スポンサーリンク

ゴールデンカムイ262話ネタバレ考察感想あらすじ!海賊が銃撃されてしまう!

漫画ネタバレ

2020年12月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年2号で、『ゴールデンカムイ』262話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ262話は、サッポロビール宣伝販売車に乗っている杉元達を見た土方は馬に乗って近くまで向かうと、アシリパが鶴見に捕まった事を知ります。

 

そして消防組に扮した鶴見達を見つけると、急いで追いかけ始めます。

 

部下達は銃撃を繰り出すも、海賊が一軒家を突っ切ってかわしてショートカットしたのですが、鶴見は行けと言うと部下2人は大きな袋を抱えた馬2頭に乗って2手に分かれたのです。

 

果たして、アシリパは馬か蒸気ポンプ車のどちらにいるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ262話『札幌麦酒宣伝車追跡劇』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 261話 一覧 263話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ262話のあらすじネタバレ

土方達はオルトログの遺体を積み荷に偽装していると、杉元達がサッポロビール宣伝販売車に乗っているのに気づき、土方は後の事を牛山達に任せると馬に乗って杉元達の元へと向かいます。

 

杉元は土方が追って来ている事に気づき、杉元は運転している海賊に、土方が来るから即ぞを落とせ、と言い、海賊は舌打ちしながらも速度を落とします。

 

土方は杉元達を見て、アシリパがいない事に気付くと、アシリパは、と言うと杉元は、消防組に扮した鶴見達に攫われた、と伝えたのです。

 

白石は辺りを見回していると消防組に扮した鶴見達を発見し、その事を伝えると海賊は急カーブして追いかけます。

 

真っ直ぐ行けば追いつくのですが、海賊が何故か真っ直ぐ走らなかったので杉元は、何処を走っているんだ、真っ直ぐ行け、と言ったのです。

 

海賊は目をこすらせながら運転していましたが、背中の傷から血が流れているのでかなり弱っている状態でした。

 

白石はその事に気づいて心配するも海賊は、これが王者になる男の雄姿なのだから、よく覚えておけ、と言いました。

 

そして鶴見の部下達は杉元達が乗るサッポロビール宣伝販売車がこちらに迫っている事に気づくと、食い止めて撃退しろ、と言って蒸気ポンプ車に隠してあった銃を取り出したのです。

 

行ってください、と鶴見達に言った部下達は銃を撃つ構えを取って、杉元達を引き寄せると一気に放ちました。

 

これに対して海賊は急カーブして銃撃を避けると、一軒家に突入して中にある物を蹴散らしながら突き進んでいき、一軒家から脱出すると大きな門を跳躍して鶴見達に追いつき始めたのです。

 

これに対して鶴見は、行け、と言うと部下2人を大きな袋を抱えている馬2頭に乗り、2手に分かれました。

 

白石は、どっちも大きな袋を抱えていたけどどっちを狙う、と海賊に聞くと海賊は、足の速い馬にアシリパを乗せて逃がすに決まっているし、そもそも蒸気ポンプに乗せているなら護衛を散らせる必要はない、と言ったのです。

 

しかし、鶴見のやり口をよく知っている杉元は、鶴見は自分達がそう読んでいると思っているはずだ、と言うと土方が馬を追いかけていったので杉元は、自分達は蒸気ポンプ車を追う、と言いました。

 

そして蒸気ポンプ車に近づいた杉元達だったが、杉元が銃を構えてもポンプが邪魔で撃てず、取りあえず横につける事にしたのです。

 

しかし、その事を読んでいた鶴見は拳銃を構えており、銃弾を発射して海賊の腹部に命中しました。

 

腹部を撃たれてしまった海賊は運転できる状態じゃなくなったので、白石が運転を担当する事になりました。

 

続いて拳銃を二丁手にしている菊田が現れ、銃口を白石に向けていたのです。

 

そして銃弾を連射していき、銃弾は白石に当たりそうになりますが、その瞬間海賊が瞬時に運転を白石から代わる事で銃弾をその身に受けました。

 

それによってサッポロビール宣伝販売車は柱にぶつかり、一向に動く様子のないサッポロビール宣伝販売車を見た菊田は、追って来られないようです、と鶴見に報告します。

 

そしてそのサッポロビール宣伝販売車から杉元が出てきたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ262話の感想と考察

状況的に考えて、完全に逃げ切りモードになっている鶴見達の方が優勢ですね。

 

杉元達側はサッポロビール宣伝販売車を運転できる唯一の存在である海賊は撃たれてしまいましたし、刀傷がある上に銃弾を何発も喰らってしまったのでこれは正直、命を落とす可能性が大だなと思いますね。

 

しかも土方は馬の方へと向かいましたし、牛山達は追って来ていませんでしたので、鶴見達を追跡する事がより困難になったのではないでしょうか。

 

もし土方が追っていた者の馬の袋にアシリパがいたのならいいのですが、もしいなかった場合は更に絶望的な感じだなと思いますね。

 

この光景を見ていた鶴見達は逃げ切れると確信している様子でしたが、杉元の様子がおかしいのでもしかしたら何か止める手立てが出来たんじゃないかなと思いますね。

 

次回では、杉元がサッポロビール宣伝販売車を運転するのではないでしょうか。

 

海賊が銃撃を喰らった事でサッポロビール宣伝販売車が電柱にぶつかってしまい、その際に白石も負傷をしたのではないかと思います。

 

杉元は何としてもアシリパを取り戻そうとするので、火事場の馬鹿力でサッポロビール宣伝販売車を道へと移動させてから追いかけるために運転するのではないでしょうか。

 

<< 261話 一覧 263話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました