スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい202話ネタバレ考察感想あらすじ!早速ぼっちになりかける帝

漫画ネタバレ

2020年12月24日発売の週刊ヤングジャンプ2021年4・5合併号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』202話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜202話は、高校3年生となり、かぐやと同じクラスになった白銀だったが、転校生としてやって来た帝に驚きを隠せませんでした。

 

帝は四宮家と対をなす四条グループの跡取りであり、以前の学校ではサッカー部に所属し、無名の学校を全国優勝に導きました。

 

そして白銀にとっては全国模試で敗北を喫した相手でもあったのです。

 

そんな帝でしたが、初めての学校だと言う事で非常に緊張していました。

 

果たして、そんな状態の帝はどのように動くのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜202話『四条帝は馴染みたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 201話 一覧 203話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい202話のあらすじネタバレ

かぐやと白銀は同じクラスになったのだが、転校生としてマキの弟である四条帝がやって来ました。

 

四条家は四宮家と対をなす家であり、帝はその跡取りで無名の高校のサッカー部に所属して部を全国優勝へと導いた男であり、全国模試では白銀を負かした事があるので、全てにおいて帝の名を冠する男なのです。

 

しかし、その帝も転校初日と言う事もあって緊張していて、心の中では、上手くやれるかな、と不安を抱いていました。

 

ぼっちは嫌だ、と帝は思っていると秀知院のサッカー部の神童はクラスメイトに、帝とは大会で戦ったが一方的にフィールドを蹂躙し、ゴールを叩き込んだ姿に恐怖を覚えた、と口にしたのです。

 

最後に、そんな帝は敬意を込めてボーイファッカー帝と呼ばれている、と神童は言うと、聞いていた帝は心の中で、ミリも敬意がこもっていない、と思っていました。

 

しかもマキとインドに行った事も暴露されたため、帝は心の中で、このままだとぼっちまっしぐらだ、と思って多少関わりがある柏木に声をかけようとするも、何か怖い、と思って辞めたのです。

 

それならば小さい頃に何度かパーティーで会っているかぐやに声をかけよう、と思った帝はかぐやの元に向かうと、姫様久しぶり、と声を掛けます。

 

上手く行くはずと思っている帝だったが、かぐやは嫌悪感を出しながら、姫なんて妙な呼び方をしないでほしい、四条家の人間は礼儀を教えないのか、と辛辣な物言いをしたのです。

 

帝は、小さい頃に何度か会っている、と言ってもかぐやは、記憶にない、と言われたので落ち込みました。

 

その際に筆箱を落としてしまい、ある人物が秀箱を拾ってくれたので帝は感謝するも拾った相手は白銀であり、しかも白銀は威圧感を出していたので帝は恐怖を覚えていたのです。

 

白銀は隣に座ると、1年の年末に全国模試で帝が1位になった後、自分は死に物狂いで勉強したがあれから一度も模試に出てないのは何故だ、と問い詰めます。

 

対する帝は、もしかして白銀か、と聞くと白銀は少し間をおいてから、自分を知っているのか、と聞くと、全国で何度も1位を取っているし、いつも凄いと思っている、とリスペクトしているかのような口ぶりで言ったのです。

 

白銀は何かがおかしいぞと言う顔をしつつも、帝の方が凄いだろう、と言うと帝は、あの時はサッカーを続けるために必死でやっただけでその後はボロボロだ、と正直に言います。

 

1回だけならまだしもずっと模試トップは凄いし、滅茶苦茶意識していた、と帝は言うとその事を知った白銀は満更でもない表情をしたのです。

 

話し合っているうちに意気投合した2人は最終的に心の中で、良い奴だな、と思っていました。

 

この様子を見ていたマキは、友達が出来て良かった、と呟くとかぐやに、帝と白銀は似た者同士なのかもね、と言いますがかぐやは心の中で、帝と白銀は全然違う、と呟いていたのです。

 

その後、白銀は1人屋上で空を眺めながら、夏休みになったらスタンフォードの外国人向け事前セミナーに合流しないといけないから、1学期が普通の学園生活を送れる最後の学期になる、と思います。

 

春休みでのかぐやの言葉を思い出すと、かぐやは戦う決意をしたけど自分には時間がない、と思いつつも、この学園で得た多くのカードを全て使い切ってでもかぐやのために戦うと決意したのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい202話の感想と考察

転校初日では、流石の帝も緊張するみたいですね。

 

新しい学校に行くと、前の学校で築き上げた信頼とか友情があっという間に消えてしまうので致し方ないのかなと思いますね。

 

それに神童を始めとした面々から恐れられているみたいですが、帝からすればぼっちになりたくないから、あまり言わないでほしいと思っているので彼の思考は常人に近いのかなと思いますね。

 

かぐやと同じ大金持ちの家の人間なら有象無象の人の言葉を受け流すと思いますが、転校初日だから心にゆとりがないのでしょうね。

 

そんな帝に白銀は余程負けたのが屈辱だったのか、敵意剝き出しでしたが、事情を知って仲良くなりましたね。

 

帝からしても白銀の事を尊敬していて、似ている部分もあるから凄くホッとしていましたね。

 

そんな中、かぐやが2人は似た者同士だと言っていたマキと違い、似ていないと言っていたのが気になるところですね。

 

恐らく家柄もあると思いますが、一番は自分に対する対応じゃないかと思います。

 

白銀もそうですし、他の人々や石上達後輩もそうですが、かぐやの事を普通に接していたのに対し、帝は昔の呼び方で言っていたので対応で差があると思ったのではないでしょうか。

 

もしかしたら他にもあると思いますが、それが何なのか気になりますね。

 

<< 201話 一覧 203話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました