スポンサーリンク

恋か魔法かわからない4話ネタバレ考察感想あらすじ!結衣から重大報告を受ける魅斗

漫画ネタバレ

2021年1月13日発売の週刊少年マガジン2021年7号で、『恋か魔法かわからない!』4話が掲載されました。

 

恋か魔法かわからない!4話は、魅斗は学校から通っている道場に帰宅すると、道場の師範を務めている結衣の父親にチャームについて報告しました。

 

父親もチャームの事については知らず、しかも魅斗が習得している天拳格闘術と組み合わせる事も出来ないので、魅斗は落ち込んでしまったのです。

 

しかし、チャームとはいえ魅斗が魔法を使えるようになった事を嬉しく思う父親は、自分にかけてみろと言いだしました。

 

果たして、魅斗はかけるのでしょうか。

 

本記事では、恋か魔法かわからない!4話『結衣姉の秘密』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 3話 一覧 5話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

恋か魔法かわからない4話のあらすじネタバレ

学校から通っている道場へと帰宅した魅斗は、道場の師範をしている結衣の父親にチャームの事を話していました。

 

父親もチャームの事については知らない様子でしたが、それでも魔法を使えるようになって良かったな、と褒めたのです。

 

魅斗は駄目もとで、チャームと天拳格闘術を組み合わせる事は可能か、と聞くと父親は、無理だな、とはっきり言ったので魅斗は落ち込みます。

 

それでも家から離れ、この道場に住み込みで頑張っていた魅斗が魔法を使えるのは喜ばしい、と改めて褒めつつ、折角だから自分にもチャームをかけてくれ、と言う父親。

 

まだ制御出来てないから無理だ、と魅斗は言うのだが無意識にチャームが発動し、父親は魅斗が好きになってしまいます。

 

それから何とか正気に戻った父親、結衣と結衣の母親と共に鍋料理をいただく魅斗。

 

その際に七賢人の話になり、父親は魅斗に、七賢人全員に会えるのは滅多にない事だぞ、と言います。

 

七賢人に会ったせいなのか、魅斗が遠い存在になったと感じた結衣と母親は泣きながら、自分達をこれからも頼って、と言ってきたのです。

 

しかし、魔法が魔法だから不死鳥級に本当になれるのか、と不安を呟く魅斗に父親は、魅斗は魔力が無いのに誰もが逃げ出す訓練についてきたのだから、必ずなれる、と言って励ましました。

 

夕食後、魅斗が去った後、後片付けをする母親に父親は、魅斗が跡取りだったらどんなに良かったか、と呟くと結衣がこの話を耳にして、大事な話がある、と言いだしたのです。

 

それから魅斗は、チャーム、七賢人会議、萌香との訓練と濃い1日だったけど、期待してくれる人もいるから頑張らないといけない、と思って眠りにつきます。

 

眠りについた魅斗だったが、手が何かを触っているような感触があったので目を開けると、結衣がいて、しかも手は結衣の胸を触っていたのです。

 

この事に驚いている魅斗を尻目に結衣は浴衣を元に戻すと、驚かした事は謝るけど大事な話があるの、と言ってから、魔法が使えるようになってから渡すつもりだった、と言ってある紙を魅斗に渡します。

 

免許皆伝かそれとも破門か、と思いながら紙を受け取って確認する魅斗。

 

受け取った紙はどちらでもなく、婚姻届けでした。

 

何が何だか分かっていない状態の魅斗に結衣は、ずっと好きだった、と言います。

 

魅斗は魔法が使えないから今まで渡せなかったが、ようやく渡せたし、自分の念願が叶った、と言って魅斗を抱きしめる結衣。

 

もしかしてチャームにかかったのか、と魅斗は言うと結衣は否定すると、ずっと昔から好きだったし、今日まで渡せなかったストレスを沢山の婚姻届けにぶつけてきた、と言います。

 

未だに信じられない魅斗を押し倒した結衣は、これが本当の自分であり、例えチャームであったも魔法を使えるようになるのを誰よりも待っていたから自分と添い遂げてほしい、と言いだしたのです。

 

しかし、魅斗は、チャームにかかっているのか、それとも結衣の意思なのか、と心の中で考えるも答えが出てこなかったので大きな声で、分からない、と叫ぶのでした。

 

スポンサーリンク

恋か魔法かわからない4話の感想と考察

今回の話から、魅斗は結衣の実家に居候していた事が分かりましたね。

 

家元から離れて過ごしているみたいなので、少なくとも実の家族は命を落としているわけではないようですね。

 

しかしながらどうして家元から離れているのかはまだ分かっていませんが、きっと魅斗がチャームの魔法を使えるようになる日まで魔法が使えなかったから出来損ないのように思っていたんじゃないかなと思いますね。

 

それにしても結衣の家族と共に食事を取っていた事から、結衣もそうですが結衣の両親も魅斗の事を実の息子と同じくらい信頼し、頼ってほしいと言うくらい大切に思っているみたいですね。

 

結衣の実家の道場での訓練は魔法を使える者でも厳しいので、魔法が使えない魅斗にとっては更に厳しかったのではないかと思います。

 

そんな中でも舞との約束を忘れずに、努力を欠かさず訓練を持続してきたのだから両親から信頼され、今回の結衣の婚姻届に関しても魅斗ならばと許可したのでしょうね。

 

そして結衣は今までずっと心の中に隠していた思いを魅斗に伝えましたが、当の本人はかなり困惑している様子ですね。

 

次回は、魅斗が結衣の告白に対する返事を言うとは思いますが、魅斗の混乱ぶりから察するに、きっと一旦考えさせてほしいと言うと思います。

 

<< 3話 一覧 5話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 恋か魔法かわからない
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました