スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい204話ネタバレ考察感想あらすじ!嫌いな猫と接するかぐや

漫画ネタバレ

2021年1月21日発売の週刊ヤングジャンプ2021年8号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』204話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜204話は、千花はかぐやと早坂に大学生になったら1人暮らししたいけど、犬か猫かどちらを買うかで悩んでいると言いつつ、2人はどちらが好きかと聞くと2人は猫だと口にします。

 

2人とも猫が好きではありませんでした。

 

そしてかぐやは生徒会室でくつろいでいる猫を発見しましたが、果たしてどう対処するのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜204話『かぐや様は猫嫌い』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 203話 一覧 205話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい204話のあらすじネタバレ

ある日、千花が大きな溜息をついていたので、早坂は、どうしたのか、と聞くと千花は、大学に進学出来たら1人暮らししようとしている、と伝えます。

 

早坂は、千花が行こうとしている大学は都内なのだから実家から行けばいいのでは、と言うと千花は頭を抱えながら、それは正論なんだけど実家には変人の姉妹がいるからこれ以上一緒にいたくない、と言ったのです。

 

そして千花は、1人暮らしをする際には犬か猫を飼いたいと思っているが、どちらを飼おうか悩んでいて、と言いつつ、2人はどっちが好きか、と聞くと2人は迷わず、犬、と答えます。

 

2人は猫の性格や行動を好んでおらず、そんな猫飼う者の気が知れない、と言う始末でした。

 

そして千花は、1人暮らしする時は犬を飼う事にする、と決めました。

 

それからかぐやは生徒会室に行くと、白銀の机の上に猫が居座っていたのです。

 

早く出ていけ、と言うかぐやだったが猫は嫌だよと言わんばかりにそっぽを向いて、大きな欠伸をしていたのでかぐやはイラッとして、一旦生徒会室から出ていって箒を持って現れると、力づくで追い出す、と言って箒を振るおうとします。

 

そうしたら猫は遊んでくれるのかと思ったのか、じゃれ始めます。

 

そして何とか猫を追い出したかぐやだったが、猫は学校の空洞を使ってあっさり生徒会室へと戻ってきたのです。

 

再び猫を追い出そうとしたかぐやだったが、外は雨だったので、雨が止むまでの間だけ、と言って猫がいる事を許して仕事に打ち込もうとします。

 

そうしたら猫がかぐやの膝の上でくつろぎ始め、かぐやはぐちぐち文句を言いながらも猫が瘦せているように感じてのか、牛乳を与えたのです。

 

その様子を可愛いと感じたのか、かぐやは、これは自分が猫を可愛がっていると言うアピールをしているだけ、と評してスマホを使って写真を撮っていました。

 

そして猫がオスだと判明したのでかぐやは、折角だから名前を付けてあげる、と言いつつ、今日からエドワード・オブ・ウッドストックだ、と言ったのです。

 

同時に石上が生徒会室へと入ってきて、目の前の光景を見て驚きました。

 

かぐやから事情を聞いた石上は、かぐやは猫が好きなのか、と聞くとかぐやは、猫は自分の友達の早坂を傷つけたから嫌い、と言っていると石上が猫じゃらしでエドワードを可愛がっていたので、その姿を見たかぐやは、可愛い、と言ったのです。

 

やがて雨が晴れたので、エドワードは生徒会室から去っていきました。

 

その翌日、エドワードが再び現れてかぐやの膝の上に座ったので、かぐやは呆れた表情をしながら、また来たのかエドワード、と言ったのです。

 

そうしたら千花は、その猫はエドワードじゃなくて阿部って人の飼い猫の胡麻の助で、家から抜け出して学校に来るからちょっとした有名な存在になっている、と言うとかぐやは複雑な表情をしながら頷きます。

 

因みに胡麻の助は、白銀には懐かなかったのでかぐやと違って猫好きの白銀はショックを受けたのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい204話の感想と考察

今回の話は猫がメインの話でしたね。

 

かぐやが猫嫌いなのは、野良猫が早坂を傷つけたからである事も分かりましたね。

 

しかし、今回の話ではそんな過去があり、話の序盤で猫の事を悪しく言っていたのにも関わらず、何だかんだ言っていたのに普通に面倒を見ているのには驚きました。

 

最初こそ追い出そうとしていましたが、外が雨であり、自然体でかぐやに接して懐いてくる猫の姿を見て、次第に嫌悪感が薄れていき、無意識に可愛いと思えるようになったのでしょう。

 

白銀は猫派で、かぐや、早坂、千花は犬派で、石上だけまだどっちが好きなのかはまだ判明していませんが、普通に猫を可愛がっていた様子から動物自体は嫌いではない感じですね。

 

そして野良猫だと思って、嫌いなはずなのにかっこいい名前をつけていたかぐやでしたが、本当の名前を知って非常に驚いていましたね。

 

まぁ、まさかの胡麻の助ですから知らない人だったら驚くのも無理ないでしょう。

 

千花の説明から察するに、胡麻の助はサザエさんで言うところのタマみたいな存在なのかもしれません。

 

そして胡麻の助は白銀にはかなり警戒していましたが、きっと白銀の目つきが悪いから、こいつは目つきが悪いから怖い奴だと思っているのかもしれませんね。

 

<< 203話 一覧 205話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました