スポンサーリンク

ゴールデンカムイ265話ネタバレ考察感想あらすじ!鶴見の様子を密かに探る月島と鯉登

漫画ネタバレ

2021年1月21日発売の週刊ヤングジャンプ2021年8号で、『ゴールデンカムイ』265話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ265話は、第七師団が集結していたが、馬に乗っていた者達が合流していなかったので、鯉登を残して菊田達は捜索に動きました。

 

1人残された鯉登は鶴見がソフィアと一体何を話すのかが気になって、勝手口から教会に入って鶴見がいる場所へと向かうも、そこには捜索に行った筈の月島がいたので問答となったのです。

 

そうしたら鶴見が二階堂に指示を出して、こちらに向かってきたので2人は急いで部屋の中へと隠れました。

 

果たして、2人は鶴見に見つからずにやり過ごせるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ265話『鍵穴』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 264話 一覧 266話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ265話のあらすじネタバレ

教会では第七師団の面々が集結しようとしていたが、徒歩で移動した4人は来ていたが馬で移動していた3人はまだ来ていませんでした。

 

菊田は、鯉登はこの場に残り、他の皆で探すが慎重に動け、と指示して月島達と共に動き出します。

 

その3人は土方が斬り捨てており、仲間と合流すると共に、アシリパを奪還するぞ、と叫ぶのです。

 

ソフィアの仲間達も、ソフィアを奪還する、と言って動き出そうとしていました。

 

1人教会に残った鯉登は、鶴見がソフィアの写真を見て様子が変わったけど、それが何でか気になるし、何を話すつもりなのかも気になる、と思って鶴見の様子を確認しようと教会の勝手口から入って彼がいる場所へと向かったのです。

 

そうしたら部屋の前に月島がいたので鯉登は、鶴見の様子を探る気なのか、と問い詰めます。

 

月島は、鯉登こそ鶴見の事を信じていないのではないか、と言うと鯉登は必死に否定するも月島は、これまで緊張して喋れない相手である鶴見に対して普通に喋っていたのは何故か、ひょっとして鶴見が信じられなくなったのか、と問い詰めたのです。

 

そんな中、鶴見が二階堂に、鯉登を始めとした者達を教会の中に入れるな、と指示してこちらに迫っていたので、2人はすぐさま部屋に入り、机の下に隠れます。

 

鶴見は部屋に入り、あちこちを確認して誰もいない事を再確認したのです。

 

机の下に隠れていた鯉登は心の中で、もう誰もいないのにああまで確認するという事は自分達に聞かれては都合が悪いのか、と思っていました。

 

そして鶴見は部屋から去っていき、アシリパとソフィアが監禁されている部屋へと入りました。

 

すぐさま鶴見は彼女達の目の前にある椅子に座ると同時にソフィアは目を覚まし、アシリパがいる事に気づいたのです。

 

鶴見は立ち上がってアシリパに、今から猿ぐつわを外すけど抵抗はしないでね、と言って猿ぐつわを外すと彼女の表情を見て、勇ましい、と評価します。

 

アシリパとは樺太以来腹を割って話したいと思ったし、ソフィアとこうして再会できたのは嬉しい、と口にする鶴見。

 

ソフィアは、あんたなんて知らない、と言うと鶴見は、あれから長い月日が経っているから無理もない、と言いつつ写真を見せながら、これで自分の事を思い出せるかな、と言います。

 

続けて、あの日写真を含めた全ての物を焼いてしまい、残ったのはオリガとフィーナの僅かな骨だけだ、と言う鶴見にソフィアは、もしかして長谷川か、と言ったのです。

 

アシリパは恐る恐る、その写真に写っているのはアチャ、キロランケ、ニシパか、と言います。

 

ドア越しで話を聞いていた鯉登は鶴見に妻子がいた事を知らなかったのか、本当に驚いている様子でしたが同じく聞いていた月島は憤怒の表情をしていたのです。

 

自分達はキロランケの遺品からソフィアとの手紙を手に入れたから、この際誰がアイヌ達を始末し、ウイルクは始末されなければならなかったのかをアシリパに教えないといけない、と鶴見は言いました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ265話の感想と考察

土方は馬で分かれた3人を斬り捨てて、仲間と合流して探すみたいですし、ソフィアの仲間達も動き出そうとしていますが、見つけるのは至難の技かもしれませんね。

 

大分時間が経っていますし、もしかしたら札幌を出ているかもしれないと思って、札幌と札幌外の境界線付近を捜索するのではないでしょうか。

 

まさか、鶴見達が一旦教会にいるとは思っていないと思いますから、間違いなく札幌と札幌外の境界線近くを捜索すると思います。

 

今回の話で杉元達の姿が見えませんでしたが、慣れないサッポロビール宣伝販売車の運転に苦戦しているのでしょうね。

 

そして鶴見は捕えたアシリパに昔話をしようとしていますが、何故わざわざそんな事をしないといけないのかなと思いましたね。

 

彼女を利用として金塊を手に入れるのが目的の筈なのに、わざわざ話すと言う事は何も知らずいるアシリパが不憫に思って話そうとしたのか、そもそも話すつもりだったのかのどちらかなのでしょう。

 

しかし、もし後者だった場合、鶴見は金塊には興味が無いと言う可能性が発生し、第七師団もアシリパを捕まえて過去の事を話すために利用したと言う事に繋がります。

 

そうなると鶴見に忠誠を誓っている月島とかが怒るのも無理ないかなと思いますね。

 

<< 264話 一覧 266話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました