スポンサーリンク

アルキメデスの大戦245話ネタバレ考察感想あらすじ!二人の待ち合わせ場所

漫画ネタバレ

2020年12月7日発売の週刊ヤングマガジン2021年2・3号で、『アルキメデスの大戦』第245話が掲載されました。

 

『アルキメデスの大戦』第245話は、天才ゆえの宿命か、またもや独りぼっちになる櫂が描かれます。

 

兵棋演習第二戦。櫂は青軍の攻撃目標がミッドウェー諸島と読む。

 

将官たちは櫂の読みは間違っていると進言するが櫂は聞き入れない。

 

そんな櫂の態度に将官たちは…

 

 

本記事では、『アルキメデスの大戦』第245話[二人の天才]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 244話 一覧 246話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

アルキメデスの大戦245話のあらすじネタバレ

【兵棋演習・赤軍の部屋】

 

赤軍(米軍)司令官となった櫂。

 

赤軍に配置された将官たちを前に、青軍(日本軍)の攻撃目標は「ミッドウェー諸島」だと断言します。

 

 

ざわ…

 

ざわざわ…

 

 

将官たちは顔を見合わせ、ミッドウェー島ってどこだ?どこにあんのよ?とヒソヒソ。

 

見かねた櫂は、ミッドウェー諸島がハワイから北西に275キロにある小さな島々からなる環礁地帯であることを教えます。

 

将官たちは櫂の説明を受けて皆 口々にそれはない、ないわ~と声に出して呆れ顔。

 

たまらず将官の一人、人見中佐が青軍が向かうのは北ではなく南だと進言します。

 

ハワイに打撃を与えた日本軍はこの機に東南アジアの資源帯を狙う、よって南方に向かうはずだと。

 

周りの将官たちもこの意見に賛同。

 

しかし櫂は日本軍の攻撃目標は北西にあるミッドウェー諸島にあるとの考えを曲げません。

 

櫂は将官たちになぜミッドウェーなのかを説明します。

 

 

青軍を指揮する黒沼は兵棋演習が行われる前に統監室で三ヵ月で戦闘を集結させると発言していました。

 

この発言からも黒沼の狙いが短期決戦であると櫂は確信していたのです。

 

つまり、南方の東南アジアをいくら攻めたところで米国は動かない。

 

当然 講和になど応じるはずはない。

 

手っ取り早く米国を講和会議の場に引きずり出すなら、米国民に危機感を抱かせる以外ない。

 

ではどうやって?

 

それはハワイ島の占拠。

 

ハワイから米国本土西海岸を狙う構えを見せ、米国民に脅威を与える。

 

そうすれば否が応でも米国政府は講和へと動く。

 

しかしハワイ島占拠は一朝一夕には不可能。

 

なぜならハワイには米国陸軍二個師団が配置されており、その数はおよそ2万8千人。

 

これを降伏させ制圧するには少なくとも六個師団8万4千人が必要。

 

日本本土からハワイに兵と兵器を送り込むと考えた時、洋上に前線基地を設置した場合とそうでない場合とでは占拠までの時間や成功率が違ってきます。

 

そこで浮かび上がるのがミッドウェー諸島。

 

ハワイ近海で唯一航空基地を設置可能な拠点がミッドウェー。

 

日本が米国と戦って勝利するための戦略上最重要にして絶対に奪取しなくてはならない島々なのです。

 

よって短期決戦を考える黒沼の狙いは間違いなくミッドウェー諸島だと櫂は将官たちに言い切りました。

 

 

ポカ――――ン

 

 

将官たちは櫂の理路整然とした説明、その説得力に皆 言葉がありません。

 

そんな中、先ほど櫂に進言した人見中佐は悔し紛れからか、そうはいっても黒沼の策略かもしれませんよと櫂に揺さぶりをかけます。

 

黒沼はあえて櫂に短期決戦だと教えたのではないかと。

 

つまり、櫂の読み、その裏を突いて南方の東南アジアに黒沼は艦隊を派遣する可能性を指摘したのです。

 

 

ざわ…

 

ざわざわ…

 

 

櫂の説明に死人のように押し黙っていた将官たちでしたがこれで息を吹き返します。

 

人見中佐の言う通りだ、日本軍が向かったのは南方だ、櫂の読みは間違いだと大騒ぎ。

 

櫂は騒ぎを黙らせるべく、自分が司令官であり、作戦の指揮決定権は貴方たちにはないと一喝。

 

 

シ――――ン

 

 

上下関係が厳しい軍人の世界、これには将官たちも黙る他ありません。

 

演習とはいえ立場は櫂が上なのです。

 

人見中佐以下、将官たちは皆 はじめから櫂に対して協力する気にはなれませんでした。

 

そして櫂のこの一喝でその思いは決定的となり、協力どころか負けてしまえ、恥をかけばいいとさえ思うほどに…

 

 

【兵棋演習・統監室】

 

統監部に配置された将官たちは皆、この第二演習には無理があるのではないかと思っていました。

 

青赤(日米)両軍の攻撃目標が事前情報も何も無い中、広い太平洋上の一点で一致するなどあり得ないのでは?と疑問を抱いていたのです。

 

やがて赤軍・青軍の動きを伝える報告が統監室に入ります。

 

将官たちは両軍の編成と配置を聞いて驚きを隠せません。

 

山本や南雲をはじめ、皆 なぜ両軍はこんな北西海域に向かっているのだと首を傾げるのでした…

 

スポンサーリンク

アルキメデスの大戦245話の感想と考察

どうやら山本ですら黒沼がミッドウェー諸島を狙うことを知らなかったようですね。

 

意外でしたね…山本は知っていると思っていました。

 

てっきりこの作戦が米国に通じるのか否かを櫂相手に確かめようとしているとばかり…

 

そうなると、この第二演習で山本はミッドウェー諸島の重要性に気がつくわけですよね。

 

これは櫂にとってはおそらく山本には知られたくなかった事案でしょう。

 

とはいっても黒沼が気づいてしまっている以上、山本が知るのは時間の問題だったとは思いますが…

 

仮にこの第二演習で櫂が黒沼を打ち砕いたとしても、それは貴重なデータとなります。

 

演習は実験場ですから。

 

たとえ実験が失敗(敗北)に終わったとしても、またそこから学べばいいのです。

 

むしろ実験が失敗に終わった時の方が実りは大きいかもしれません。

 

櫂はコテンパンに日本軍を叩くことで山本をはじめ将官たちの心を折りたいと思っています。

 

ですが先に書いたように、演習が敗北からも学べる場である以上、山本や黒沼の心がそう簡単に折れるとは考え難いですよね。

 

むしろ演習の敗北を糧にしかねません。

 

これは勝っても負けても、櫂にとってというか日本にとって何も良い方向には進まないのでは?という気がしてきました。

 

次回からいよいよ二人の戦いが始まりますけれど、勝敗結果よりもいかにして櫂が「大和」を沈没させるのかが楽しみですね。

 

<< 244話 一覧 246話 >>
アルキメデスの大戦を漫画BANKやrawやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『アルキメデスの大戦』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました