スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ192話ネタバレ考察感想あらすじ!現代に戻ったタケミチが目撃した光景

漫画ネタバレ

2021年2月3日発売の週刊少年マガジン2020年10号で『東京卍リベンジャーズ』192話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』192話は、ついにタケミチが現代へ戻る時が来ました。

 

戻ることができたタケミチは自分の状況に混乱してしていました。

 

果たして、その理由とは?

 

そして、女性に連れて行かれた先で目撃した光景を見て嬉し涙を流しました。

 

タケミチが目撃した光景とは何だったのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ192話『Just be close at hand』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 191話 一覧 193話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ192話のあらすじネタバレ

「結婚するんですか‼︎?」

 

タケミチがヒナにプロポーズをしたことに対してナオトは驚きました。

 

ナオトの反応に対してヒナは赤面。

 

一方、タケミチは大人になってからのことだと説明しました。

 

続いて千冬がタケミチがプロポーズをした時にドキドキしたことを伝えると、タケミチは照れてしまいました。

 

ちなみに、ナオトを公園に呼び出したのには理由がありました。

 

その理由とは、タイムリープでこの時代のナオトと握手した場所がここだったので、最後の握手もこの公園でやりたいと決めていたからです。

 

タケミチは手を差し出しますが、握手をする前にナオトに対して今までの感謝の言葉を送りました。

 

「現代で会おう‼︎」

 

握手をしたタケミチは笑顔でヒナと千冬に別れの挨拶をしました。

 

その直後、男子トイレの鏡の前に立っていましたタケミチ。

 

鏡を見て自分の姿を確認したことで現代戻ることができたことを理解。

 

そして、現代に戻ることができたのでナオトが生きていることを確信しました。

 

しかし、鏡に映る自分がなぜタキシード姿なのかや自分がどこにいるのかわからず困惑しました。

 

考えていると鐘の音が聞こえたのであることを思い出しました。

 

それは、過去でヒナにプロポーズをしたこと。

 

そのことを思い出したので慌ててトイレから出てきました。

 

「遅い!」

 

一人の女性がタケミチに声をかけました。

 

彼女が声をかけたのは、披露宴の開始時間が迫っていたから。

 

目の前にいる女性がヒナということに気づいたタケミチは、自分の結婚式だと思い嬉し泣きをします。

 

しかし、ヒナ曰くこの披露宴の主役は“林田君”。

 

状況が理解できないタケミチはヒナに腕を掴まれながら会場に向かいました。

 

会場に入ってすぐに新郎新婦の入場が開始。

 

「林田君ってパーちん」

 

新郎の顔を見て、タケミチはパーちんの披露宴が行われること理解しました。

 

その後、パーちんのスピーチが始まりますが、緊張しすぎたせいで周りから「天気予報」と冒頭でツッコミを入れられてしまいました。

 

そのツッコミに対して彼をディスる発言をするぺーやん。

 

パーちんをディスる発言に対して三ツ谷がツッコミを入れますが、そのツッコミにぺーやんは激怒。

 

うるさいぺーやんを八戒が注意。

 

周りが騒がしいことに対してナホヤが怒りますが、ソウヤに注意されてしまいます。

 

続いてドラケンがパーちんがスピーチしているにもかかわらずうるさくしていることを注意しました。

 

そして、千冬がタケミチに声をかけました。

 

ちなみに、この披露宴の出席者の中には青宗や一虎の姿もありました。

 

彼らを見ることができて目を潤ませるタケミチ。

 

その理由は、彼が目を潤ませたのはみんな生きて幸せそうに笑っているからです。

 

「なんか信じられなくて」

 

タケミチは今の光景を見ることができることが嬉しかったので、ヒナに声をかけられた時には号泣していました。

 

しかし、目の前の光景に夢中だったタケミチは重大な見落としをしていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ192話の感想と考察

ナオトが登場したので、ついにタケミチは現代へと思ったのですが、その前にプロポーズのことをナオトが知ってしまいました。

 

タケミチとヒナがカミングアウトするのは可能性は低いと思うので、バラしたのは千冬に違いないと思います。

 

そして、無事タムリープで現代に戻ることが出来ましたが、戻った先が披露宴会場。

 

話の流れでいくとタケミチとヒナのと思ってしまいましたが、まさかのパーちんの結婚式でした。

 

長内を刺した際に逮捕されてから登場する機会が全然なかった彼ですが、ここで再登場という展開に驚きました。

 

そして、披露宴の参加者に一虎がいて、しかも笑っている描写があったのが予想外でした。

 

彼が笑っている描写が今までなかったので新鮮でした。

 

ちなみに、タケミチはこの時点で重大な見落としがあったようです。

 

個人的に気になったのはマイキーの姿がないこと。

 

最初はドラケンと話しているのがマイキーだと思いました。

 

しかし、過去の回を見直したところ、タケミチが壱番隊の隊長になった直後に現代に戻った際に会った千冬と同じ姿だったので、話しているのは千冬と断定できます。

 

そして、千冬の隣の2席が空いているので、そこに座るのはタケミチとヒナだと思います。

 

それらを踏まえると、どこにもマイキーと思われる人物の姿がありません。

 

もしかすると、“新章”というのはこの場にマイキーがいない理由の謎解きになりそうですね。

 

<< 191話 一覧 193話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました