スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい201話ネタバレ考察感想あらすじ!かぐやと白銀は同じクラス!?

漫画ネタバレ

2020年12月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年2号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』201話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜201話は、春休みが終わって新学期が始まりました。

 

かぐやや白銀は3年生となり、新学期になったのでクラス替えが実施されたのです。

 

かぐやは今回は外部進学クラスを選択したのだから、白銀と同じクラスになれるかもしれないし、そのために何度も神社に祈願してきたと思っていました。

 

果たして、かぐやの思い通りになるのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜201話『かぐや様は座りたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 200話 一覧 202話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい201話のあらすじネタバレ

新学期が始まり、石上や伊井野達は2年生になり、かぐやや白銀達は3年生に進学しました。

 

そして新学期を迎えたが故にクラス替えが始まり、多くの生徒達が自分のクラスは何処だと言わんばかりに張り紙を見ていました。

 

一方でかぐやは心の中で、今回は初めて外部進学クラスを選択したのだから、白銀と一緒のクラスになれる可能性があり、今日のために神社に何度も祈願したし、悪い事もしていない、と思っていたのです。

 

そこへ早坂が来て、何時までうだうだしてないで見たら、と言うとかぐやは、見に行ったら答えが分かっちゃうし、別のクラスだったらどうするの、と怒ります。

 

早坂は、ド正論ヅラでゴネられても困るし、少なくとも自分はかぐやと同じクラスだから孤立はしない、と言うとかぐやは、他の人はどうなの、と聞くと早坂は、自分の目で確かめて、と言ったのです。

 

かぐやは、意地悪、と言うと早坂は、友達は意地悪をするものみたいだ、と言いつつ、かぐやと共に3年A組の教室へと向かいます。

 

そこには柏木がいて、彼女の彼氏である翼もいました。

 

かぐやは、翼と同じ外部進学なのか、と柏木に聞くと彼女は答えに窮したのです。

 

そうしたらマキが来て、自分が外部を受けると言ったら進路を変えた、と言いつつ、何時も自分の真似をするのだから自分の進路は自分で決めてほしい、と呆れながら言いました。

 

そしてマスメディア部のかれんとエリカ、早坂の友達の火口と駿河も同じクラスでした。

 

かぐやは、自分の出席番号が10番で、駿河が12番だから11番は白銀かもしれない、と思って祈ります。

 

そうしたら進藤と言う男子生徒が現れたので、かぐやは心の中で、終わった、と落ち込みましたが進藤は違う席へと向かったのです。

 

かぐやは柏木に聞いてみると柏木は、あの人はサッカー部のエースである渡部神童だ、と答えたのでかぐやは内心、大層な名前の人だった、と思っていると白銀と千花が来ました。

 

その頃、3年A組の担任の大林が校長に、今回の3年A組は校長のお気に入りを集めたと言う噂だ、と言うと校長は、自分の主観はあれがベストだと判断したし、かぐやはこれから多くの人の助けが必要だと思うから、彼女の助けになる人物達を傍に置いた、と言います。

 

そして、生徒達が健全に学べる環境を作るのが教師の務めだ、と校長は言うと大林は、校長みたいに教師全員が聖人君子じゃないし、そんなクラスの担任が自分とかマジ教師辞めたい、と呟いたのです。

 

一方、石上は新しいクラスで自己紹介をすると、拍手で迎えられました。

 

これはつばめが作ってくれた空気だから上手くやれそうだ、と思いながら前の席にいる伊井野に、腐れ縁だな、と言うと伊井野は、何よ腐れ縁って、と呟いたのです。

 

そして彼らと同じクラスであり、難解女子の一人でもある不知火ころも現れました。

 

一方、かぐや達のクラスでは転校生としてマキの双子の弟であり、白銀が模試で負けた相手である帝がやって来たので白銀は驚きを隠せませんでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい201話の感想と考察

かぐやと白銀が同じクラスになれて良かったですが、この前の話の流れからもう外部進学クラスに進む事は決まっているから、そっちに一旦進んでから卒業後は四宮家で力をつける感じになったのでしょうね。

 

かぐやと白銀の他に早坂、マキ、柏木、翼、千花、エリカ、かれんとこの作品において高確率で登場する面々が一堂に会した感じがしますね。

 

石上の方も伊井野と同じクラスであり、つばめの影響があるせいなのか特に石上に対してブーイングが無いみたいなので、余程のミスを石上がしない限りは1年生の時よりはまともに過ごせるかもしれませんね。

 

そして今回のかぐや達のクラスの陣容は校長が決めたと言う噂になっていますが、言動から察するに真実なのでしょうね。

 

それに校長はかぐやにはこれから多くの助けが必要になると言う意味深な言葉を発していましたが、かぐやが置かれている立場に気付いているんじゃないかなと思いましたね。

 

最後に白銀が全国模試で敗北した相手であり、マキの弟である帝が転校していきましたが、これは何か怪しい感じがしますね。

 

四宮家と敵対関係にある四条家がもしかしたら白銀とかぐやの関係に気づいていて、それを潰して四宮家に恩を売ろう的な考えを持っていて、帝を転校させた可能性がありそうですね。

 

どちらにせよ、どうして転校したのかは次回で明らかになると思いますので楽しみです。

 

<< 200話 一覧 202話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました