スポンサーリンク

少年のアビス36話ネタバレ考察感想あらすじ!壊れかけの柴沢先生

漫画ネタバレ

2020年12月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年2号で、『少年のアビス』36話が掲載されました。

 

『少年のアビス』36話は、久々にチャコが登場して明るい雰囲気になっていたものの、今となってはもう彼女もただの明るいキャラではありませんでした。

 

ホラー感もありつつ、令児にある選択が迫られます回です。

 

本記事では、『少年のアビス』36話『デート』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 35話 一覧 37話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス36話のあらすじネタバレ

三者面談後、個人的な関係を抜いてまずは自分が担任である事を強調し、二日間の無断欠席を咎める担任の柴沢先生。

 

独断で三者面談を結構したことが気に入らないとしても既読もせず連絡もしない令児に対し、やっぱり子供と言います。

 

本当に守りたいだけという気持ちもわかってないと、言葉を並べますが、それらは全て令児本人に伝えるのではなく自宅玄関のドアの前で発された独り言でした。

 

一方で令児はチャコからのメッセージがありました。

 

それは、明日欲しい参考書があるから、隣町のショッピングモールについてきて欲しいということでした。

 

夕方までに戻るなら良いという母の許可を得た令児は、帰りにお弁当を買ってくる約束をしました。

 

玲くんがおいしそうなの選んできてと言う母は、にこやかな表情を見せています。

 

令児と死ぬために産んだのかもしれないと言われた令児は、それを否定しませんでした。

 

ただ、受験の事や色々不安定なチャコを大学に行くまでサポートしたいと令児は言いました。

 

ずっと仲良くしてくれた大事な友達の受験が終わったら、母さんのいきたいとこ行こうと令児が言うと、母は実に嬉しそうにその言葉を聞いていました。

 

翌日、この日は珍しくチャコが遅刻してくるようです。

 

せっかちなチャコはいつも先にいて怒って待ってるからと、電話で話しながら令児はバス停に向かいました。

 

遅れてやって来たチャコはいつもと違ってメガネも外し、フリルの付いたブラウスなどおめかししてきました。

 

デートコーデと得意げに笑うチャコに、令児の表情も自然と明るくなります。

 

予定通りまずは本屋に向かいました。

 

有名な塾の先生がお薦めしていたという参考書を見つけ、令児にも読んだ方が良いと薦めますが、どこか上の空の返事をしてしまいます。

 

本当に一緒に東京に行くのかを確認するチャコですが、令児は当然『うん』とだけ答えました。

 

自分がやることは高校卒業までチャコに嘘を吐き通すことと、令児は考えていました。

 

東京にさえ行けば、全てを過去にして前を向いて歩いて行けるとチャコの強さを信じていました。

 

それと、似非森から守るという事も忘れてはいません。

 

ショッピングモールの中にある雑貨やフードコートで楽しそうなチャコに対し、令児の本心は隠されたままでした。

 

6時までには帰らないという令児に、まだ3時と主張してチャコはネカフェに誘いました。

 

ハマろうか悩んでる漫画があるということで、令児も行くことにしました。

 

初めてのネカフェに戸惑う令児は、部屋に入るなり狭いと言いますが、チャコが広いと言えば広いと納得したようです。

 

漫画を読みに来たのに取りに行く気配もないチャコ。

 

唐突に、ナギに会っていないか確認されます。

 

会っていないと言うと、今度は令児が似非森と会っていないか確認します。

 

契約したから当たり前とチャコは言いました。

 

自分から言い出した『契約』という関係ですが、そんな事がないと疑いあうような関係じゃないと言うチャコは、まるで契約で繋がれているような関係が嫌なようです。

 

令児もそんな仲ではないことは分かっていました。

 

けれど、もう前のようには戻れないと言うなり、チャコはおもむろにブラウスを脱ぎ始めます。

 

驚いた令児は咄嗟に立ち上がり帰ろうとしますが、帰ったらもう二度と会わないとチャコは言いました。

 

落ちていきそうだと思いと吐露するチャコ。

 

宙ぶらりんで誰も信じられない状態のまま、深い暗いところにどんどん落ちていくと言いながら令児の肩に手を伸ばします。

 

つかまえててと抱きつかれ懇談される令児は、部屋のドアノブに手を掛けたまま開けることは出来ませんでした。

 

その薄いドアの向こうでは、担任の柴沢先生が寄りかかり、わかってないなーとドアノブを見つめていました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス36話の感想と考察

1話の時は生徒達に親しまれて明るい担任の先生というイメージでしたが、もうそんな面影は全くありません。

 

誰よりも深く暗いところに落ちてしまったようにすら思える柴沢先生に始まり、柴沢先生で終わった回でした。

 

たまたまショッピングモールで見つけたのか、ネカフェでみつけたのか、あるいは令児の家から追ってきたのか気になるところです。

 

担任の先生という立場上、家を知られているのが怖いところです。

 

読み始めて令児が学校に行ったのかと思いきや、玄関のドアの前で独り言だと知った時にドーンと落ちるような感覚がありました。

 

先生一人だけホラー感が増しているように思っていると、最後もやはりホラー的な演出で終わりました。

 

チャコはやはりこの作品や令児にとって明るい存在でありつつも、その心情や状況が明かされた今ではただ明るいだけではありませんでした。

 

それこそチャコが言うように、前みたいに戻れないという言葉が当てはまります。

 

そんな彼女が笑顔でショッピングモールを楽しんでいる姿には、令児もこちらも救いになっているような気がします。

 

ネカフェ独特の密室による空気と、半裸で懇願するチャコに令児はどうするのでしょうか。

 

そして、ドアの向こうの先生は一体何をするのか大変気になるところです。

 

<< 35話 一覧 37話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました