スポンサーリンク

ダイヤのA act2 237話ネタバレ考察感想あらすじ!御幸と2度目の勝負をする天久

漫画ネタバレ

2020年12月23日発売の週刊少年マガジン2021年4・5合併号で、『ダイヤのA act2』237話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』237話話は、小湊春市の出塁を許し、3番の白州を四球で歩かせてしまった天久は2度目の御幸との勝負に臨みます。

 

御幸は天久が持っている球は左打者の内角を抉る球ばかりだから、最低でも右方向に引っ張ればランナーを進塁させられると思っていたのです。

 

高見は御幸が考えている事を読み切っていたが、それでも敢えて狙わせようとしていました。

 

最初の勝負は天久に軍配が上がりましたが、この勝負の行方は一体どうなるのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』237話『チームの一員』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 236話 一覧 238話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ダイヤのA act2 237話のあらすじネタバレ

小湊春市が出塁し、白州も天久を揺さぶったりして四球を選び、塁へと進みます。

 

これでノーアウトランナー1塁2塁のチャンスになり、観客席で見ていた門田は、ここで四球を選べるのが白州と言う男だ、と言ったのです。

 

キャッチャーの高見は天久の元に行き、この様子を見ていた観客達は、今のは天久らしくないな、とか、先制してもらって力が入ったのか、とか、そんなタマじゃないだろう、と様々な声を上げていきます。

 

市大三高の田原監督は、まだ序盤だから深呼吸しろ、と言ってジェスチャーを送るも天久もジェスチャーで、大丈夫、と言ったのです。

 

そして打席には御幸が入り、天久の表情が真剣な表情になり、ベンチにいる沢村は、炸裂するかキャップ弾、と叫んでいました。

 

高見はサインを送ると心の中で、ファーストとサードはラインを締めて長打警戒、と言い、その思いが通じたのか彼らはその通りにします。

 

御幸は心の中で、スライダー、カットボール、カーブと全て左打者に曲がってくる変化球ばかりだから、右方向に引っ張れば最低でもランナーを進めさせられる、と思っていたのです。

 

高見は心の中で、右方向を狙うなら外中心の配球になるけど、敢えて狙わせる選択肢もある、と言うと心の声が聞こえたのか、天久は了承すると共に心の中で、最初の打席の見逃しが手が出なかったかどうかもわかる、と思ってボールを投げてきます。

 

投げた球はインコースへの変化球だったが、御幸がバットに当ててファールにしました。

 

天久は心の中で、合わせてきた、と言うと御幸は、思っている以上に曲がりが鋭いけど、追う事は出来る、と思っていたのです。

 

天久は外角へとストレートを投げ込むが、コースがギリギリだったのでボールとなります。

 

試合を見ていた観客は、際どいコースを攻めるという事は、御幸はそれだけのバッターと言う事であり、御幸に一発が出たらチームの勢いごとひっくり返る、と言ったのです。

 

天久は心の中で、ヒットは仕方ないけど四球は自分のミスだから責任はとる、と思っていて御幸は、この試合で初めて力みを見せたからここで叩く、と思っていました。

 

試合を観客席で見ていた真中は試合前日の事を思い出していました。

 

天久は真中に、自分は大事な場面でやらかすからそう思うとちょっと怖い、と口にするとすぐさま、これは弱気になっているわけではなく滅茶苦茶燃えているし、と慌てながら言ったのです。

 

話を聞いた真中は、自分も試合前はいつもそんな感じだったし、ピッチャーはチームを勝利に導けるけど、場合にとっては試合を台無しにするからピッチャーの責任は重く、怖いと思っても仕方ない、と言いつつ、ようやく市大三高の一員になれたな、と言います。

 

最後に、それがチームを背負うって事だ、と言う真中。

 

現在に至り、天久は心の中は、第一希望は勝利であり、星田や宮川達と共に甲子園で戦う事だ、と思いながらインコースへと変化球を投げていきます。

 

対する御幸はフルスイングで変化球を打ち返すと、打球はファーストの星田の横を抜けようとしていたのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 237話の感想と考察

天久は試合前日、真中に対して緊張を口にしていましたが実際天久もこの試合においてはかなり緊張をしているのでしょうね。

 

これまで投げていた秋の大会や春の都大会は仮に負けたとしても、それ程問題はないと思いますがこの夏の大会は負けてしまえば、3年生はそこで終わってしまいます。

 

しかも甲子園が近づけば、近づいていくほど緊張は高まっていく事でしょうし、しかも白州を歩かせて4番の御幸が打席に立ったので余計に緊張しているでしょう。

 

この打席を凡退に抑えてしまえば、流れは市大三高に行きますが打たれたり、歩かした場合は流れは青道に流れていきます。

 

幾ら天久でも緊張しないわけがない状況下ですが、真中の言葉である程度開き直った感じがしましたね。

 

真中は試合前日の天久の話を聞いて、今まで怖い者知らずだった天久が責任とか恐怖とかを感じているとは、本当に成長したし、本当の意味で市大三高の選手になったと思ったのでしょうね。

 

次回は、打球の行方が明らかになります。

 

現在、ノーアウト1塁2塁なので御幸からしたらヒットが出れば良し、最低でも右方向へのゴロかフライを打てればいいと思って打席に入っていて、右方向に強烈なゴロを打ったのです。

 

恐らく天久を全国に知ってもらいたいと言う理由で星田は気合で取るでしょうけど、ランナーは進塁でき、ダブルプレーの心配もないので御幸からすれば万々歳なのでしょうね。

 

<< 236話 一覧 238話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました