スポンサーリンク

カイジ372話ネタバレ考察感想あらすじ!ついに開けられたパンドラのカバン

漫画ネタバレ

2020年12月7日発売の週刊ヤングマガジン2021年2・3合併号で、『賭博堕天録カイジ』372話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』372話は、カイジが酔い潰れたところを見計らって、石高と木崎はクルマの中にあるカバンを開ける為に外に向かいました。

 

遂に明かされるカイジのうった防御策の正体、そして、今度はカイジが攻撃に転じます。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』372話『開帳』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 371話 一覧 373話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

カイジ372話のあらすじネタバレ

石高の両親も交えての呑み会で、カイジとチャンはすっかり酔い潰れてしまいました。

 

まだ意識のあるチャンを、寝てしまった父を部屋に連れて行かせることに成功した石高はこの隙に木崎とクルマに向かいました。

 

罪悪感も無くカバンのチャックに手を掛けていた頃、チャンは石高の父を部屋に送り届けていました。

 

安心して部屋に戻ると、2人がいないことに気付きます。

 

石高の母が煙草を吸いに外に行ったかもしれないと言うので、そんなのここでいいのにと言いつつ、再び1人でグラスを手にするチャン。

 

カイジもマリオも『はむ』という謎の寝言を漏らしていて、2人ともエロい夢でも見ているのだろうと思っていると、チャンは気付きました。

 

いなくなった2人は煙草を吸いに行ったわけではなく、カバンの中に入っていると思い込んでいるエロ本を確認しにクルマに向かったのだろうと思い、カイジに声を掛けて部屋を飛び出しました。

 

テーブルに突っ伏していたカイジは、2人がカバンを覗きに行ったと聞かされて返事こそしなかったものの、すっかり目は覚めていました。

 

カイジがうった防御はあるものの、それは時間を掛ければ突破できるものであり、中にある大量の現金を見られてしまえば犯罪の臭いしかしないもので、警察に通報されかねません。

 

石高を見つけるや否や、チャンは掴みかかりその腕を止めようとしました。

 

しかし、カイジがうった防御策である、カバンのチャックとカバンに付いた輪っかを針金でグルグルに固定されているのでどれもこれも開けられないと諦めていました。

 

楽しみにしていたのに見れないと嘆く石高を前に、安堵の表情を浮かべるチャン。

 

しかし、木崎はその違和感に気付いてしまいました。

 

昨晩は確かに石高がいずれかのカバンのチャックを開け閉めしていたのだから、どれかは開くはずだと言い、2人はそのカバンを探します。

 

針金防御は完遂してあり、開封は不可能と信じていたチャンはもう慌てることもなく2人の動向を静観していました。

 

ニコニコマークのバッジが付いたカバンを見つけ、昨晩のチャックを開閉したカバンはこれで間違いないと2人は盛り上がります。

 

ロックされていることは摩訶不思議であってもカイジが後から説明するとチャンは心に留めながら見ていると、なんとそのカバンは針金が付いていませんでした。

 

耳なし芳一のようなうっかりミスに、チャンは再び止めに入ることになってしまいましたが、木崎に止められてしまいます。

 

オレ達エロに躊躇なし、とカバンを開けた瞬間、チャンはうなだれ言い訳を必死に考えていました。

 

嬉々としてカバンを開け、エロ本が入っていると思い込んでいた石高の表情は一変して青ざめました。

 

そこへカイジがやって来ました。

 

再三再四くどいくらいにやめるように言ったのにと言いながら歩み寄り、パンドラの箱と携帯のロックは開けて良いことあった例がないと笑みを浮かべながらカイジは淡々と語ります。

 

こんな事態や展開をちょっと察していたと言う石高は冷静に、カバンの中身について話し合おうと言いました。

 

スポンサーリンク

カイジ372話の感想と考察

カイジが取った防御策は実に原始的なもので、針金でくくってしまうというものでした。

 

前々回で見せたニッパーは、これに使われたものだったようです。

 

おそらくカイジは耳なし芳一のようなうっかりミスではなく、昨晩石高がチャックの開閉をしてしまったこのカバンだけをロックしないことで違和感を無くす作戦だったと思います。

 

開けられたものまでロックされていたら、それこそ不信感を持たれてしまい、なおかつ更にカバンの中身への興味が沸いてしまう可能性もあります。

 

とはいえ、石高の反応から察するに現金をそのままにしておいたわけでは無さそうです。

 

もしかしたら、殺人事件を犯したように血痕の付いたナイフや手袋が入っていて、逃亡中の殺人犯という演出をしているのかもしれません。

 

それこそ通報されそうなものですが、気の弱い石高を脅すくらい容易いと読んでのことかもしれません。

 

合併号なので、カバンの中身が判明するのは再来週になってしまいますが、カイジの意味ありげな笑みや言葉に加えて、カバンの中身を見た途端に狼狽した石高の表情や言葉からも現金ではないように思えます。

 

中国人であるチャンが『耳なし芳一』を知っていることから、もしかして発祥は中国なのかと思い調べてみましたが、山口県下関発祥の会談とのことで、チャンが物知りというだけでした。

 

<< 371話 一覧 373話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレカイジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました