スポンサーリンク

ここは今から倫理ですネタバレ22話(5巻)!スマホ中毒になっている綿野

漫画ネタバレ

『ここは今から倫理です。』はグランドジャンプむちゃにて連載されている雨瀬シオリ先生による人気漫画です。

 

『ここは今から倫理です。』22話は、高柳が倫理の授業をしていたのだが、太っている男子生徒である綿野は真剣に聞いておらず、早く家に帰ってスマホゲームがやりたいと思っていました。

 

家でも駅内を移動中でもスマホゲームをしている綿野は、楽しい事ばかりしていてはいけないのか、人生とは楽しく生きていくべきものじゃないかと心の中で呟いていたのです。

 

そうしたら手を滑らせて、スマホが電車の隙間に入って破損してしまいました。

 

果たして、スマホが無くなった綿野はどうするのでしょうか。

 

本記事では、『ここは今から倫理です。』22話『労働のあと』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 21話 一覧 23話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

漫画『ここは今から倫理です。』22話のあらすじネタバレ

高柳は倫理の授業で伝統や近代化について話していて、その話を男子生徒の綿野は面白くなさそうに聞いていました。

 

そして多くの人達が自由になったら、それが逆に怖くなって別のものに依存したりする、と高柳は言っていましたが、綿野は心の中で、早く家に帰ってスマホゲームがしたい、と思っていたのです。

 

その後、綿野は担任の先生と進路相談をするのだが、正直進学に興味がありませんでした。

 

それに家は貧乏なので、母親からも、もし大学に行く気ならバイトして、と言われたので、それなら行かない、と思っていました。

 

夕食後、綿野はようやくスマホゲームをすると共に心の中で、大学に行かないと会社に行かないといけないけど、何でそうしないといけないんだ、と疑問に思っていたのです。

 

翌日、登校時は電車を使う綿野は駅を移動中もスマホゲームをしていて、何でゲームをして生きては駄目なのか、毎日楽しく過ごすのがそんなに駄目なのか、人はただ働くだけじゃなくて楽しく生きるのが人生ではないか、と心の中で呟きます。

 

将来はゲーム実況者として生きたいけど、それを快く思っていないこの世がおかしいんだ、と思う綿野だったが、手を滑らせてスマホを落としてしまい、しかもスマホは電車の隙間に入って破損したのです。

 

母親に、新しいのを買ってほしい、と頼んでも、誕生日まで待て、と言われてしまいます。

 

スマホ中毒も同然の綿野はこの後の時間をスマホ無しで過ごす事になったのだが、全然落ち着けず、翌日の学校でも居場所の無さを感じていたのです。

 

そのせいでイライラが募り、妹に当たってしまったり、学校でも友達がいないので孤立状態になっていました。

 

無気力状態で廊下を歩いていると窓の外を見ている高柳に会い、何をしているのか、と聞いたのです。

 

高柳は、庭に咲いている白い花の名前は一体何だったかなと思っていた、と答えると共に綿野に、何か分かるか、と聞いたら綿野は、分からない、と答えます。

 

それから松田や萩原がやって来て、花の話題で盛り上がったのです。

 

やがて彼らは去っていき、綿野は高柳の様子から、もしかして暇なのか、と聞くとたかやなぎは肯定します。

 

そして高柳は、過去は労働と必要なものが繋がっていたが、現在はそれが無く暇になり、労働で得たものを暇な時に使っていくだけになった、と言ったのです。

 

綿野は思い切って、自分は労働をしたくないけどどうすればいいのか、と聞くと高柳は、人間から労働を離すのは難しい、と言いつつ、労働とは生きる事を実感できるものであり、労働そのものを無くすと社会が機能しない、と言いました。

 

最後に、また相談する事があるなら授業でしてほしい、と言って去っていく高柳。

 

その後、綿野は下校している中、あちこちの建物や道を見ると、この周辺にある全てが労働で作られたのか、と思っていました。

 

家に帰ると母親から、スマホは来月買うからまずは妹に謝って、と言われたので綿野は部屋へと行き、妹に謝ったのです。

 

妹は、許してもらう代わりに宿題を手伝って、と言い、綿野は、面倒だな、と言いつつ手伝うのでした。

 

ここは今から倫理ですzipや漫画タウンや漫画BANK以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ここは今から倫理です。』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですの...
スポンサーリンク

漫画『ここは今から倫理です。』22話の感想と考察

今の若者達は殆どスマホを弄ってばかりですから、中には綿野みたいにスマホが無いと生きていけない感じになっていたり、楽して生きたいなと思っていたりするのではないでしょうか。

 

確かに楽して生きたいと言うのは、誰にでもある考えだとは思いますが、そのためにはお金が必要であり、労働する事が必要になってしまいます。

 

それにスマホゲームには、課金が必要なものもあると思いますので、どちらにせよ労働をして金を稼がないといけないのです。

 

その事を踏まえると高柳が言っているように、人と労働は切り離せない感じですね。

 

綿野はスマホにかなりハマっていて、スマホが破損した際は完全にスマホ無しでは生きていけないような感じになっていましたが、スマホ以外で趣味等を見つけていれば良かったんじゃないかなと思いますね。

 

今回の話の様子からだと勉強は嫌そうですので、普通にテレビゲームとか漫画とかがいいとは思いますが家が貧乏みたいですので、それも無理だとやはり少しでもアルバイトでもすれば良かったんじゃないでしょうか。

 

アルバイトをしているうちに、今している仕事は楽しいと感じる事が出来るかもしれないし、それで手に入れたお金を自分のために使える事も可能ですので、スマホゲームに没頭できるんじゃないかなと思います。

 

<< 21話 一覧 23話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました