スポンサーリンク

サタノファニ158話ネタバレ考察感想あらすじ!洋子と楊の戦いに決着がつく!

漫画ネタバレ

2021年1月25日発売の週刊ヤングマガジン2021年9号で、『サタノファニ』158話が掲載されました。

 

サタノファニ158話は、洋子が楊に対して肘打ちを叩き込んだ際、楊は殺人鬼の人格に体を乗っ取られる前の記憶を思い浮かべていました。

 

化勁で受け流そうとしたが出来なかったので、楊は吐しゃ物を吐き出すもそれでも怯まずに噛みつき攻撃を繰り出したのです。

 

対する洋子は楊の首を掴んで阻止し、彼女を思い切り殴りつけました。

 

更に洋子は楊の脇腹を殴って骨にヒビを入れると、顔面を思い切り踏んづけたのです。

 

果たして、これで戦いに決着が着いたのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ158話『プロポーズ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 157話 一覧 159話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

サタノファニ158話のあらすじネタバレ

洋子に肘打ちによる一撃を喰らった楊は殺人鬼の人格に乗っ取られる前の事を思い出していました。

 

楊は谷と手合わせをしていたが、彼の一撃で倒されてしまいます。

 

何で谷の一撃を化勁で受け流せないんだ、と悔しがる楊。

 

谷は、楊の化勁は螺旋の回転力で相手の力を巻き取るから、それに抵抗すれば受け流せる、とアドバイスします。

 

しかし、アドバイスを受けてすぐ出来るとは思っていないのか、楊は頬を膨らませながら、そんな真似を瞬時に出来るのは谷だけだ、と言うと谷は笑いながら、何処かに自分の後継者はいないかな、と呟いたのです。

 

現在に至り、洋子の肘打ちを化勁で受け流せなかった楊は口から吐しゃ物を吐くも、怯まず鋭い歯で噛みついて始末しようとします。

 

対する洋子は楊の首を掴んで阻止すると、すぐさま腹部に強烈な拳を叩き込んで近くにあったパワーシャベルの元まで吹っ飛ばしたのです。

 

洋子は追撃の一撃を楊の顔面に叩き込み、拳を思い切り振り下ろして楊の脇腹に叩き込む事で骨にヒビを入れました。

 

すかさず洋子は楊の顔面目掛けて足を振り下ろそうとしていて、楊は死を覚悟していたのです。

 

そして洋子は楊の顔面を思い切り踏んづけて砕けたような音がすると共に、楊の中にいた殺人鬼の人格が飛び出てきて、行き場を失ったかのように消滅しました。

 

そうしたら踏んづけられて倒されたはずの楊の声がして、何で始末しないんだ、と言いました。

 

実は洋子は楊の顔ではなく、近くにあった瓦礫を踏んづけていたのです。

 

自分が知っている楊に戻ったのだと察した洋子は、自分は楊を始末するなら少なくとも谷の技で始末する気は無かった、と答えました。

 

対する楊は、戦いの中で谷にプロポーズされたと言っていたけど本当なのか、と言って洋子の服を掴むと、自分がプロポーズされたかったし、谷の事は本気で好きだった、と言って悔し涙を流したのです。

 

時は楊と谷が天童組に在籍していた時に遡ります。

 

楊は谷に対して、好きだ、と言うも谷は、ムードもへったくれもないな、と言って拒否したのです。

 

中国人の女は恋に対して情熱的だから諦めない、と口にする楊に対して谷は、結婚はしないけど天童組にいる限りは自分達は家族だし、困ったら必ず助ける、と言いました。

 

現在に至り、楊は洋子に対して、あれからも何度も告白してフラれたけど好きだったし、今回も谷が自分を助けてくれた、と言ったのです。

 

洋子は、谷を始末した事は後悔しているけど、そのおかげで自由になれたし、もし生きていたら有難うと言うつもり、と涙を流しながら言いました。

 

その頃、女医はカメラを使って洋子の様子、美依那達の様子を全て把握していました。

 

若本は、美依那達が行く場所に隊長がいる筈だが、部屋番号は分かるか、と聞くと女医は、調べているがまだ分からないし、それに若本達が掴んだ情報は友坂のだから正しいかどうかは分からないし、罠かもしれない、と答えたのです。

 

それでも若本は、罠かもしれないけどそれは覚悟の上だし、何が何でも隊長を助けるつもりだ、と言って動き出しました。

 

スポンサーリンク

サタノファニ158話の感想と考察

洋子が肘打ちを楊に叩き込んだ際、谷の幻が出てきましたが殺人鬼の人格が消えた後の楊の言葉から察するに、楊を助けるために出てきたのでしょうね。

 

殺人鬼の人格に乗っ取られてしまった楊の姿をこれ以上見たくないから、出てきたのかなと思いますね。

 

始末こそしませんでしたが、楊は戦意喪失している様子なので洋子の勝利と考えていいのでしょうね。

 

次回は若本が斯波と共に再度攻め入るのだと思います。

 

今回の話でも言っていましたが、若本は隊長を助けたいし、例え罠でも行くつもりだと言っていたので、身の危険は覚悟の上で必ず隊長を助けたいと思っているのでしょうね。

 

しかし、女医も言っていましたが持っている情報は友坂から仕入れたものであり、裏切った彼女が本物の情報を素直に言うとは思えません。

 

もしかしたら千歌達は自分達ダーキニーにやられるだろうと考えて、本当の情報を言った可能性もありますが、信憑性はないと言えるでしょう。

 

そこで役に立つのは斯波です。

 

斯波は若本の男気を見て、裏切りを決めてついていく事にしました。

 

しぐまによって信者にされてしまう前に記者として独自に調べていましたので、きっと友坂よりも情報を得ている筈です。

 

彼からの情報と友坂からの情報を摺り合わせつつ、若本は斯波と共に進むのではないかなと思います。

 

<< 157話 一覧 159話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました