スポンサーリンク

恋か魔法かわからない3話ネタバレ考察感想あらすじ!萌香のとんでもない課題

漫画ネタバレ

2021年1月6日発売の週刊少年マガジン2021年6号で、『恋か魔法かわからない!』3話が掲載されました。

 

恋か魔法かわからない!3話は、学園へとワープした萌香と魅斗。

 

萌香は魅斗にノリで助けたけど、本当は今の魅斗が過去の自分と同じような目に遭っているから無視する事は出来なかったから助けたのだと言います。

 

そして魔法使いは正義のために使う者や悪事に使う者がいるけど、魔法と言う大きな力を使うからには責任が伴うけど、魅斗に覚悟があるのかと問い詰めたのです。

 

果たして、魅斗はなんて答えるのでしょうか。

 

本記事では、恋か魔法かわからない!3話『魔法使いの覚悟』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 2話 一覧 4話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

恋か魔法かわからない3話のあらすじネタバレ

転移魔法で学園に戻ってきた魅斗と萌香。

 

魅斗は、萌香は何故自分の先生になってくれたのか、と純粋に聞くと萌香は少し考えてから、ノリで、と笑顔で答えたので魅斗は驚いたのです。

 

萌香は、偶然チャームの魔法を得たのに殆どの皆が魅斗の言い分を聞かず、一方的に責める姿が可哀そうに思えたから、と言いつつ、折角だから時計台に行こう、と言って向かいます。

 

その途中で萌香は、ちゃんとした理由を言うならば、自分も昔色香の魔法のせいで白い目で見られていたけど、先代の七賢人に救われたから過去の自分と同じ目に遭っている魅斗を無視できなかった、と答えたのです。

 

時計台の屋上に辿り着くと萌香は、この世では誰もが魔法を使えるわけではないが、魔法を身に着けて魔法を使うような事になれば正しい事に使う者もいれば、悪さに使う者も現れる、と言います。

 

続けて、魔法を使う者に関しては否応なしに力に関する責任が生まれるけど、魅斗にその覚悟はあるか、と真剣な表情で言う萌香。

 

対する魅斗は、例えチャームであっても正しく使うつもりでいる、と答えると萌香は七賢人達の前で言い放った言葉が本物なのかどうかを確かめたかったので、合格だ、と言います。

 

次に萌香は数人の女子に指差すと課題として、彼女達にチャームをかけてきて、と言うと魅斗は、まだコントロールできるわけじゃないからまた大惨事になる、と言ったのです。

 

しかし、もしこの課題をクリアしないと先生になると言う話は白紙に戻す、と言われてしまったので行く事になってしまいます。

 

既に魅斗がチャームを使う事は学園の誰もが知っているので女子生徒達は邪険にしていて、しかも魅斗が、自分の将来のために一発させてほしい、等と誤解を招くような言い方をするので余計に嫌われてしまうのです。

 

そんな中、三度星愛楽が現れて、この間の決着を着ける、と言うとチャーム対策としてアイマスクを身に着けてから風魔法を発動させ、巨大な竜巻を起こしました。

 

しかし、目が見えなかったので竜巻は女子生徒達に命中してしまい、服がズタボロになってしまったのです。

 

しかも近場に魅斗がいたので、今の竜巻は魅斗が起こしたのだと勘違いしてお仕置きしようとし、魅斗は、自分じゃない、と言う中でチャームの魔法が発動しました。

 

そのせいで女子生徒達はメロメロになり、星愛楽も様子を見るためにアイマスクを外していたので、メロメロになってしまったのです。

 

様子を見ていた萌香は、自分の魔法の比じゃないけど長くはもたない、と言いつつ、もし悪用されたら面倒だからしっかり教育しないといけない、と思って時計台から飛び降りると催眠香を放って女子生徒達を眠らせたのです。

 

萌香は、今チャームを使っているか、と聞くと魅斗は、チャームを使っている際に目の周りが温かくなるけど、今は温かくないから使っていない、と答えます。

 

萌香は、最初は魔法を使っているかどうかが分かれば合格、と言いつつ、自分の魔法を使いこなすためには怖がってはいけない、と言ったのです。

 

そして、1か月間でコントロールを済ませ、残りの11か月で七賢人に認められる働きをしてほしい、と言う萌香。

 

魅斗は、萌香は正直駄目な人だなと思ったけど、そうじゃなかったらやる、と言ったので萌香は、案外酷い事を言うし、女性の扱いも教えないといけない、とジト目をしながら言います。

 

そこへ結衣が現れ、父親に魔法が使える事を報告しないといけない、と言いました。

 

スポンサーリンク

恋か魔法かわからない3話の感想と考察

萌香は昔、色香の魔法を初めて発動させた際、同性の目に苦しんでいましたが先代に助けられた経緯があったから、同じような魔法を使い、過去の自分と同じ目に遭っている魅斗を助けたのが分かりましたね。

 

それに先代のおかげで魔法をコントロール出来たのだから、自分も魅斗を助けて魔法をコントロールさせてあげる事が出来れば、自分を救ってくれた先代の恩に報いる事が出来るとも考えているんじゃないでしょうか。

 

それに最初はとんでもなくふざけた課題を出したなと思いましたが、実際は魔法を使っている状態がどんな状態かを把握するための課題だと判明した際、ちゃんと魅斗の事を萌香は考えているんだなと思いましたね。

 

次回は、自分の父親に魔法の事を報告する事になるのではないでしょうか。

 

魅斗は自分の魔法がどんな魔法か分かっているので、余り気が進まないとは思いますが、結衣がああ言っているし、隠していてもしチャームが暴走したら不味いので止む無く言う事になるとは思います。

 

最初は父親も魅斗が魔法を使えるようになった事を喜ぶとは思いますが、魔法の種類を知ったら微妙な表情をするのではないでしょうか。

 

それでも魅斗は何とか魔法を使いこなすからと説得するのではないかと思います。

 

<< 2話 一覧 4話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 恋か魔法かわからない
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました