スポンサーリンク

カイジ375話ネタバレ考察感想あらすじ!モンスターと化したカイジ

漫画ネタバレ

2021年1月18日発売の週刊ヤングマガジン2021年8号で、『賭博堕天録カイジ』375話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』375話は、獣姦マニアというカイジの闇に触れた石高は、悪夢にうなされてしまいます。

 

そんな朝、カイジ達に会いに行くとカイジとポチの姿がありませんでした……。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』375話『猜疑』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 374話 一覧 376話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

カイジ375話のあらすじネタバレ

カイジの獣姦マニアという闇に触れてしまった石高と木崎は、ソッとしておこうという結論のまま眠りに就きました。

 

そんな石高は、熊や犬に山羊や羊、馬やヒョウという様々な動物と全裸のカイジが草原で戯れているのどかな夢を見ていました。

 

様々な動物に身体を舐められて喜ぶカイジに、思わず石高は飛び起きてしまいました。

 

隣で眠る木崎は石高に話を聞いただけということもあり、平和に眠り続けています。

 

悪夢と思ったものの、牧歌的で平和な良い夢と思いつつもカイジの闇のせいで怖い夢になっていることを一人嘆くしかありませんでした。

 

時計を見れば既に七時十分を過ぎており、もう一眠りとはいきませんでした。

 

目を覚ました木崎はボォーッとしたまま、部屋を出る石高を見送ります。

 

悪夢にうなされた石高も、ボォーッとしたまま顔を洗い、カイジ達の部屋に行ってみると、そこに三人の姿はありませんでした。

 

起きてきた木崎もカイジ達の行方を尋ねますが、二人で外の駐車場に向かってみると、石高の母の話し声が聞こえてきました。

 

浩貴は今年45歳になるけどまだまだ子供で……と話す母は、寝汗をかいたというから見に行ってみれば寝ションベンをしていたと暴露する石高の母。

 

チャンもマリオも本人が見ているとは知らずに爆笑です。

 

見かねた石高が声を掛けると、母は何事も無かったようにあら浩貴と怒り心中の石高を察しもしません。

 

いいかげんなこと言うなと怒鳴るも、本当のことと返す母は今日は大丈夫かい? と火に油を注ぐような発言をします。

 

あくまでも寝汗を強調する石高に、後ろで木崎も笑っていました。

 

チャンとマリオが挨拶をするとようやく落ち着いた表情になったのも束の間で、悪夢の中心人物であったカイジがいないことに気付きました。

 

行方を尋ねてみると、石高がめんどくさがってやっていなかったポチの散歩を、五日もしていないと話したらかわいそうだと言うことで連れて行ってくれたようです。

 

そんな母からの何気ない報告に、石高は激しく動揺し、悪寒や発汗に不整脈と言った不調にみまわれました。

 

心臓はドクドクと脈を打ち、視界は回りよろけて倒れてしまいそうになるなか、悪夢の続きから愛犬の陵辱を妄想してしまい、ポチが危ないと思った石高は駆け出しました。

 

勢いよく飛び出したものの、すぐに戻ってきた石高は散歩の行き先を尋ねると、母は多分公園と答えます。

 

飼ったばかりの子犬だった頃を思い出し、一緒に寝ていた事や思い出が頭を巡ります。

 

公園に着くと、だだっ広い公園の中を更に掛けてポチを探しました。

 

息も上がり倒れ込みそうになったその時、植え込みの方からカイジの笑い声が聞こえてきました。

 

座り込んでポチを仰向けに抱きながらくすぐるカイジが、石高には女性の服を脱がす強姦魔に見えていました。

 

急いでポチを取り上げ、尻の穴を見ると未遂だったことに安堵して石高はポチを抱きしめました。

 

謎の反応にカイジは戸惑いますが、何をしようとしていたかを激昂しながら問う石高。

 

植え込みの陰にポチを連れ込み、衣服をはいで何をするつもりだったと問われてもカイジはただ遊んでいただけとしか言えません。

 

服を脱がせたのは、本来ワンちゃんにはいらないもので、脱がせたら案の定喜んでいたと話した直後、顔面を踏みつけにされました。

 

ポチはそんなふしだらな犬じゃないと怒鳴りつけ、二度と近づくなと言いつけました。

 

ついにはお前呼ばわりに変わり、散歩ではなく拉致だと言い切った石高は、カイジをおぞましいモンスター呼ばわりして走り去りました。

 

一人取り残されたカイジは、まさか自分に獣姦マニア疑惑があることなど分かっていないため、石高の怒りのわけが全くわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

カイジ375話の感想と考察

ある意味では寝取られ未遂とでもいうような回でした。

 

前回からの教訓として、何事も確認が大事ということです。

 

まず、カイジも時間が無かったからと適当にエロ本を購入してカバンに入れてしまったせいで、獣姦嗜好の本がカバンの中にあって、それを石高が見てしまいました。

 

石高もチラッと表紙が見えてしまっただけで中身は見ていないので本当にそれが、獣姦嗜好向けの本なのかわかりません。

 

もしかしたら動物愛好家のための内容かもしれませんし、悪夢と思った牧歌的で平和的なものかもしれません。

 

カイジがきちんと確認して本を買えば、こんな事は起きませんでしたし、石高もカイジの嗜好を問い質せばこんな勘違いは起きませんでした。

 

カイジのそんな嗜好を『闇』と決めつけている石高と木崎にはそこに触れることは出来ないので、このまま勘違いして最後まで行ってしまうのかもしれません。

 

恐らくこの日のうちに書類が届き、お互いのキャンピングカーの交換が成立してしまい旅立つ事になるので、せっかく仲良くなった関係も歪んだまま終わりを迎えてしまう事になるかもしれませんし、45歳浩貴がどこかで冷静になって仲を修復してくれるかもしれません。

 

<< 374話 一覧 376話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ カイジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました