スポンサーリンク

真群青戦記3話ネタバレ考察感想あらすじ!信幸の手当てをするミチロウ

漫画ネタバレ

2021年1月28日発売の週刊ヤングジャンプ2021年9号で、『真・群青戦記』3話が掲載されました。

 

真・群青戦記3話では、マコトとの戦いの末に、彼の斬撃をモロに受けて負傷してしまった信幸をミチロウと弁松が見つけます。

 

ミチロウは応急処置を試みるも、傷が深い上に既にかなりの血が流れてしまっているせいか、ちゃんとした医者を見つけないと危ないと感じていました。

 

そんな中、ミチロウはマコトが罪を犯して初めて拘置所に入った時の事を思い出すと、ある策を閃いたのです。

 

果たして、ミチロウが閃いた策とは一体何なのでしょうか。

 

本記事では、真・群青戦記3話『スリングとカラビナ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 2話 一覧 4話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

真群青戦記3話のあらすじネタバレ

時は昔に遡ります。

 

ミチロウとマコトは父親と共に山に登っており、父親は2人に、カラビナとスリングを合わせれば簡単なハーネスであるチェストハーネスが出来る、と言います。

 

そして、この事を教えたのは人は1人では生きて行けず、多くの人と協力しないといけない、と説く父親。

 

ミチロウは真剣に聞いていて得心が言っていたが、マコトには響いておらず、山が危険だと分かっているのに何で助けないといけないのか理解に苦しむ、と冷めた目で言います。

 

ミチロウはこの時から、マコトとは分かり合えない、と感じていたのです。

 

現在に至り、ミチロウは信幸の怪我を見て、かなり深い、と感じて手当てしようとするも、マコトがミチロウの弟であり、マコトが信幸を傷つけた事から弁丸はミチロウが信幸に障るのを拒絶します。

 

信幸は、自分達から仕掛けたからマコトが悪いわけではないし、実戦では何時も強い側が勝つとは限らないと言っているだろう、と諭すとミチロウの応急処置を受ける事にしたのです。

 

応急処置をするミチロウだったが既に血を流し過ぎているせいで、このままなら信幸は命を落としてしまう状況にありました。

 

しかも近くに医者もいないで途方に暮れかけた時、拘置所に初めて入ったマコトが、ここでは死刑囚にも治療を施すのだからおかしくて仕方ない、と言っていたのを思い出したのです。

 

そしてミチロウは信幸を背負って拘置所に行く事にし、弁丸は反対するが信幸は、ミチロウに全てを託した、と言って諭します。

 

ミチロウは拘置所に向かうも、ちゃんと秩序があるのか、と言う不安が過ぎっていたのです。

 

実際、今の拘置所は電気とかが通ってないため、出られなかった囚人達が今にも暴動を起こしそうな勢いでした。

 

そしてミチロウは山を登るも、普通に進んだら信幸の命が持たない、と考えて近道をしようとします。

 

断崖絶壁の場所に行くと、スリングでフルボディハーネスを作ろうと考え、ハーネスが無いからエイト環を使おう、と考えて準備します。

 

そして完成したフルボディハーネスで崖を降りていくも、急造のフルボディハーネスなので手に傷を負ってしまうも、自分の手の事よりも信幸を助けないといけない、と言う思いに駆られるミチロウ。

 

何とか拘置所に辿り着いたミチロウは何とか中に入り、待っていると医官がやって来ました。

 

ミチロウは、助けてほしい、と訴えると医官は気だるい感じの目をしながらも電気等が通ってないのにも関わらず、すぐに準備する、と言って準備しようとします。

 

麻生と言う職員は、いかにも怪しい人達だから不味いのではないか、と言うも医官は無視して準備を始めたのです。

 

そして治療室へと信幸を連れていき、その際に医官はミチロウが応急処置をしたのを知ると、よくやった、と褒めます。

 

ミチロウと弁丸は手術が終わるまで待ちますが弁丸は、マコトは許せないけどミチロウには感謝している、と言いつつ、もし信幸が命を落としたらどうすればいいのか分からない、と弱音を吐きます。

 

弁丸の憔悴しきった姿を見たミチロウは、後に日本一の兵になる弁丸だけどこんなに弱い少年だったとは驚きだし、もし信幸が命を落としたらこの戦国時代を生き残れないのではないか、と考えて彼を抱きしめたのです。

 

自分が必ず守る、とミチロウははっきり言いましたが、本当はマコトに言いたかった、とも思っていました。

 

スポンサーリンク

真群青戦記3話の感想と考察

普通だったら、自分を傷つけた相手の兄の手など借りるような事はしないと思いますし、むしろ口汚く罵ったりすると思います。

 

しかし信幸はそれをしませんでしたので、きっと応急処置だとは言え、懸命に手を尽くしてくれたミチロウは敵ではないと本能的に察したのでしょうね。

 

何とか無事に拘置所に辿り着きましたが、医官が電気等が通らない状況で受け入れるとは思いませんでした。

 

何かやる気の無さそうな感じがしていますが、それでもミチロウが施した応急処置に関して褒めていましたので、少なくとも真面目にするのかなと思いますね。

 

その後、ミチロウは信幸があの世に逝ってしまったらどうしようと苦悩する弁丸を優しく抱きしめ、必ず助かると励ましていましたのが印象的でしたね。

 

きっとミチロウからしたら、マコトに対してしたかったとだと思いますね。

 

次回は信幸の手術をする医官の実力が明らかになると思います。

 

現在の拘置所は電気を始め、全てが通っていない状況となっています。

 

そんな中で、信幸の手術をするという事はこの状況でも治療は可能だと言う事なのでしょう。

 

同時に必ず治す事が出来ると言わんばかりに腕に自信があると言う事なので、医官の腕に期待したいなと思います。

 

<< 2話 一覧 4話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 真・群青戦記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました