スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ6話ネタバレ考察感想あらすじ!恋に悩める千鶴が開けたパンドラの箱

漫画ネタバレ

2021年2月4日発売の週刊ヤングジャンプ2021年10号で、『青年少女よ、春を貪れ。』6話が掲載されました。

 

『青年少女よ、春を貪れ。』6話は、勝之の不審な行動から浮気を疑いながらも信じようとする千鶴。

 

ふとした考えから、千鶴はある箱を見つけてしまいます。

 

本記事では、『青年少女よ、春を貪れ。』6話『間違えてないよね?』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

青年少女よ春を貪れ6話のあらすじネタバレ

勝之と千鶴の出会った頃の話です。

 

まだ学生だった勝之がバイト先で知り合い、礼儀正しく元気に挨拶をする勝之に戸惑いながらも、千鶴は笑って挨拶を返しました。

 

千鶴が初めて緊張せずに話せた男子が、そんな勝之でした。

 

時は流れ、結婚式場で働く千鶴はこの日も接客をしていました。

 

日本酒が苦手と言うお客さんにワインでの鏡開きを提案し、アルコール度数も抑える事が出来ると言う千鶴の説明に、日本酒だと親父達が酔い潰れると懸念したお客さんも千鶴の提案にお礼を言いました。

 

見た目の若さのわりに慣れている様子から、年齢を聞かれた千鶴は来月で30になると答えて驚かれます。

 

結婚を聞かれると、ややあってまだ考えていませんと笑顔で言いました。

 

昨晩、未遂に終わった性行為の時、深刻な表情で謝る勝之を笑って許しました。

 

ただ同級生と会って昔の話をしただけだとしか聞いていない千鶴は、付き合っていた人が突然いなくなったその辛さや悩みを理解しようとしました。

 

また改めてその人の話を聞かせてと言った自分の発言を、間違えていない、いい彼女出来ていたはずと千鶴は昨晩を振り返り自問しました。

 

10年も前の恋に不安になる必要も無く、一緒にいたこの5年が揺らぐわけがないと再び自問します。

 

帰宅した勝之はいつものと変わった様子はありませんでした。

 

それ故に自信を取り戻しつつある千鶴でしたが、勝之のスマホにメッセージアプリの通知があったとき、以前とは違ってプレビュー表示がされなくなっていました。

 

それをネットの掲示板で相談したところ、男性が過去を忘れられないのは仕方ないと思いますと回答がありました。

 

それよりも、警戒すべきはその同級生の女で、昔の彼女の話は口実に過ぎないと言われてしまい再び不安に陥ってしまいます。

 

もう寝てしまった勝之のスマホを手にした千鶴は、裏切り行為と理解しつつ自分がやろうとしている行為の最低さも分かりながら昔の友達とのやりとりを見るだけと自分に言い聞かせます。

 

暗証番号も盗み見したわけではなく、勝之がいつも隠さないから覚えただけと言いつつ、あることに気付きました。

 

同級生と会ったのは3月26日で、勝之の暗証番号は0・3・2……まで押したところで千鶴はその先へ進むことを断念しました。

 

眠る勝之に謝り、ただ勝之の初恋の人が気になり卒業アルバムがないかとクローゼットを開けました。

 

そこにあった桜の花びらがプリントされた風呂敷に包まれた箱が気になってしまった千鶴。

 

そのままベッドに戻れば、何も変わることなく日常に戻れていたかもしれなかったのにと、後になって気付きます。

 

風呂敷をほどき、箱を開けてみると中にはチェック柄の布に包まれたものがありました。

 

目を見開き、言葉も失った千鶴。

 

それは、ハルを見送るように言われた勝之が火葬場に共に行った時のものでした。

 

綺麗に残った骨を見て、親族達は最後までべっぴんさんと口にする中、勝之は残ったお骨がどうなるかを葬儀場の人に尋ねました。

 

こちらで供養させて頂きますと回答されると、ハルの両親に勝之は頼み、ハルの骨を一欠片貰いました。

 

大切に保管されていたハルの骨を、千鶴は見つけてしまったのです。

 

スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ6話の感想と考察

彼氏が不審な動きをしているので、その真相を確かめようとする千鶴の恋愛あるある展開からの急降下でした。

 

付き合った人が突然いなくなったと聞いているようでしたが、それが事故死によるものと聞いているのかはまだわかりません。

 

3月26日がスマホの暗証番号になっていることから、先日会った同級生に関する日付なのかもしれないと疑い、それ以上先に進むのは辞めた千鶴。

 

人のスマホを見てもろくな事が無いとはよく言われますが、スマホを避けた先にもっとろくでもない事が待っていました。

 

何も知らずに開けた箱の中から、いきなり骨が出てきたら想像を絶するくらい驚くと思います。

 

それがハルのものだと知ったら、スマホの暗証番号が命日だと知ったら、10年もの間どれだけ想い続けてきたのかが千鶴なら察してしまうだろうし、5年間付き合ったという自信も喪失してしまうのではないかと思います。

 

『いい彼女』であろうとする千鶴なので、この骨の事は勿論勝之には問わないというよりも、勝手に人のものを開けてしまったので問えないはずですが、これが何か知りたくてしょうがないはずです。

 

再び勝之のスマホに手を伸ばしてしまうような気がしますし、ハルの死という事件に千鶴も巻き込まれてしまったような気がします。

 

これだけハルを忘れずにいながら、勝之はどんな思いで千鶴と一緒にいるのか気になるところです。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 青年少女よ、春を貪れ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました