スポンサーリンク

ダイヤのA act2 239話ネタバレ考察感想あらすじ!沢村と天久の譲らぬ投手戦

漫画ネタバレ

2021年1月13日発売の週刊少年マガジン2021年7号で、『ダイヤのA act2』239話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』239話は、5回裏も無失点に抑えきった天久は沢村とこうして投げ合っていれば、自分は更に高みへと昇り詰める事が出来ると思っていました。

 

こうして両者が譲らない投手戦を繰り広げる事で、ここからは全てにおいて勝負に影響してくる可能性が出てきたのです。

 

6回表、沢村は3番の宮川にヒットを打たれるも、4番の星田を最後内角の球を使って抑える事に成功しました。

 

6回裏、天久も倉持、小湊春市を抑えきるが白州にヒットを打たれ、4番の御幸を迎えたのです。

 

果たして、3度目の勝負はどちらが勝利するのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』239話『High Voltage』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 238話 一覧 240話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 239話のあらすじネタバレ

5回裏、天久は東条を出塁させるも、残りの打者を全員抑えきる事に成功しました。

 

三振に抑えられて悔しそうな表情をする沢村を横目で見ながら心の中で、沢村とならば更なる高みへと昇れる気がする、と思っていたのです。

 

ここまで天久は被安打4、四死球1、無失点のピッチングをしており、沢村は被安打2、無四球、1失点のピッチングをしていました。

 

どちらもいいピッチングをしているため、バックネット裏で試合を見ていた大和田は、思いもよらない投手戦となってきた、と峰に言います。

 

対する峰は、両者がいいピッチングをする事によって、2人のスタミナやベンチの仕掛け等が勝負に関係してくるはずだ、と述べたのです。

 

青道高校の片岡監督、市大三高の田原監督が指揮を執っている様子を見ていた峰は、市大三高は1点だけで満足する筈ないし、青道高校も早く同点に追いつきたい筈だ、と思っていました。

 

6回表、沢村は1番と2番を無難に抑えていくが、3番の宮川にヒットを打たれてしまい、4番の星田が打席に入ったのです。

 

星田は2打席目に外角のカットボールでやられたからその記憶がある筈、と踏んだ御幸は、外角を中心に攻めて内角を突こう、と心の中で言ってミットを構えます。

 

対する沢村は、例え誰だろうと全力で投げる、と思いながら御幸のリード通りに投げていき、星田は内角の球に詰まってしまい、セカンドゴロとなったのです。

 

これでチェンジになり、叫びながら、負けているけどまだ勝負は終わっていない、と心の中で思う沢村。

 

天久は、星田のバットが木のバットならば折れていたな、と言いつつ、内角の使い方が上手いな、と沢村と御幸のバッテリーを褒めつつ、やってくれる、と思ってマウンドに上がります。

 

6回裏、天久は倉持に対してスライを投げるも甘くなったので倉持は思い切り打ち返すも、打球は天久のミットに収まっていたので、ピッチャーライナーとなります。

 

小湊春市も倒れ、3番の白州は何とか粘ってライト前にヒットを打ち、4番の御幸を迎えたのです。

 

試合の前日、御幸は前4番だった結城哲也から、打席に入れば色々な肩書きは関係ないから打つ事に集中しろ、肩書きの代わり大きな声援が力を与えてくれる、とアドバイスを受けた事を思い出します。

 

3度目の対決になったのだが、天久は2度目の対決の際の結果から、それ程警戒する選手ではないかもしれない、と思いながら投げ始めたのです。

 

外角に2度も投げていくが、全部ボールだったので御幸は手を出しませんでした。

 

天久は外角で打ち気を逸らしてから内角へと球を投げるも、御幸は思い切り打ち返しました。

 

あわよくば長打かと誰もが思ったが、結果はセンターフライに終わってしまいました。

 

天久は、内角に投げる際、何か危険なものを感じたからカット気味に投げていて良かった、と思っていたのです。

 

そして観客席では多くの観客と共に薬師高校のエースである真田が見ており、心の中で、最後の高校野球で悔いが残らないように全てを出し尽くした筈なのに、何で神宮球場へと来ているんだ、と思っていました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 239話の感想と考察

どちらも譲る事が無い投手戦が続いていますが、肉体的及び精神的な疲弊がそろそろ出てくるんじゃないかなと思いますね。

 

沢村は先に点を取られていますから、これから先に1点でも取られてしまったら確実に負けだと思っている筈なので、絶対に点はやらないと言うプレッシャーを抱えながら投げているでしょう。

 

天久の方は先に点を取ってもらっているため、後は自分がポカをしなければ問題なく抑えられると思っていると思いますが、青道高校が後攻なのでサヨナラ負けの可能性が残っている以上、プレッシャーは来ると思います。

 

それ故にどちらかが先に肉体的及び精神的疲弊に圧し潰されたら、勝負がつくと言っていいでしょうね。

 

そして神宮球場へとやって来ていた真田は、何故高校野球で全てを出し尽くしたのに神宮球場に来ているのか理解していませんでしたが、きっと頭の中では負けたから切り替えたつもりだけど、心の奥底ではまだ投げたかったと無意識に思っているからではないでしょうか。

 

それに1年前、薬師高校が天久が復帰する前の市大三高を破った際、当時の市大三高のエースだった真中達が青道高校と薬師高校のどちらが勝つかを見届けるために来ていましたが、今の真田は当時の真中達と同じ心境なのでしょうね。

 

<< 238話 一覧 240話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました