スポンサーリンク

パラレルパラダイス139話ネタバレ考察感想あらすじ!ヨータ達に置いていかれたロミー!?

漫画ネタバレ

2020年12月7日発売の週刊ヤングマガジン2021年2・3合併号で、『パラレルパラダイス』139話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス139話は、ルーミはヨータにロミーはガーディアンの中で落ちこぼれであり、ピアノを助けるなら自分達で行ったほうがいいと助言します。

 

その夜、ロミーは窓からヨータ達がいる部屋へとやって来るも、そこにはヨータ達は誰もいませんでした。

 

この様子を見ていたロミーは置いていかれたと呟くと共に、やはり自分は役立たずとされてしまったのか、ピアノ以外誰もロミーを信じてくれないと1人呟きました。

 

果たして、本当にヨータ達はロミーを置いていったのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス139話『苦い思い出、痛い想いで。』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 138話 一覧 140話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス139話のあらすじネタバレ

ルーミはヨータに、ロミーはガーディアンの中では落ちこぼれだから、ピアノを助けるのは自分達で十分だ、と言ったのです。

 

その夜、ロミーは窓からヨータ達の部屋に侵入するもそこにヨータ達の姿はありませんでした。

 

置いていかれたのか、やはり自分が役に立たないとされたのか、ピアノ以外誰も信じてくれない、と一人呟くロミー。

 

ピアノはロミーに、ロミーが強いのは知っているし、訓練の時もロミーには勝てないと思ったし、例の事件以来調子を崩してるだけだから気にしないでほしいし、ロミーの力が必要だ、と言って信じていたのです。

 

それ故にロミーは、今回の救出劇でピアノにいいところを見せたかったし、ピアノの思いに応えたかったのに、落ちこぼれだから連れていってもらえなかった、と言って涙を流します。

 

そこへヨータ達がやって来たので、置いていかれたと思ったロミーは驚いたのです。

 

ヨータは、自分達は偵察に行っていて、この時間帯でもグランドスールの詰め所には3人もいたから今夜奇襲するのではなく、移送中に助ける事にした、と言います。

 

ルーミも、グランドスール全員が街を空けて移送する事はないからその方が確実だ、と言ったのです。

 

ロミーは、自分が落ちこぼれだと思って置いていったのではないのか、と聞くとヨータは、ロミーが自分に言った事を忘れたのか、と言いつつ、ロミーはピアノを助けてほしいじゃなくて助けたいと言ったんだ、と言います。

 

続けて、落ちこぼれかどうかなんかはどうでもいいし、それよりもロミーの思いの方が重要だから絶対に置いていったりはしないし、ピアノを助けるのはロミーの役目だろう、と言うヨータ。

 

ヨータの言葉を聞いたロミーは感動していたのかロボット状態から元の顔に戻っていたので、ヨータにその事を指摘されるとすぐさま元に戻しつつ、熱暴走で故障した模様、と言ったのです。

 

ルーミは、多分興奮したんじゃない、と言うとロミーは必死に否定します。

 

ヨータは、興奮したかどうかは兎も角戦いに勝つためには情報が必要だからピアノが何時城を出て、お城へ向かうかの情報を手に入れてほしい、と言うとロミーは、情報戦はロボの得意技だから任せてほしい、と言ったのです。

 

家に戻ったロミーはロボット顔からいつもの顔に戻ると、パンを食べながらも、ヨータの事を考えると体内の温度が上昇するから故障したのではないか、と呟きながら食べ終わると情報を集めに出かけました。

 

しかし、グランドスール達から呼び出しを受けたロミーはその内容を聞いて顔色を青ざめたのです。

 

翌日、ロミーはヨータ達の元へとやって来ると、ピアノが今日処刑される、と言うとヨータは驚きながら理由を聞くとロミーは、ピアノは不敬罪を犯したから裁判なしで処刑される、と答えます。

 

そしてヨータ達は処刑場へと向かうと、全裸で磔にされているピアノとグランドスール達がいて、ミミが多くの人達に対して、これより国母に逆らったガーディアンを処刑する、と宣言したのです。

 

スポンサーリンク

パラレルパラダイス139話の感想と考察

ヨータ達は詰め所に行ってピアノを奪還するのではなく、グランドスール達が全員で出張る事が無いであろう護送中に奪還する事に決めましたが、彼女達は更に深読みしていましたね。

 

多分この策略はミミが考えたのかもしれませんね。

 

ピアノの事を不敬だと結構騒ぎ立てていましたし、残る2人もピアノが国母の考えに疑問を抱いているのも知っているので、特に反対しなかったのでしょうね。

 

それに移送すれば、ヨータ達が奇襲を仕掛けてきたら多くの人々が犠牲になると考え、最初から不敬罪として処刑する事にすれば、自分達に有利な環境を作り出せるし、ヨータ達を否応なしに引きずり出す事が出来ると踏んだのだと思いますね。

 

移送中の奇襲ならヨータ達にも十分に勝機があると思いましたが、先に有利な環境を作られてしまったのでかなり厳しいのではないでしょうか。

 

どちらにせよ、ピアノを助けるためにはもう真っ向から挑むしかないので頑張ってほしいものです。

 

ピアノを奪還するためにはロミーの存在がキーとなりますが、今回の話でロミーは本当はピアノよりも強いとされていますが、ある事件のせいで力が出せない事が明らかになりましたね。

 

そのある事件も近いうちに明らかになるのでしょうね。

 

<< 138話 一覧 140話 >>
パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました