スポンサーリンク

ブラクロ276話ネタバレ考察感想あらすじ!ゼノンVSユノ&ランギルス

漫画ネタバレ

2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプ2021年3・4合併号で、『ブラッククローバー』276話が掲載されました。

 

ブラッククローバー276話は、ユノとランギルスはゼノンがいる場所へとやって来て、ヴァンジャンスを返してもらうと言ってユノは早速風魔法で攻撃を仕掛けるも、ゼノンは骨魔法で防御したのです。

 

ランギルスも得意としている空間魔法による攻撃を繰り出していくが、ゼノンは同じ空間魔法で相殺すると自分がいる空間を掌握してユノ達の魔法を封殺して、骨魔法で命を貰おうとしました。

 

果たして、この状況をどう打破するのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー276話『ボレアス』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 275話 一覧 277話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ブラッククローバー276話のあらすじネタバレ

三手に別れて移動していて、ノゼルをダークディサイブルの元に残して先を進むユノとランギルスはゼノンがいる場所へとやって来ます。

 

城に侵入したのはレジスタンスではなかったか、と思いながらゼノンはユノに対して、何故生きているのか、と疑問を問いかけたのです。

 

対するユノは表情を憤怒のものに変えながら、ヴァンジャンスの魔法の力だ、と言いつつ、ゼノンを倒してヴァンジャンスを返してもらう、と言って先手必勝と言わんばかりに風魔法を繰り出します。

 

対するゼノンは骨魔法を何束にも絡ませる事で風魔法を完全に防ぎ切ったのです。

 

そして、国でじっとしていればあと少しは生きながらえる事が出来たかもしれないのに馬鹿な事をしたな、とユノに言い放つゼノン。

 

ランギルスは空間魔法・大天使の撃墜を繰り出す体勢を取っていて、自分の留守中に随分と好き放題やってくれたようだし、そんな奴をほったらかしにしたままじっとしていられる性質じゃない、と言い放って技を繰り出します。

 

一目見て空間魔法だと見抜いたゼノンは同じく空間魔法を繰り出し、自分の魔法で出来た四角い空間にランギルスの技を閉じ込めるとあっという間に消滅させて、自分がいなかったら間違いなくランギルスが最強の空間魔導士だった、と言ったのです。

 

その言葉が癪に障ったのか、ランギルスは、そんな舐めた口を利く奴に出会うのは久しぶりだ、と言って空間魔法・大天使の撃滅を繰り出そうとしました。

 

そして魔法が放たれるもゼノンは空間魔法・空魔掌握を発動させて魔法を打ち消したのです。

 

自分の空間魔法の相殺を狙っているのならばランギルスがいるのは正しいが、一度負けているユノを同行させたのは愚の骨頂であり、ヴァンジャンスと同じ無駄な選択する、と言うゼノン。

 

そして天井に沢山の骨を出現させると、下らない夢や誇りを持つお前達は自分を動かす事が出来ずに命を落とす、と言い放って骨を一斉に放っていきます。

 

対するユノは一息つくと、行くぞベル、と言うと共にベルが出現し、ゼノンを見据えると、あんたはユノと自分が倒すと言って、精霊同化・スピリット・オブ・ボレアスを発動させたのです。

 

威圧感を感じ取ったゼノンだったが、自分の空間内ではどんな力も出せない、と思って無数の骨をユノの元へと向かわせました。

 

対するユノは、自分は魔法帝になる男だからゼノンに負けたままじゃいられない、と言い放って向かってきた骨を粉々にしていきます。

 

この様子からゼノンは心の中で、絶対空間内の魔が支配できていないから、ユノは更なる力で支配しているか、魔に愛されているかのどちらかだ、と思っているとユノが迫ってきて、風で出来たハルベルトによる突き攻撃を繰り出したのです。

 

対するゼノンは骨魔法で封じ込みました。

 

ユノは、ゼノンを一歩も動かす事さえ出来ずに命を落とすだったか、と先程ゼノンが言った言葉を言って、風の力で骨を全て打ち砕いてゼノンに一撃を叩き込むと、誰が、と言い放ったのです。

 

ランギルスは、本当に負けず嫌いだよ、と呟きました。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー276話の感想と考察

当時は手も足も出ず、ただひたすらにゼノンにやられっぱなしだったユノでしたが、最初のうちはランギルスも一緒にいるせいなのか、何とか戦えている様子でしたね。

 

しかし、それでもゼノン相手には届いていなかったので、修行の成果を発揮し始めましたね。

 

ベルが今回の戦いまでに風の魔を取り込んでいたのは、ユノをこれまで以上の力を与えるためかつ自分とユノを融合して新たな力を得るために必要な魔を補充するためだったんじゃないかなと思いますね。

 

強大な力を持つ精霊と天才的魔法騎士のユノが融合し、しかも新たな力を手にしたのですから、強いのは当然でしょうし、ここから戦況を有利にしてほしいです。

 

次回は、ゼノンが本気を出してくるのではないかと思います。

 

新たな力を得たユノがゼノンに一撃を叩き込みましたが、あれだけでゼノンを倒せればそれでいいのですが、それでもそう簡単には倒れないでしょう。

 

ゼノンは骨魔法を操りますが、恐らく彼の骨もかなり頑丈に出来ている可能性があり、何とか耐えしのぐのではないかと思います。

 

しかし、新たな姿のユノの一撃はかなりのものなのは間違いないのでそれ相応のダメージは負ったでしょう。

 

このままでは自分達の悲願は果たせないと思って、ダンテやヴァニカのように自分の中の悪魔の力を更に解放させていくのだと思いますね。

 

<< 275話 一覧 277話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました