スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ186話ネタバレ考察感想あらすじ!関東事変で残された者たちのその後

漫画ネタバレ

2020年12月9日発売の週刊少年マガジン2021年2号3号で、『東京卍リベンジャーズ』186話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』186話は、まず、エマの葬儀が行われました。

 

その中でドラケンの行動に対しドラケン本人だけでなくタケミチたちも涙を流しました。

 

その理由とは?

 

その後、青宗・九井、鶴蝶、半間のことが描かれました。

 

それぞれ、どんなことが起きたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ186話『It’s been real』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 185話 一覧 187話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ186話のあらすじネタバレ

マイキー宅で行われたエマの葬儀。

 

家の前ではエマの知り合いと思われる黒髪の女性が泣いていました。

 

その葬儀には彼女の知り合いと思われる女性たちの中にタケミチたち東京卍會の面々がいました。

 

そして、この葬儀にはヒナや八戒の姉の柚葉も参加していました。

 

毅然とした態度を取っていたマイキーは葬儀に参加者に挨拶をしようとしました。

 

しかし、その話を遮ってドラケンが立ち上がり、前にやってきました。

 

そして、彼はマイキーと彼の祖父の方を向きました。

 

2人の方に体を向けたドラケンは、祖父にエマが好きだったことを告げてから土下座で謝罪しました。

 

「彼女を守れなかった」

 

ドラケンが謝罪したのは、エマを守ることができることができなかったことに対してでした。

 

謝罪するドラケンの姿に対して、タケミチの目からは大量の涙が流れました。

 

「アイツもきっと浮かばれる」

 

マイキーの祖父はエマがドラケンのことが好きということに気付いていました。

 

そして、今のドラケンの行動に対して天国のエマも喜んでいると思っていました。

 

そんな祖父の対応に対してドラケンは大声で泣き出しました。

 

そして、彼の泣き声が会場ないに響く中、三ツ谷・千冬・ヒナも泣いていました。

 

ちなみに、青宗は泣くのを堪えていました。

 

葬儀後、夜道で青宗は九井と再会。

 

九井は青宗の肩をポンと叩いて、コンビを解消して自分の道を行くことを伝えました。

 

その後、舌を出して「自分は支えることがもうできなから道を間違えるな」と忠告。

 

そして、2人は互いに別れの挨拶をしてその場から去って行きました。

 

別の日、鶴蝶は自分が育った施設にやってきました。

 

まず、入り口を見た彼はイザナと雪を見てはしゃいだ時のことを思い出しました。

 

続いて、雪が積もっている外に向かってイザナと走る姿を玄関を見て思い出しました。

 

最後に向かったのはイザナに声をかけられたあの場所。

 

当時の鶴蝶はその場所で親の墓を作っていました。

 

「安らかに眠れよイザナ」

 

彼は雪で小さな山を作って、そのてっぺんにイザナの耳飾りを刺しました。

 

鶴蝶が作ったのはイザナの墓で、イザナの供養をしてその場から去ろうとしました。

 

その後、エマとイザナの死についてこのように処理されることになりました。

 

“主犯の稀咲と共犯の半間による殺人事件“

 

すでに稀咲は死亡していますが、半間はどうなったのでしょうか?

 

ある夜、ラーメン屋で半間は食事をしていました。

 

そして、会計を済まして外に出ようとしますが、現状に不満を持っているようでした。

 

「逃亡者にも飽きてきたな」

 

半間はバイクでどこかへと消えて行きました。

 

実は半間は逃亡者として逃げており、いまだに捕まっていませんでした。

 

そして、マイキーは真一郎にもう一人兄がいたらどうするか質問された時にいた防波堤にいました。

 

「よし決めた」

 

この時、マイキーは何かを決意していました。

 

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ186話の感想と考察

まず、エマの葬儀が描かれました。

 

その中に柚葉がいたのは予想外でした。

 

そして、河田兄弟の制服姿を初めて見ました。

 

学ランだと思っていたのですがそうではありませんでした。

 

意外と似合いますね。

 

葬儀後、青宗と九井が再会して最後に別れました。

 

今回の戦いでタケミチのミッションに九井の奪還がありました。

 

しかし、九井は東京卍會に戻ってくることは無さそうです。

 

仮に、タケミチが未来に戻った際に九井が登場するのか気になりました。

 

続いて、エマとイザナの殺害の共犯者の半間は逃亡者になっていました。

 

バイクに乗る際のセリフが何か企んでいる印象を持ちました。

 

新章でもしかすると彼の登場はあるかもしれませんね。

 

そして、次回はどうやら抗争後恒例の総決算の回になるようです。

 

2020年中に関東事変に関してが全て解決&2021年から本格的に新章突入。

 

いい区切りの付け方だと思いました。

 

今までタケミチの壱番隊隊長就任や稀咲の東京卍會追放というようにサプライズ発表がありました。

 

今回も間違いなくサプライズ発表があると思います。

 

ちなみに、ここでの発表が新章のタケミチに大きな影響を及ぼすのは確実だと思います。

 

どんな発表があるのか2週間考えながら次回を待つのもいいかもしれませんね。

 

<< 185話 一覧 187話 >>
東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました