スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ190話ネタバレ考察感想あらすじ!解散記念と未来への約束

漫画ネタバレ

2021年1月20日発売の週刊少年マガジン2020年8号で『東京卍リベンジャーズ』190話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』190話は、まず東京卍會の解散記念の八戒がある提案をしました。

 

果たして何を提案したのか?

 

そして、その提案を行った帰りにでタケミチをマイキーはどこかに送ろうとしますが、その際に未来に向けある約束をしました。

 

果たしてその約束とは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ190話『Until next time』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 189話 一覧 191話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ190話のあらすじネタバレ

2006年3月15日。

 

武蔵神社でマイキーは何かを埋めていました。

 

ちなみに埋めたのは境内の大きな木の下。

 

そして、そこにはタケミチたちの姿もありました。

 

話は1週間前に遡り、3月8日の夜。

 

「東卍が今日で終わりだなんてさぁ…」

 

東京卍會の解散を信じることができずソウヤは泣いていました。

 

彼の隣にいたナホヤも泣いており、自分がマイキーの立場だとしたら彼と同じ決断をすると考えていました。

 

一方、千冬は東京卍會の解散や稀咲が亡くなったことを踏まえ、タケミチに自身の今後のことをを聞きました。

 

「現代に帰れるだろうし現代はきっとよくなっている」

 

タケミチは稀咲が亡くなったので、彼に殺害された大人の直人が生きていると思っていました。

 

なので、未来に帰ることができると思っていました。

 

また、稀咲が亡くなっているので未来は良くなっていると思っていました。

 

そう考えていた彼は少しでも早くでも戻りたいと思うものの浮かない表情。

 

なぜなら、戻ってしまうと過去のみんなはお別れ。

 

タケミチはみんなとの別れを嫌がっていたので浮かない表情をしていました。

 

そんな中、八戒は解散記念でタイムカプセルを埋めないかみんなに提案。

 

その提案に乗ったマイキーは、タイムカプセルの中に未来の自分への手紙を入れることや開けるのを12年後にすることを決定。

 

話を聞いていた三ツ谷とソウヤは、開けるのをなぜ12年後にしたのか不思議がっていました。

 

また、ナホヤも不思議がってはいましたがそれ以上にワクワクしていました。

 

そして、1週間後に自分への手紙と大事なものを持って集合するようマイキーは指示しました。

 

話はタイムカプセルを埋めた後になり、ぺーやんが三ツ谷に何を埋めたのか質問しますが、三ツ谷は言ってしまうと面白くなくなるという理由で回答を拒否。

 

一方、ソウヤは何を埋めたのか忘れるかもしれないことを心配していました。

 

そして、ドラケン・千冬・ナホヤは楽しんでいました。

 

「12年後の東卍結成日またこのメンバーで集まろう」

 

マイキーは12年後の東京卍會の結成日である6月1日に今いるメンバーで集まることを宣言しました。

 

その後、マイキーが運転するバイクに乗って送ってもらうタケミチ。

 

タケミチは送ってもらうことに対し申し訳なさそうでした。

 

そんな彼に別れを告げようとするマイキー。

 

彼が別れを告げようとしたのは、みんなそれぞれ居場所があるがタケミチ自身の居場所がこの時代ではないからでした。

 

「オレが絶対守ってみせる‼︎」

 

別れを受け入れることができずしょんぼりしているタケミチに対し、マイキーは12年後の再会まで東京卍會のみんなやヒナを絶対に守ることを誓いました。

 

彼の誓いを聞いたタケミチは目を潤ませました。

 

一方、タケミチの別れを惜しく思うマイキーは最後にこう言いました。

 

「未来に帰れ」

 

この一言でタケミチは号泣。

 

そして、マイキーが12年後のヒナが待つ未来に帰るようタケミチに告げて、バイクはどこかに向かうのでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ190話の感想と考察

今回めずらしく日づけが登場しました。

 

2/22が天竺との決戦の日で東京卍會の解散が3/8。

 

過去の回で描かれたヒナの葬儀や鶴蝶が自身が育った施設にイザナの墓を作る。

 

さらにタケミチが川にダイブがわずか2週間の間でありました。

 

すごい濃厚な2週間だと思いました。

 

続いて八戒のタイムシート埋めよう発言。

 

この発言をしたのが八戒というのに驚きました。

 

そして、その提案に一番乗り気だったマイキーはタイムカプセルを開けるのを12年後に指定。

 

12年後に指定したのは、タケミチが12年後の未来から来た人間だからだと思います。

 

粋な計らいですね。

 

最後の流れを踏まえての次回以降の展開予想ですが、まずマイキーが向かっているのはヒナのもとだと思います。

 

そして、この時代のヒナに別れを告げてタケミチは未来に戻ると思います。

 

その後はみんなで約束した6/1の集合日の回が待っていると思います。

 

185話の最後に「新章」とあったので、この日に全員が集まることはないと思います。

 

あと、ヒナの死を止めることもできていないと思います。

 

そうでないと、「新章」というワードが登場することはないと思います。

 

いずれにせよ、タケミチが戻ることができた場合に未来がどうなっているかとても楽しみです。

 

<< 189話 一覧 191話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました