スポンサーリンク

エデンズゼロ121話ネタバレ考察感想あらすじ!シキやワイズたちに迫る新たな敵

漫画ネタバレ

2020年12月2日発売の週刊少年マガジン2021年1号で、『エデンズゼロ』121話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』121話は、まず、自分の能力を試した結果レベッカは色々気づくことができました。

 

果たして、彼女は何を知ったのか?

 

そして、シキ・ホムラ組とワイズ・ハーミット組にそれぞれ新たな敵が迫ろうとしていました。

 

果たして、彼らに迫る敵とは?

 

本記事では、エデンズゼロ121話『愛しいガラクタちゃん』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 120話 一覧 122話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

エデンズゼロ121話のあらすじネタバレ

ブリトニーを倒したレベッカは家電ショップ内の服屋で衣装チェンジをしていました。

 

ちなみに、ブリトニーを閉じこめた掃除機と今着替えている服の代金は4万3000Gだそうです。

 

「ちょっと試したい事あるの」

 

レベッカは試したいことがあったのでピーノにメモ帳とペンを渡しました。

 

そして、レベッカ本人に見えないように言葉を書くよう指示しました。

 

ピーノが書いた文字は“human”(人間)でしたが、ピーノに背を向けたレベッカは“りんご”と回答しました。

 

答えを聞いたレベッカは能力を発動。

 

そして場面が再び服屋で着替えている場面になりました。

 

レベッカは戻ることに成功したことに喜ぶ一方、少ししか戻っていないのでこれが限界か気になっていました。

 

そこで、彼女はピーノに言葉を書くよう指示しました。

 

そして、書いたものを今度は即答しました。

 

「操れるようになった‼︎」

 

自分の能力を使いこなせるようになったと思ったレベッカはもう一度能力を発動しました。

 

その結果、またしても服を着替える状況に戻りますが、今度は脱力感に襲われてしまいました。

 

さらに、彼女の顔にヒビが入りました。

 

この結果、戻ることができる時間は数秒で一度戻るとそれより過去には戻ることが不可能。

 

さらに、連続使用は危険ということがわかりました。

 

「名付けて「リバース」よ‼︎」

 

急にレベッカは能力に名前をつけました。

 

一方、シキとホムラは泉にたどり着きました。

 

シキは仲間を探したいと思っていましたが、ホムラはもう少し泉に浸かりたいと思っていました。

 

そして、ホムラは気になっていることをシキに質問しました。

 

「マザーが叶えてくれる願いが…もし一つだけとしても…私たちは友達でいられるだろうか」

 

もしそうだとしたら、シキは友達の方を選ぶので願いを諦めると考えていました。

 

その直後、人の気配と感じた2人は泉から逃げようとしました。

 

その頃、シキにやられたオークが誰かに連絡をしていました。

 

連絡をしていた相手は獣王一番隊の天狗の面をしている人物でした。

 

そして、一番隊の3人はシキをターゲットにしました。

 

宇宙空間では、ワイズ・ハーミット・ジン・クリーネ・ラグナは巨大な衛星サーバーを攻撃していました。

 

そして、ジン・クリーネ・ラグナの援護の甲斐あってワイズとハーミットはサーバー内部に潜入しよとしていました。

 

ちなみに、この時ワイズには気になることがありました。

 

それはサーバーにやってきたのにハーミットが感染しないのかということでした。

 

彼の質問に対してハーミットは彼はびっくりさせました。

 

そして、中に侵入した2人はサーバーに向かおうとしますが、移動を始める前にハーミットがワイズに1つ頼みごとをしました。

 

「もしも私がおかしくなっちゃたら迷わず破壊して」

 

その頼みに対してワイズはその時がきたら彼女を直そうと思っていました。

 

そして、広い部屋にたどり着いた2人の前には誰かがいました。

 

「やあ私の愛しいガラクタちぁあああん」

 

そこにいたのはミュラー博士でしたが、彼は全身機械化した姿をしていました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ121話の感想と考察

今回の前半はレベッカのキャットリーパーの能力についての話でした。

 

ドラッケンの時のように世界の番号が変わるほどの移動に関しては謎のままでしたが、今回は少しの時間だけ戻ることに対して色々明らかになりました。

 

まず、一度戻った時間よりも過去に戻ることは不可。

 

続いて連続使用についての話がありましたが、レベッカはブリトニーを倒すときと今回2回連続の計3回発動させてバテバテになってしまいました。

 

一定の時間を開けたら問題がないのかもしれませんが、連続して同じ時間に戻ると負荷がかかるのかもしれませんね。

 

また、連続使用で顔にヒビが入ってしまいましたが、今後能力の使用に伴いヒビの範囲が大きくなるのではないかと思いました。

 

そして、後半はまずシキ・ホムラ組に獣王一番隊が迫ろうとしていました。

 

隊の番号は強さの順位だと思うので、強敵になりそうですね。

そして、衛星サーバーに向かったワイズとハーミットの前にミュラーが登場。

 

ミュラーが“ドクノの機械”と言っていますが、それはジギーを指すと思います。

 

そうだとすると、ミュラーはジギーの仲間になったようです。

 

2人の出会いがとても気になりました。

 

そして、次回予告は『勝利の巨人』。

 

次回はミュラーとの戦いになってその勝利の鍵が巨人ということになる違い無いと思います。

 

タイトル通り巨人が出現するとしたらどんなものかとても気になりますね。

 

<< 120話 一覧 122話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレエデンズゼロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました