スポンサーリンク

ダイヤのA act2 241話ネタバレ考察感想あらすじ!天久に襲い掛かる下位打線

漫画ネタバレ

2021年2月3日発売の週刊少年マガジン2021年10号で、『ダイヤのA act2』241話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』241話では、前園が出塁すると共に次の打者である東条は天久が投げた球に対してセーフティバントを仕掛けます。

 

完全に虚を衝かれた形になった天久でしたが、すぐさま打球を処理して東条をアウトにするも、前園は悠々2塁へと向かったのです。

 

そして結城将司が打席に入りますが、ここまでの打席では天久に手も足も出ていません。

 

天久も結城将司が打てそうな球は関係なくフルスイングするため、少し警戒していました。

 

果たして、結城将司は天久の球を打ち返す事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』241話『青道の圧』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 240話 一覧 242話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 241話のあらすじネタバレ

前園の出塁を許した天久だったが、動揺する事なく次の打者である東条相手にストレートを投げます。

 

対する東条は不意を突くセーフティバントを行い、天久は急いで動き出します。

 

そして打球を処理して1塁へとボールを投げて東条をアウトにするも、前園を2塁へと進塁させる事に成功したのです。

 

東条の打席を見ていた観客は、もしこれが東条が咄嗟にやったのなら凄い、と評しました。

 

ベンチに戻る東条は、最低限度の仕事はしたよ、と打席に入ろうとする結城将司の元へと向かったのです。

 

観客席にいる門田達は、頼むぞ、と叫び、九鬼達は、とにかくバットに当たってくれ、と叫んでいました。

 

天久は汗を拭いながら結城将司と相対したのです。

 

ベンチにいる市大三高の田原監督は、天久は6本のヒットを打たれたが、打たれた球はどれも甘い球だった、と心の中で呟きます。

 

キャッチャーの高見も心の中で、中盤になって外角のスライダーを見極めていたから内角に来る球を狙い打っているのは分かるけど、終盤になったら外角のスライダーも狙われている、と言ったのです。

 

バックネット裏で試合を見ている大和田は、点差は1点だからここで長打のある結城将司を迎えるのは怖い、と峰に言うのでした。

 

そして天久は心の中に、普通の勝負をするのであれば怖くはないが、結城将司は進塁打とかそんなの一切関係なく打てる球は全部フルスイングしてくる、と呟き、警戒している様子でした。

 

観客席にいる結城哲也は、1年生ながらスタメンに抜擢され、この状況でもチャンスを貰えているのだから自分のバッティングをしろ、と心の中で呟きます。

 

そして天久は、打てるものなら打ってみろ、と言わんばかりに外角にストレートを投げると、結城将司はバットを振って当てるもファールとなったのです。

 

高見は、ストレートに狙いを絞っているのか、と思っており、2塁ランナーの前園は、結城将司が打席に入ったせいか外野は深めに守っているから、抜けたら迷うことなくホームに行く、と心の中で呟きます。

 

高見はカーブを投げるようにサインを送り、天久はサイン通りに投げるも指に引っかかったせいでボールになります。

 

バックネット裏から試合を見ていた大和田は、力が入っている、と言うと峰は、この終盤では失投してしまえば打たれるし、ここまでずっと圧力をかけ続けた青道は凄い、と思ったのです。

 

天久は、今の結城将司は何も考えていないのか、と思いながら外角にスライを投げるも結城将司はフルスイングしてバットにボールを当ててファールにします。

 

高見は、もう一度カーブを投げるか、とサインを送ると天久は、拾われるのは嫌だし、今の結城将司の頭にはスライの軌道が過ぎっている筈だから、ストレートで行ける、と心の中で言ったのです。

 

そして天久はストレートを投げると、結城将司は詰まりながらもストレートをライトへと打ち返しました。

 

しかし、外野が深く守っていたせいでライトフライになってしまいました。

 

そしてフライアウトになると、前園はすぐさま進塁して3塁へと到達したのです。

 

金丸が打席に入り、ランナーをどう進めるか、無駄なアウトにならないようにして相手に圧力をかけるのが自分の野球だ、と思いながら、美味しい所を全部持っていく、と心の中で思いながら打席の中で吠えました。

 

対する天久は、弱い犬程良く吠える、と見下していたのです。

 

ネクストバッターサークルにいる沢村は、打ってやれ、と言いました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 241話の感想と考察

結城将司が打席に入った際、天久は若干面倒だなと思っていたのだなと思います。

 

ランナーが2塁にいる場合、打者は相手が好投手であれば送りバントや進塁打を打とうと躍起になるケースが多いのでその場合だったら、天久も怖いとは感じないでしょう。

 

しかし、結城将司は進塁打とか一切考えずに打てそうな球に対してフルスイングする事しか考えていません。

 

実際、打てそうな球に対してフルスイングを貫いていましたので、天久も面倒な相手だと思って投げていました。

 

結城将司はフルスイングを貫いた結果、天久が投げてきたストレートを打ち返してライトフライになるものの、進塁打にさせる事が出来ましたので上出来と言えるでしょうね。

 

次回は、もしかしたら金丸が打ち返してくれるのではないでしょうか。

 

金丸は変化球には弱いですが、ストレートにはとても強いバッターです。

 

ここまで中々いい活躍が無かったので、期待できると思います。

 

それに天久は金丸の事は簡単に抑えられると踏んでいる様子なので、金丸にとっては好機と言えるでしょう。

 

それ故に結城将司の時のように厳しい感じで投げて来ないでしょうから、もしかしたら甘い球が来る可能性はあると思います。

 

その球を金丸が打ち返して同点にさせるのではないでしょうか。

 

<< 240話 一覧 242話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました