スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ187話ネタバレ考察感想あらすじ!タケミチの後悔とマイキーが呼び出した理由

漫画ネタバレ

2020年12月23日発売の週刊少年マガジン2020年4号5号合併号で、『東京卍リベンジャーズ』187話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』187話は、前半はタケミチと千冬が稀咲について話す場面となりました。

 

その中でタケミチは稀咲に関してある後悔を抱いていました。

 

果たして、彼が抱いた後悔とは?

 

後半は、マイキーに呼び出されたタケミチが東京卍會の総会で使う神社にやってきました。

 

ちなみに、マイキーはタケミチと二人きりで話しをしたかったから呼び出しましたが、話したかった話題とは何か?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ187話『Way to go』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 186話 一覧 188話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ187話のあらすじネタバレ

河川敷には千冬とタケミチが一緒にいました。

 

石を投げて12回も水切りができたことを千冬は自慢しますが、タケミチはボーッとしていました。

 

その様子を見た千冬は、彼がボーッとしている理由をエマやイザナの死に理由があることをすぐに察しました。

 

「稀咲ってどんなやつなんだろう?」

 

彼の隣に千冬が座った途端、タケミチが稀咲について話し始めました。

 

突然のことだったので驚いた千冬に対して、彼がタイムリーパーだったことは自分の勘違いだったということを話しました。

 

タケミチガ稀咲の話を始めたことに対しても驚きましたが、タイムリーパーでは無いことを知って千冬はまたしても驚いてしまいました。

 

続いて、喧嘩が弱いにもかかわらず彼はたった一度の人生で頭と度胸だけで最終的に日本一の不良になったことを“すごい奴”と表現しました。

 

そして、東京卍會を支配したり、大勢の人を殺害するたびに彼は何度震える夜を過ごしたのか気になっていました。

 

「死んで当然のヤローだ」

 

タケミチが彼をすごい奴と表現したとしても、千冬にとってはそんなのは関係なく“クソヤロー”と思っていました。

 

なので、彼の死は当然の結果だと思っていました。

 

千冬が何か言おうとした瞬間、突然大声で叫んだタケミチは川に向かって走り出しました。

 

そして、川に飛び込んでしまいました。

 

川の中に入ったタケミチを心配して千冬は彼は川の手前まで向かいました。

 

しかし、飛び込んだタケミチがすぐに出てこなかったので、千冬は不安な顔をしました。

 

「もっとアイツと向き合いたかった」

 

川から姿を現したタケミチは、稀咲のことは死ぬほど嫌いで憎く奴だと思っていたので、好きになるのは絶対に無理だと思っていました。

 

しかし、今までの彼の行いは全てヒナの為ということや、タケミチをリスペクトしているという話を聞いたら彼と向き合えば良かったと思っていました。

 

稀咲と向き合えなかったタケミチは、悔しさのあまり水面をバシッと叩きました。

 

その様子を見てホッとした千冬は、タケミチが川の中にいると風邪を引くことを心配して声をかけました。

 

そして、彼の表情を見て稀咲のような悪人でも死ぬことは辛いと思いました。

 

しかし、千冬に川から出るように言われたタケミチはずっと川の中にいました。

 

そして、対岸にある沢山の建物を見つめていました。

 

数日後の夜、特攻服を着て髪型をピシッと決めたタケミチは、東京卍會の総会で使っている神社に一人でやってきました。

 

しかし、ここにいたのはマイキーだけでした。

 

なぜなら、マイキーがここに呼んだのがタケミチだけだったからです。

 

そして、突然の呼び出しを謝罪したマイキーはタケミチと二人きりで話したいと思っていました。

 

「オマエが未来からきて今まで何をしてきたか」

 

マイキーが二人きりで話したかった話題は、タケミチが今までやってきたことについてでした。

 

その話を聞いたタケミチは息を飲むのでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ187話の感想と考察

前回の最後に“関東事変総決算”と書かれていたので、今回は東京卍會の全員が集まっての総会から始まると思っていました。

 

しかし、今回の始まりはタケミチと千冬が河川敷で話すシーンでした。

 

ちなみに、話題は稀咲の話でした。

 

突然のことだったので千冬は驚いているようですね。

 

そして、タイムリーパーではなかったことなどいろんな話をする中で“すごい奴”と表現しました。

 

タケミチは何度もタイムリープをして未来を変えようとしていたので、一度きりの人生で日本一の不良になった彼をそう思うのは当然かもしれないと思いました。

 

そして、敵だとしても彼に向き合えなかったことを後悔していました。

 

以前手の震えを訴えていましたが、後悔が理由かも知れませんね。

 

そして、東京卍會が総会で使う神社の描写が描かれましたが、そこにいたのはマイキータケミチとマイキーの二人のみ。

 

その理由はタケミチから今までのことを聞く為のようですが、今回は二人で総決算のようですね。

 

そして、“とんでもない事”をマイキーは次回言うようです。

 

タケミチの去就だとすると、彼を総長にする可能性がありますが、まさかの追放もあると思いました。

 

一方、タケミチに関してではなく東京卍會の今後のことだとすると、解散というのもありえると思います。

果たして、マイキーの口からタケミチに告げることとは何か?

 

次回が楽しみです。

 

<< 186話 一覧 188話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました