそろ潮時な気がしていました。

 

出会いがあれば別れもあり、片方だけとはいかないものです。

 

お世話になったお礼にと、封筒に入れたお金を渡すカイジですが、石高はいらないと何度も言い、受け取ることを断固拒否します。

 

そんな親友に、木崎は冷静に貰っておけと言います。

 

そういうものだと、大人の付き合いでいけと言う木崎に言われるまま、不本意ながらも石高は受け取りました。

 

走り出すクルマを追うように、石高は走り呼び止めます。

 

どこへ行くのかと尋ねてみれば、気ままな旅行暮らしで決めてないとカイジは言いました。

 

どこかに住み着く気はないの? と問われると、カイジ達3人は顔を見合わせました。

 

しかし、カイジ達を追っている帝愛が住民票のある役所に人をつけて張っている可能性があるため、転出届を取りにいけないとカイジは言います。

 

転出届がないとアパートを借りられないと言い、だからもうもはやクルマが良いと言うカイジに、チャンもマリオも同意しているような表情を見せました。

 

これで満足しているというカイジに、石高は納得していないようですが、木崎は借りられるとぽつりと言いました。

 

転出届を持たずに上京してくる若いのがいくらでもいると言い、とりあえずアパートを借りてその住所に郵送して貰えば良いと教えてくれました。

 

そんな木崎の仕事は不動産屋と、思わぬ話が聞けたところでクルマが車道に出てしまっているためクラクションを鳴らされてしまいました。

 

急いで走り出すカイジ達。

 

いついかなる時でも帰ってきて良いと叫ぶ石高。

 

辛く切ない旅立ちに、肩を落とし悲しむ石高に、何も言わず木崎は肩を叩きます。

 

しかし、その10秒後にカイジ達のクルマはUターンして戻ってきました。

 

クルマから飛び出すように駆け出したカイジは、木崎の手を握りアパートを借りられるという話を聞きたがっていました。

 

スポンサーリンク

カイジ377話の感想と考察

カイジ達と石高・木崎の出会いはキャンプ場での酒盛りから始まり、最後まで酒盛りで終わったような感じでした。

 

しっかり大人になっている木崎に対して、まだまだ子どもの部分が多い石高は最後まで別れを惜しんでしましたが、45歳を迎えようとする年齢に加えて自営業となると、新しい出会いも無く仲良くなれた事が本当に嬉しかったのかもしれません。

 

おっちょこちょいな部分は多かったものの、素直でいい人というのが最後の印象でしたが、これまであまり自分の話をしなかった木崎が最後の最後で助け船を出すことになりそうです。

 

帝愛に知られずアパートを借りられれば、そこを拠点として動けるので今よりもずっと安心感はあるはずです。

 

しかし、アパートの出入りを見つかってしまえば……というリスクは勿論あるはずです。

 

木崎が言っていた『転出届を持たずに上京する若者』の例に漏れず、自分もその一人でした。

 

なんなら親にも言わずに勝手に連帯保証人のいらない某賃貸アパートを契約して、引っ越しの手続きの方法も分からないまま、親にバレないようにコンビニから荷物を発送して、ほぼ家出同然のような出立でした。

 

だからこれから家を出たいけど親が許してくれないといる人(家出を推奨しているわけではありません)も、カイジ達も何とでもなるはずです。

 

<< 376話 一覧 378話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ カイジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました