スポンサーリンク

彼女お借りします172話ネタバレ考察感想あらすじ!水原の新たな一面

漫画ネタバレ

2021年1月20日発売の週刊少年マガジン2021年8号で、『彼女、お借りします』172話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』172話では、前回のレンカノデート代について呼び出された和也。

 

水原を励ましたく、勝手にやったことだと言い、お金は受け取りませんでした。

 

強いと思っていた女の子はほんの少しだけ弱く、そんな水原を支えたいと思う和也。

 

その話だけで終わりのはずが、和也はこのままご飯に行こうと、水原を誘います。

 

本記事では、『彼女、お借りします』172話「デート?と彼女②」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 171話 一覧 173話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします172話のあらすじネタバレ

ご飯に行こうと和也に言われ、返答に悩む水原。

 

水原から言葉が発せられるその一瞬の間の和也の脳内は、やらかしてしまったと血の気が引いていきます。

 

思わず出てしまった心の声に、後悔する和也。

 

何故和也が後悔しているのかというと、今日呼び出されたのはレンカノのお客という関係で会いました。

 

お客としての時間が終われば、和也と一緒にいる理由がありません。

 

それなのに、ご飯に誘ってしまい、完全に調子に乗った奴だと見られてしまいます。

 

仲良くなったと勘違いした、身の程知らずな行動を取ってしまったと後悔しているのです。

 

水原の返答が来る前に、ちょうどお昼の時間だから誘ってみただけだと説明する和也。

 

しかし、他のお客さんの手前もあるからと、想像通り水原に断られます。

 

そうだよねと和也は慌てながら、水原に別れを告げ、その場を去ります。

 

頭では分かってはいましたが、やはり断られてしまったと、すこし落ち込みながら歩いています。

 

そんな和也の背中を見つめている水原は、やっぱりいいかと言葉を発し、ご飯に行こうと和也の誘いを受けます。

 

振り向いた和也は、爆弾が降ってきたくらいの衝撃を受けます。

 

お店を探し始めた水原を止め、自分が探すからと和也は凄い速さで、スマホで調べ始めます。

 

レンカノの時とは違い、今から慌てて探すことに全神経を使っている和也。

 

オシャレなパスタのお店など見つけますが、時間帯的に満席で、なかなか見つかりません。

 

水原は和也に、何をそんなに探しているんだと声を掛けます。

 

すぐそこにある、サイゼリヤを指さす水原。

 

和也がそんなところで良いのかと聞くと、お金は無駄にしない方がいいと言います。

 

 

サイゼリヤに入り、メニューを選んでいる水原を見て、新鮮で庶民的でいいなと和也は見つめます。

 

よく来るのかと質問すると、安いお店は大学生の味方だと、当たり前のように答えます。

 

蟹などの高いお店も、サイゼリアなどの安いお店でも、どちらも似合う女の子がいるのかと見惚れている和也。

 

そんな水原は注文の中に、ワインを頼んでいます。

 

まさかお昼から飲むのかと聞くと、今日は休みだと決めているから飲むと言います

 

和也も生ビールを一杯頼み、お昼からお酒を飲む水原も新鮮だと、嬉しそうです。

 

 

少し嗜むくらいならいいかと思っていましたが、気が付けば、何杯もワインを飲んでいる水原。

 

虚ろな表情で、頬も赤く染まっています。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします172話の感想と考察

思わず誘ってしまった和也、水原がなんて返事するのか、とても気になっていました。

 

和也みたいに、何かやらかしてしまった時の脳内って、すごい速さで動いていますよね。

 

どうしよう、このあとどうする、それだけに全神経を使います。

 

よく子供が、何か悪いことをしてしまった時、親になんて言おうと必死に考えますよね。

 

正直に言うのが一番いいのに、やはり怒られたくなくて、言い訳を必死に考えたり、隠そうとしたり、あの時の頭の回転の速さってすごいですよね。

 

和也もなんでご飯に誘ってしまったんだという後悔をしつつ、言葉では、ちょうどお昼の時間だったからと、どうにか対処をしようとしています。

 

もちろん、水原の性格上、断るだろうなと思っていましたが、考え直し、誘いを受けてくれました。

 

しかもレンカノのときには選ばないだろうサイゼリヤに来て、庶民的な部分が見えるのはすごく嬉しいですよね。

 

いつもと違う面を見られる嬉しさがあります。

 

水原もやはり、和也のことが気になっているから、誘いを受けてくれたのでしょう。

 

その水原の変化も見ることが出来て、とても微笑ましいです。

 

お昼からワインを頼んだ水原ですが、まさか酔うまで飲むなんて思ってもいなかったです。

 

これは緊張から来ているのでしょうか。

 

もしそうなら、次回も微笑ましく見ている気がします。

 

<< 171話 一覧 173話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました