スポンサーリンク

何度時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが10話ネタバレ感想!鎧武者の熱い生き様

漫画ネタバレ

2021年1月25日発売の週刊ヤングマガジン2021年9号で、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』10話が掲載されました。

 

『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』10話は、信長を逃がすために島津義弘との戦いを繰り広げる鎧武者。

 

信長への忠誠心、そしてその生き様は必見です。

 

本記事では、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』10話『島津義弘』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

何度時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが10話のあらすじネタバレ

本能寺が燃えていないまま迎えた大正10年。

 

家臣の裏切りや、信長の首を狙う島津軍からせっかく逃げられると思いきや、助太刀に来たのは煽り耐性皆無の鎧武者でした。

 

一度は本能寺の外まで出られたものの、信長を罵倒されて鎧武者は島津に向かっていきます。

 

やっと手勢を得たことで一安心した信長でしたが、とんだバカ野郎ののせいで再び囲まれてしまっていました。

 

島津軍の者たちが、代わりに戦おうとしますが、島津義弘は戦いをただの楽しみとしか捉えておらず、邪魔するなと鎧武者に斬りかかり、その甲冑ごと脇腹を斬りました。

 

島津家当主義久を支える島津四兄弟最強の男の、強さを目の当たりにして、信長も驚きを隠せません。

 

鎧武者が負けたら次は自分の番と思い焦る信長でしたが、義久を応援し盛り上がる島津軍は、戦いに釘付けで誰も信長の事など見ていませんでした。

 

それはそれでムカつくと思いながらも、地を這いながらこのまま脱出を試みることにしました。

 

死ぬのは自分が脱出してからにしろよと願った信長でしたが、当の鎧武者は傷や疲労から膝をついてしまいました。

 

尚も戦おうとするその者に、義弘は島津に来ないかと勧誘します。

 

そんな言葉に対し怒り任せに斬りかかる鎧武者。

 

刀を捨てた義弘は、素早く背後を取り鎧武者の首を締め付けました。

 

仮にここから逃げられたとしても信長から得る利は何も無いと言う義弘。

 

帰る軍も城も尾張すらも失っているという義弘の言葉で、本当に何一つ残っていない現状を信長は知りました。

 

締め付けられる義弘の腕から逃れようと鎧武者は暴れますが、その腕を容易く掴まれそのままあっさりと折られてしまいます。

 

呻く鎧武者に構わず、島津家は強い者に褒美は惜しまないと説得を続ける義弘。

 

まずは侍大将にしてやろうと言い、それ以上も夢ではないと言います。

 

世の激動にも気付かないボケの為に首を折られるか、島津で禄と栄誉を築くか選べと言われ、侍大将は良いと鎧の下で笑みを浮かべました。

 

たった一人の手勢すらも失うのかと、観念した信長でしたが、侍大将が良いと言うのは信長の下でならという話でした。

 

当の本人は置いて逃げようとしていると島津に言われますが、願ってもないと応えます。

 

禄も誉れも全て関係なく、信長様が生きればそれでいいと言う鎧武者は、脇差しで自らの腹を貫き、そのまま義弘の腹にも刃を突き刺しました。

 

なぜそこまで慕うのかもわからない信長でしたが、吐血した義弘を見て勝ちを確信しました。

 

しかし、脇差しでは長さが足りず致命傷にはなり得ませんでした。

 

鎧武者に抵抗する力ももうなく、とどめを刺されようと言うときでした。

 

義弘を殿と呼ぶ家臣達が一斉に飛びかかりその手を止めました。

 

島津家の当主は義弘の兄で、義久だったはずだと思い見ていた信長でしたが、兄弟は既に亡くなっていて、島津家を治めるのは義弘だけになっているようです。

 

そんな殿を治療する為に撤退した島津軍。

 

しんとした本能寺に残されたのは、信長と既に生死がわからなない鎧武者。

 

そして、怯える下信長の家臣達だけでした。

 

いつのまにか活路が開いていたことに、信長はただ驚くばかりでした。

 

スポンサーリンク

何度時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが10話の感想と考察

今回も結局鎧武者の正体は分からずじまいでした。

 

大正10年の燃えない本能寺にたどり着いた信長は、島津軍もやり過ごしとりあえず延命に成功したというところでしょう。

 

ですが、こうしている間にも光秀の日の本最大連合軍が迫っているところです。

 

たった一人の手勢も失った今、立ち向かうのは困難極まりなく、上手く逃げてやり過ごすのでしょうか。

 

今回の転生で、命を賭して戦ってくれた一人の男の姿を見て、信長の中で何か変わったものがあったはずです。

 

たった一人の手勢が、島津軍に寝返るのかと思ったときの無念そうな顔や、侍大将になることも信長の下でならと言われたときの表情がそれを物語っていました。

 

自らの腹を貫いた鎧武者の生き様は本当に、信長を敬愛してやまず他の誰にもつくことはない忠義を感じさせるものでしたが、だからこそ一層その中身が気になる人も多いのではないでしょうか。

 

島津家の当主すら変わっているこの大正10年では、完全に史実無視となっているので、誰が中身でもおかしくない展開となっています。

 

もしかしたら、中身は明かされず再度転生し直して家臣達と接していくまた妙に気遣った信長が見られるのかもしれません。

 

転生を繰り返しているうちに、様々な家臣や人の姿を見て信長が成長していく物語になるのでしょうか。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました