スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ5話ネタバレ考察感想あらすじ!叶わなかったハルの夢

漫画ネタバレ

2021年1月28日発売の週刊ヤングジャンプ2021年9号で、『青年少女よ、春を貪れ。』5話が掲載されました。

 

『青年少女よ、春を貪れ。』5話は、音無との話を終え帰宅した勝之。

 

千鶴との約束も果たせず、気まずい部屋で再び『haru』から着信がありました。

 

本記事では、『青年少女よ、春を貪れ。』5話『ごめん』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

青年少女よ春を貪れ5話のあらすじネタバレ

ハル失踪の真実を突き止めるべく、協力を申し出てきた音無との話し合いも終わり、勝之は家に帰ってきました。

 

すると、ハルを偽るアカウントのまま、音無は電話を掛けてきました。

 

用事があると急に話を切り上げたことを、まず勝之は謝りました。

 

しかし、音無もまたさっきはごめんと謝り、せっかくの熟成肉デートだったのにと告げます。

 

話した覚えも無い事を言われ、尾行されたのかと思い緊張感の高まる勝之。

 

電話の向こうの音無はそんなことは気にもせず、そんなのはいつでも食べられるけど、今日はハルの命日である事を協調します。

 

尾行したと宣言するように、彼女を見たときは驚いたと続ける音無。

 

随分ぱっとしない子を選んだと言い、約束をすっぽかされたのに謝り、終始勝之の顔色を気にしていることを指摘しました。

 

服は皺だらけで髪もゴワゴワで眼鏡のレンズも汚れていると次々に言ってくる音無に、勝之は反論もしませんでした。

 

ハルとレベルの差がありすぎて理解不能だった音無でしたが、ハルと真逆の彼女ならハルの事を思い出さずに済むと言われ、さすがに違うと否定しました。

 

尾行したりハルの名前で電話してきたりと、音無の事が信用出来ないと勝之は言いました。

 

だから……と言いかけた時に、これ以上は協力できないと音無に先に言われてしまいます。

彼女を見た時点で見限っていたと音無はいいました。

 

ハルの事を忘れられないくせに一人では生きられず真相に向き合う強さも無い、情けない男と言われても勝之は何も言えませんでした。

 

ハルの夢を聞かれ、勝之は知らないと言うと、『お嫁さん』とだけ言い残されて電話は切れました。

 

そんな様子を、窓の外から見ていた音無は、結局ハルより世間体が大事な勝之を愚かと言いました。

 

ハルには自分しかいないと上機嫌に言う音無。

 

先に千鶴の眠るベッドに入り、勝之も眠ろうとしました。

 

電話していたのと聞かれた勝之は、それには答えず約束の店に行けなかったことを謝りました。

 

本当に怒ってないと言う千鶴は、怒っていないけれど寂しかったと勝之にしがみつきます。

 

キスを迫り、舌を絡ませすっかりその気になった千鶴は服を脱ぎ勝之に身を任せます。

 

千鶴のパンツを脱がせた勝之もまた、その気ではいましたが、ゴムを探しにベッドを離れた時、部屋の隅に置かれた千鶴の結婚情報誌が目に留まりました。

 

ハルと将来の夢について話したとき、まずはちゃんと自立したいと言った勝之を、現実的と笑って聞いていたハル。

 

ハルに尋ねると、ナイショと誤魔化されてしまいますが、あんまり現実的じゃないかなとだけハルは笑って言いました。

 

目を閉じ、勝之が入ってくるのを待つ千鶴でしたが、いつまでも反応はありません。

 

目を開けて見ると、勝之はただ一言ごめんとだけ言いました。

 

スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ5話の感想と考察

音無に対して信用出来ないという勝之の気持ちは、誰もが理解出来るところだと思います。

 

ハルの名を偽り、尾行して現在の彼女をけなしまくってそれでも協力を求める相手に、何を信用すればいいのかわかりません。

 

それでも、勝之も反論したり怒って千鶴をかばうような事が言えなかったのは、音無が言ったことが当たっていたからかもしれません。

 

ハルを忘れられないものの一人で生きる事も出来ないから彼女をつくったのかもしれません。

 

千鶴との経緯はわかりませんが、勝之なりに忘れようと前を向こうとして彼女をつくったのかもしれませんが、突然の事故死というハルとの衝撃的な別れはどうやっても忘れようがないと思います。

 

将来の夢を現実的じゃないといいつつ、その夢は『お嫁さん』だったハル。

 

勝之に対してその関係を望めなかったのか、或いは、結婚できる年齢に達する前に自分が殺される事が分かっていたかのような雰囲気もありました。

 

あの笑顔の裏で誰にも知られず自殺願望があったとして、その実行が例のキャンプだとしたら、音無がたどり着く真相とはとてつもなく辛いものになりそうです。

 

そんなオチはないとは思いますが……。

 

その音無ですが、登場してから店での様子を見ると随分と病んでしまっているようにも見えました。

 

ハルを失ってからの10年を想像すると、恐らくずっとキャンプや事故の真相を知ろうと足掻いてきたのではないかと思います。

 

外見も気にし、ハルのお気に入りの店でハルの大好物を食べてハルに近づこうとする音無。

 

ハルになりたい願望というよりは、ハルには自分だけという想いが強すぎて歪んでしまっているようにも思えます。

 

千鶴の服の皺や眼鏡の汚れまで見える距離にいて、気付かない勝之もどうかと思いますが、ハルの彼氏だった勝之を敵視しているという感じも無くはなさそうです。

 

千鶴に対し謝罪を続ける勝之ですが、音無に協力する事はあるのでしょうか。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 青年少女よ、春を貪れ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました