スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい205話ネタバレ考察感想あらすじ!白銀は大小どっちの胸が好み?

漫画ネタバレ

2021年1月28日発売の週刊ヤングジャンプ2021年9号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』205話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜205話では、石上が白銀に対して不意に女性の胸は大きい方、それとも小さい方のどちらが好きなのかと言ったのです。

 

白銀はどちらにも良さがあるのだから、それで優劣を決めるのは間違っていると言いつつも語り始めたので、石上に凄く語ると突っ込まれます。

 

石上は胸が大きい派であり、大きな胸に抱かれて包まれたいと語りつつ、白銀に改めて大小どっちが好きなのかと聞いたのです。

 

果たして、白銀はどちらが好みなのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜205話『男と女のABC』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 204話 一覧 206話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい205話のあらすじネタバレ

ある日の生徒会室で、雑誌を読んでいる石上は白銀に対して、胸の大きい女性と胸の小さい女性のどちらが好きか、と尋ねてきました。

 

白銀はその質問に驚きつつも、胸は大きい方も小さい方もそれぞれに価値がある、と言いつつも、胸が小さい場合エロく感じない所にエロを感じ、胸が大きい場合圧倒的視覚情報を目に与えてくる、と語り始めたのです。

 

石上は、白銀は思っている以上におっぱい博士なんだ、と言うと白銀は、男性ならこれくらい普通だろう、と反論しながら、石上は如何なんだ、と問い詰めます。

 

対する石上は、胸は大きい方が好きだけどエロの対象としてじゃなく、胸に包まれる事で悩みを解消させてくれるシンボル的存在だ、と言うも白銀は、そっちの方が不健全な気がする、と呟いたのです。

 

そして石上は、結局石上はどっちが好きなのか、と聞くと白銀は、昔は大きい方だったけど今は小さい方だな、と言いました。

 

その答えを聞いた石上は、小さい方が好きな人は少なめだから、ロリコンだと認定されてもおかしくない、と弄り始めました。

 

その後、白銀は教室に戻ったのだがまだ石上に言われた事を思い出しており、表情も険しくなっていたのです。

 

その表情を見た翼と帝が声をかけてきたので、白銀は教室から屋上の階段まで2人を連れていきます。

 

帝は場所が場所だったため、四宮家の事で何か悩んでいるのか、と聞くと、大きい胸と小さい胸のどちらが好きなのか、と白銀が答えたので心配して損したと言わんばかりに、しょうもない、と呟いたのです。

 

自分はあくまで真面目に言っているんだ、と白銀は言うと帝は翼に、白銀は思っている以上に変だな、と言いつつ、自分は胸が大きいのが好きだけど少し垂れているくらいがいい、と答えます。

 

それは年配の人が好きなのか、と白銀は言うと帝は、そうじゃなくて自分はただ大きいだけじゃなく、揺れと柔らかさを重視していて、ほっぺが柔らかい人や硬い人がいるように胸にも色々あるから、と帝は語るも白銀はドン引きしていたのです。

 

対する翼は、胸が大きいと触るときに感触がいいし、小さいと感じやすいからどちらにも良さはあるよ、と言いましたが白銀と帝は険しい顔をしながら心の中で、1人だけ次元が違う、と感じていました。

 

2人の表情を見た翼は、2人は男女の経験あるよね、と聞くと帝は慌てて、経験あるよ、と言いましたが彼も白銀と同じように経験が無いのにあるように語る人だったのです。

 

翼は白銀にも話を振ると白銀も同意しようとするも、途中でやめて翼に対して、自分は恋愛経験が豊富でなく、見栄を張っていただけで胸も触った事が無い、と言って騙していた事を謝ります。

 

翼も薄々感づいていたため怒らずに、むしろ言ってくれて嬉しいし、本当の意味で友達になれた気がする、と言ったのです。

 

帝も続いて、見栄を張っていた、と告白し、この事で3人の間に絆が生まれました。

 

それから翼は、彼女と付き合ってそれなりに長いんだからそろそろしたいんじゃないのか、とニヤニヤしながら言い、白銀は答えにくいなと言う表情をしつつも、したい、と答えたのです。

 

しかし、その会話を偶々かぐやが聞いていてしまったのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい205話の感想と考察

最初のうちは胸が大きめの方が好きだった白銀でしたが、かぐやの事が好きになってからは彼女しか追いかけず、何時の間にか胸の大きさの好みも変わっていったようですね。

 

それにしても白銀と石上がこういう女性の胸部が好きだと言うトークをするとは思いませんでしたし、やはり健全な男子なんだなと思いましたね。

 

しかしながら、やはり小さな胸が好きだと言う意見は少なく、そのせいでイジラれてしまう事があるようですね。

 

実際、白銀が小さい胸が好きだと言った瞬間に、石上にイジられていましたしね。

 

別に駄目と言うわけではありませんが、何で小さな胸が好きなのかをちゃんと説明してあげないと理解してくれませんし、今回みたいにイジられるか、下手すれば幼女好き扱いされてしまうので注意が必要かなと思いました。

 

次回、かぐやが柏木に相談するのではないでしょうか。

 

偶々白銀達の会話を耳にしてしまったかぐやは、もしかしたら白銀は自分と営みをしたいのではないかと察したのだと思います。

 

こう言う事は普通だったら早坂に聞くと思いますが、かぐやと同じくそういう経験の浅い彼女に聞いても解決にはならないので、翼と付き合っている柏木に相談するのではないでしょうか。

 

翼と付き合って、それ程時間が経たないうちにそういう関係を持つようになった柏木なら何かいい答えをくれると思います。

 

<< 204話 一覧 206話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました