スポンサーリンク

ゴールデンカムイ267話ネタバレ考察感想あらすじ!ウイルクに怒るキロランケ

漫画ネタバレ

2021年2月4日発売の週刊ヤングジャンプ2021年10号で、『ゴールデンカムイ』267話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ267話では、キロランケはウイルクと共に北海道へと行き、一旦別れてアイヌ達と生活をしつつ、埋蔵金の在り処を探そうとしていました。

 

そしてウイルクはアイヌ達をより仲を深めるために結婚し、後のアシリパを手に入れたのです。

 

それから数年後、アイヌの埋蔵金の事を知る数少ない人物であるキムシプを目撃した事でウイルクは仲間達を集めるとキムシプを見つけようと決意します。

 

しかし、キロランケはその仲間に加わっていなかったので、その事でウイルクに怒りをぶつけるも他にも怒っている事があったのです。

 

果たして、それは何なのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ267話『断絶』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 266話 一覧 268話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ267話のあらすじネタバレ

ソフィアはキロランケの手紙の内容を鶴見の前で話し始めます。

 

キロランケとウイルクは北海道に渡った後、別れてアイヌ達生活を共にしながら埋蔵金の情報を集め、その間にウイルクはアイヌ達に馴染むために結婚をし、やがて子供が生まれて、その子供を抱きしめるウイルクは優しそうな顔をしていた、と手紙の内容を読みソフィア。

 

やがて数年後、昔疱瘡で命を落としたとされていたキムシプと言う老人がいた、と手紙の内容を読むソフィアに鶴見は、その老人については自分達も知っていた、と言います。

 

キムシプは元々砂金を集めてロシアから武器を買おうとしていたアイヌの1人であり、埋蔵金の在り処を知る人物でもあったのです。

 

このキムシプの登場で事態が動き出し、ウイルクは登別に仲間を呼ぶと共にキムシプに会ったシロマクルは、金塊の在り処を聞こうとしたが聞き出せなかった、と皆の前で言います。

 

そして話し合いの結果、他の者がキムシプを見つける前に自分達が先に見つける、と言う結論を出し、話し合いは終わりを告げます。

 

しかし、この話し合いに参加してなかったキロランケは、何故自分を呼ばなかったのか、と言うとウイルクは皆を先に行かせて、キロランケと話し合う事にしたのです。

 

ウイルクは、計画を変えた、と言うとキロランケは、何故今更計画を変えるんだ、と怒りを露わにします。

 

ウイルクは、僅かな民族だけで極東連邦をロシアから守る事は出来ないから北海道だけを独立させ、防備を固めた方が得策なのではないかと考えたのだ、と説明するもウイルクは納得しませんでした。

 

そして鶴見はアシリパに、ソフィアとキロランケは極東ロシア、北海道、樺太を日本とロシアから独立させて1つの国である極東連邦にしようとしていたが、ウイルクは北海道だけに力を注いで守りを固めようとしていた、と言います。

 

鶴見は、北海度は四方を海に囲まれているから攻めるには船を用意しないといけないのに対し、大陸は地続きだから何度でも攻められるからウイルクが考えを改めたのも納得できる、と言ったのです。

 

キロランケは、それなら樺太や極東ロシアの皆を裏切るつもりか、と言うとウイルクは、来たい者だけ来ればいいし、それぞれの民族が北海道の地で文化や習慣を守ればいい、と言い返します。

 

対するキロランケは、ウイルクの村が消えたのは土地を捨てたせいだろう、と言うとウイルクは、あの時は移住に失敗しただけでその時に何をミスしたかは分かっているから今度は間違えないようにすればいい、と言ったのです。

 

そしてキロランケは、トナカイを飼う事が出来ないウイルタ民族はどうする気なのか、と言うとウイルクは、あくまで来たい者だけ来ればいい、と言い返します。

 

キロランケは、本当は少数民族より娘が大事なのか、と言うとウイルクは、自分はあくまで現実的な手段を取っただけだ、と言い返したのです。

 

そしてキロランケは、ウイルクにとって北海道は故郷になってしまっているし、ロシアにはソフィアもいるんだ、と殴りつけ、ウイルクも殴ったのです。

 

話を聞いたアシリパは、キロランケが怒ったのは民族の事もあるがソフィアが好きだったからだ、と言いつつ、ウイルクもそれが分かっているからキロランケを遠ざけた、と言います。

 

ウイルクに負けたキロランケは木に拘束されるも心の中で、昔のウイルクだったら自分を始末していた筈だし、今のウイルクは自分が好きだったウイルクとはすっかり変わってしまった、と思っていたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ267話の感想と考察

今回は過去話がメインでしたが、ウイルクの考えのせいでキロランケと衝突してしまったみたいでしたね。

 

衝突の原因の詳細はウイルクは北海道に力を注ぎ、キロランケは北海道と樺太、極東ロシアを1つの国にすると言う考えの違いのようですね。

 

キロランケの考えは元々決まっていた考えであり、ソフィアも賛同していました。

 

ウイルクも最初はその考えでありましたが、北海道に馴染むために住んで、アシリパを産んで北海道を愛するようになり、彼女を守りたいと思うようになったから北海道に力を注ごうとしたのでしょうね。

 

実際、北海道は四方八方を海で囲まれていますから、船が無い限り攻められませんし、ロシアは船を持っていると思いますが辿り着くまで時間がかかる可能性があるので、その間に守りを固められるのも利点です。

 

しかし、キロランケはウイルクは自分達の考えに反対するだけでなく、住み慣れた土地から離れろと言っているのだと思ったから強い口調で反対したのだと思います。

 

ウイルクは希望者だけ来ればいいと言っていましたが、それにも耳を貸さずに殴り合いになってしまいました。

 

そして負けたキロランケは拘束され、昔のウイルクはもういないと察した様子ですので、これからどうするのか気になるところですね。

 

<< 266話 一覧 268話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました