スポンサーリンク

少年のアビス41話ネタバレ考察感想あらすじ!令児の本当の父親?

漫画ネタバレ

2021年2月4日発売の週刊ヤングジャンプ2021年10号で、『少年のアビス』41話が掲載されました。

 

『少年のアビス』41話は、令児と似非森の二人きりの会話から、これまで明かされなかった関係性も描かれています。

 

令児、そして母と似非森の三人は一体どんな関係なのでしょうか。

 

本記事では、『少年のアビス』41話『水死体』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 40話 一覧 42話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス41話のあらすじネタバレ

東京に行ってしまったナギに想いを馳せながら、令児は母に命じられたおばあちゃんのお弁当を買いにスーパーに行きました。

 

そこで偶然遭遇した似非森とナギの事について話してみると、似非森は彼女を『死体』と呼び、流れて言ってしまったと言いました。

 

そんな謎の言葉を残したまま去ろうとする似非森を呼び止めた令児は、ナギは自分で勝手に明るい世界に帰って行ったと言います。

 

本当は全部本気でもなんでもなかったと言う令児に、煙草の火を灯しながら、あの子は生き方を知らず漂うことしか出来ないと似非森は言いました。

 

水に浮かぶ水死体のようにと表現する似非森は、ちょっと水を掻いて引き寄せれば良いと言い、そうすれば奥さんにもアイドルにもなると言います。

 

そんな例えに令児は、次はこうしなさいって言われたからそうしたというナギの言葉を思い出していました。

 

そんなナギとの関係を持った夜、似非森は令児が引き寄せたのかなと尋ねます。

 

令児から引き寄せたわけではありませんでした。

 

心中は令児からけしかけたわけではなく、ナギの方から誘ってきたものでした。

 

あの夜に戻りたいと、うなだれながら令児は素直な想いを吐露しました。

 

ナギも予定外だった唐突な似非森との遭遇を、この時改めて似非森は謝罪しました。

 

ナギにどうしてもあの日の内に聞きたいことがあった似非森は、予定外の帰宅をしたのでした。

 

コンビニの裏で出会った少年と何か話したかと聞こうと思い、帰ったもののその少年がフルチンでいたことを似非森は笑いました。

 

そんな似非森は、令児を一目見て誰か分かったと言いました。

 

レイジ、キミに会いたかったと言う似非森の言葉に、令児の頭の中である記憶が蘇りました。

 

それは幼少期の事でした。

 

激昂する父が投げつける灰皿を、避けなければ危ないと思っている先で、父のどうせお前は俺の子じゃ……という言葉が聞こえました。

 

おばあちゃんが目を覚ます前に帰らなければいけないと、令児が言うと似非森もまた自分も同じだと言い、お互い大変だねと目を合わせることなく言いました。

 

すれ違いざま、ぶつかってしまった衝撃で似非森は倒れてしまいました。

 

謝りながら駆け寄る令児の姿に、似非森は学生時代の令児の母の姿を重ねました。

 

寝不足がたたったと言いながら立ち上がった似非森は、ナギのアパートの鍵を渡しました。

 

熱帯魚の凪に餌をやりに行ってくれるように頼みつつ、好きに使って良いと行ってくれた似非森。

 

加えて、東京に行きたいなら連れて行ってあげるとも言いました。

 

突然の事に、令児はその理由を尋ねかけましたが、餌をやることを了承して鍵を受け取りました。

 

走り去る令児を見て、似非森は東京に連れて行くと言った理由を、見届けたいからと一人呟きました。

 

自分が作家である事も、その理由の一つでもあるようです。

 

翌日、令児は学校に行きませんでした。

 

欠席が続く令児を、クラスメイトが心配する声もある中、ついには柴沢先生も家庭の事情で休むことを代理の先生が伝えました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス41話の感想と考察

今回は似非森と令児の関係性が見えたような回でした。

 

似非森が登場した頃、令児の父親説を予想していましたが当たりかもしれません。

 

とはいえ、これまで登場してきた家庭内暴力を振るう令児の父親が似非森というわけではなく、それは再婚相手であって本当の父親は似非森ということになるように思えました。

 

そうなるとナギに憧れる令児の関係性が複雑なものになってきますが、似非森とナギは名ばかりの結婚のようなのであまり関係無いことでしょう。

 

倒れた似非森に駆け寄った令児を、学生時代の母に重ね描写がありましたが、もしかしたら心中を試みて失敗したときに今回と同じように駆け寄って声を掛けてくれたのが令児の母だったのかもしれません。

 

似非森に対し令児の母は、心中するような度胸はないというような事を笑って言っていた覚えがありますが、失敗した事も知っていたのかもしれません。

 

ナギのアパートの鍵も手に入れ、令児は一人あの部屋に向かうことになった時に何を思うのでしょうか。

 

また、言われるがままに生きていたナギが、令児にだけは心中を誘った真意とはなんだったのでしょうか。

 

その前にナギの方から町の案内を頼んだりもしていたので、割と令児に対しては積極的な場面が多かった気もします。

 

そして、その一方で柴ちゃん先生に戻ってくださいと言われて関係を絶たれた柴沢先生ですが、また不穏な動きを見せています。

 

一人で病みまくっていそうで、『家庭の事情』が明かされる次回が怖いですね。

 

<< 40話 一覧 42話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました