スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい165話ネタバレ考察感想あらすじ!今日はイチャつきたい気分のかぐや!

漫画ネタバレ

2020年1月23日発売の週刊ヤングジャンプ2020年8号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』165話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜165話は、とある日のかぐやはとても白銀に抱きしめられたい、構ってほしい気分でしたが、すれ違ったりして中々出来ません。

 

生徒会室で2人っきりになり、かぐやがあの手この手を尽くしても白銀は彼女に構う事はありませんでした。

 

果たして、一向に構われる気配のないかぐやは無事に構ってもらえるのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜165話『かぐや様は構われたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい165話のあらすじネタバレ

とある日の学校では、かぐやはいつも通り廊下を歩いていましたが内心では白銀にイチャつきたい気分でした。

 

しかし、この日に限って白銀に会っても彼は何だかんだ理由をつけてイチャつかせてくれません。

 

この日の生徒会室では、千花が前回の失言を撤回するために伊井野に対して滅茶苦茶優しくしてたのです。

 

石上は前回の挽回をしていると指摘すると、千花は図星なのか五月蠅いと言いました。

 

これ以上面倒ごとに巻き込まれないように、石上は白銀の元へと向かうと仕事を手伝うかと尋ねると彼は断ったのです。

 

その理由は今自分が抱えている仕事は自分にしか出来ない仕事であり、修学旅行の際に仕事が止まらないように居残り組の仕事の割り振りをしていました。

 

これは白銀にしか出来ないと思った石上は、千花、伊井野のと共に先に帰宅するのでした。

 

これで2人っきりになれたので、何をしても許されると思うかぐや。

 

まずかぐやは副会長らしく根を詰め過ぎたら疲れるから休む事を白銀に勧めると、彼は集中できているから大丈夫だと、かぐやも自分に気を遣わないでいいから帰っていいと言うのでした。

 

怯まずにかぐやは最中を食べないかと勧めると白銀は全部食べていいと言いましたので彼女はムッとします。

 

そしてわざとらしく大きな声で美味しいと口にするも、白銀は何の反応も示さなかったのでかぐやは彼の机の下から見つめるもそれでも白銀は反応しませんでした。

 

何時の世も仕事と恋の両立はかなり難しいものなのです。

 

構ってもらえずにむくれるかぐやは白銀の髪を弄って三つ編みにしたり、彼の肩を叩いたり、しまいには彼の膝の上に座ったりして気を引こうとします。

 

それでも通じず、白銀は彼女をお姫様抱っこしてソファーに乗せて頭を撫でると、自分の椅子に座ってここからかぐやが何をしても反応しないと言うのでした。

 

かぐやも仕事が忙しいのは理解していましたが、まるで邪魔者するような扱いにはムカついていました。

 

いよいよ本気モードになったかぐやは白銀に近づくと、彼を抱きしめたり軽くキスしたりしたのですが言葉通り白銀は反応しなかったのです。

 

それから時は過ぎ去り、ようやく仕事が終わった白銀は一息つくとかぐやにもういいぞと言うも彼女から返事はありません。

 

かぐやは全然反応してくれない白銀に対して完全に頭に来ているのか、ソファーに座りながら彼のさっきの言葉を無視し、白銀がもう一度話しかけても無視したのです。

 

そうしたら白銀はかぐやに近づいて、人の仕事の邪魔を散々しておいて終わったらそんな態度を取るのかと言って彼女の顔を掴むと自分がどれだけ我慢したと思っているんだと言って自身の顔をかぐやに近づけます。

 

続けてここまで邪魔した分思いっきり可愛がってやるから覚悟しておけと白銀は言い、かぐやは本気になっている白銀の目が怖いと感じていたのです。

 

そんな事などお構いなしに白銀はかぐやを可愛がったので、今回は3倍返しをした白銀の勝利となりました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい165話の感想と考察

仕事と恋愛の両立は何時の時代も難しいものですね。

 

片方が退屈であっても、もう片方が忙しくて手が離せなければデート等も出来ませんし、今回の話のかぐやみたいにイチャイチャしたくても出来ません。

 

やがてそうしたすれ違いが起こっていき、それを解決する事が出来ればこのまま継続できますが、出来なかったら関係は解消という形になってしまうのです。

 

今回のかぐやと白銀はまさにすれ違いが起こっている状態にあって、下手すれば別れてしまう恐れもあり、もしそうなれば今後気まずい空気になるのは間違いなくあったと思われました。

 

しかしながら、それも杞憂で終わったみたいですね。

 

白銀の最後の態度から察するに、彼もかぐやと同じようにイチャイチャしたかったのでしょうけど、どうせするなら自分がなすべき仕事を全部片づけてからゆっくりやろうとしていたのではないかと思います。

 

面倒な事を真っ先に全部片づけてからイチャイチャしようという策だったのですが、終わらせる前にそんな事などお構いなくかぐやが色々仕掛けてきましたので最後の最後で倍返ししたのでしょうね。

 

次回は修学旅行に関する話になって来るのではないかと思います。

 

行き先が決まってから、かぐやは実家で一目につかない場所はあるかと関係者を使って調べさせることでしょう。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました