スポンサーリンク

パラレルパラダイス142話ネタバレ考察感想あらすじ!ミミを圧倒していくロミー

漫画ネタバレ

2021年1月18日発売の週刊ヤングマガジン2021年8号で、『パラレルパラダイス』142話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス142話は、ミミの蹂躙ぶりを目にしたロミーはトラウマを思い出すと共に、かつてガーディアンの中でも最強の実力者だったのを思い出します。

 

そしてミミに一度不意打ちの蹴りを顔面に叩き込み、ミミは鞭を振るってロミーの右腕を縛りつけるも、ロミーは力づくで右腕を振るってミミを引き寄せると再び蹴りを叩き込んだのです。

 

更にロミーはミミの鞭を回避してあっという間に背後を突くと、再び一撃を叩き込みました。

 

このまま、ロミー優勢で戦いに決着が着くのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス142話『Kick earth(キック アース)!』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 141話 一覧 143話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス142話のあらすじネタバレ

不意打ちとはいえ、ロミーに顔面を蹴られたミミの鼻や頭部から血が流れていました。

 

ルーミもこの状況に唖然としていて、ピアノは心の中で、ロミーが完全に覚醒した、と思っていました。

 

心底あの世へと送りたいと思える相手だから、もうくたばってもいい、と言い放つロミー。

 

ユーマやトリスもこの状況に驚いており、ミミの心配をするが彼女は憤怒の表情をしていました。

 

ロミーは国母に対する不敬罪を犯してないから裁判で裁けないが、二度と歯向かえないように四肢を切断してやる、と言い放つミミだったが、ロミーは御託は良いからかかってこいと言わんばかりに招き手をしながら挑発したのです。

 

たかがガーディアンの分際で図に乗るな、と言いながらミミは鞭を振るってロミーの右腕を縛り上げました。

 

しかし、ロミーは鞭を力づくで引っ張ってミミを引き寄せると再び顔面に蹴りを叩き込んだのです。

 

それによってミミはまた血を流し、その様子を見ていたロミーは不敵に、自分が蹴った事で顔が整ってきた、と言いました。

 

絶対に許さない、と言い放ったミミは再び鞭を振るうもそこにはロミーの姿はありませんでした。

 

ミミは唖然としている中、ロミーは素早い動きでミミの背後を突くとかかと落としをミミの頭部に叩き込み、彼女の顔面は地面にめり込みます。

 

ユーマ達も驚きを隠せない中、ロミーはロボット口調で、心を捨てたロボットの攻撃はまだ行う、と言い放ち、殴りまくって始末する、と言って拳を振り下ろそうとしていたのです。

 

そこへユーマが前に出て、ロミーの拳を片手で止めると共にミミに対して、この戦いはミミの負けだ、と言います。

 

この事に納得できないミミに対してユーマは、現実を見ろ、と斬り捨てるもミミは、自分をここまでにしたロミーをこのままにしておくわけにはいかない、とまくし立てたのです。

 

ユーマは、ロミーは何も悪い事をしてないし、まさか負けた事を理由に罪をでっちあげたりはしないだろうな、と言って釘を刺しました。

 

更にユーマは、ピアノを磔から解放しろ、と命じると共にミミを拘束したのです。

 

ユーマは、自分も国母が間違っているかもしれないと考えているし、正直ミミが権力を振りかざす姿を見て、何かしらの理由をつけて止めないといけないと思っていたが、ロミーがやってくれたから拘束出来た、と言います。

 

トリスは、このままでは自分達は国賊になる、と言うとユーマは、自分は国母ではなく正義に従っていて、国母が仮に間違っているのならば正すのも正義だし、ヨータなら2度も生き返っているから大丈夫だ、と言ったのです。

 

ルーミは、ヨータは2度生き返ったのは事実だけど、3度目の死を迎えたら復活できないかもと言っていた、と言うとユーマ達は驚きを隠せず、ミミは負け惜しみと言わんばかりに罵倒するのでした。

 

一方、現実世界ではヨータの遺体がある部屋に仮面の人物がやって来て、まさか現実世界で命を落とす事になるとは想定外だけど、まだ間に合う、と言ってヨータの遺体をベッドから蹴飛ばしました。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス142話の感想と考察

前回の話では、完全に不意打ちと言わんばかりに一撃を叩き込んだのでロミーの実力は完全に分かりませんでしたが、今回の話で完全に実力が本物なのかが分かりましたね。

 

滅茶苦茶圧倒していましたから、昔のトラウマが無かったからアルスレイヤのガーディアンの中でもトップクラスの実力者として君臨していたのは間違いないでしょうね。

 

そうだったらヨータ達がアルスレイヤに入れたとしても一瞬でやられて捕まった可能性があるので、ここまでロミーがポンコツで良かったなと思いましたね。

 

そして済んでのところでロミーの攻撃を片手で止めたユーマもグランドスールだけあって凄いと思いますし、国母が悪いかもしれないとはっきり言えるのも凄いですね。

 

ピアノからヨータの話を聞いて、もしかしたら彼が正しいのではないかと考え、衛兵達の心を動かしたヨータはこの世界を変えるのではないか、ピアノの言っている事は正しいのではないかと判断して動いたのかなと思いますね。

 

そして遺体となったヨータを蹴っ飛ばした仮面の人物は多分リリアだと思いますが、彼女の言葉から察するに異世界でヨータが命を落とした場合は駄目だけど、現実世界で命を落としたからセーフなのでしょうね。

 

これまで異世界へと移動させるために窓から投げ落としていましたが、きっと今回も同じようなやり方で投げ落とすのだと思いますね。

 

<< 141話 一覧 143話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました