スポンサーリンク

ブラクロ273話ネタバレ考察感想あらすじ!各地で進んでいく準備!

漫画ネタバレ

2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプ2020年52号で、『ブラッククローバー』273話が掲載されました。

 

ブラッククローバー273話は、スペード王国ではダンテはダイヤモンド王国を追われたモリスの手で順調に回復しており、クリフォトの樹も成長していました。

 

そしてアスタはリーベとの融合を終えると共に、ナハトが展開させた魔法をマナゾーンごと打ち消す事に成功し、ナハトは反魔法が本来の実力を発揮すればやはり最強だと思いながら自分の負けを認めたのです。

 

アスタは早く行こうと言うもナハトははっきり駄目だと言ったので、アスタは理由を問いました。

 

果たして、ナハトが何が理由でアスタに駄目だと言ったのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー273話『運命の日』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 272話 一覧 274話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ブラッククローバー273話のあらすじネタバレ

スペード王国にある城ではゼノンがモリスと言う人物に、ダンテの容体は大丈夫なのか、と尋ねます。

 

モリスはかつてダイヤモンド王国の魔導学を担っていた人間であり、マルスの手によって追放された人物でした。

 

モリスは、自分の手にかかれば何の問題もなく回復するし、強くもなる、と言いつつ、降臨の儀の魔力も自分が作ったカンデロが集めたのだから信用してほしい、と言います。

 

そして、裏切り者のマルスのせいで王国を追われたがより面白い所に来る事が出来たから、ゼノン達に感謝している、と言うモリス。

 

カプセル内に入っているダンテはアスタに切り刻まれた傷を癒しつつ、心の中では、またアスタと戦うのが楽しみだ、と嬉しそうな表情をしていました。

 

ゼノンは、他の準備に抜かりはないな、と念押しして言うとモリスは、至って順調だ、と言うとモリスに追随したであろうロータスにも同意を求めます。

 

ロータスは同意しつつも、目の前にいる巨大な怪物とカプセル内に閉じ込められているヤミとヴァンジャンスの魔力で成長しつつあるクリフォトの樹を見て心の中で、色々とやばそうだ、と思っていたのです。

 

そして修行中のアスタはリーベと融合し、その力をフルに使ってナハトが周囲に展開していた魔力を切り裂いたのです。

 

その一撃はナハトが悪魔と融合した右腕の魔力も掻き消していて、ナハトは冷や汗をかきながら心の中で、自分への攻撃はわざと外したな、と思いつつ、実態のない自分の魔法をマナゾーンごと消し去ったのだから反魔法はフルに実力を発揮すれば最強だ、と思います。

 

そして、自分の負けだ、とアスタに告げるとアスタはフラフラの状態で、早く行こう、と言うもナハトは、駄目だ、と言い放ったのです。

 

アスタは、自分とリーベは融合できたじゃないか、と言うとナハトは、ほんの一瞬だけなれただけで完全に身に着けたわけではないし、それはアスタも分かっている筈だ、と言い返し、事実なのかアスタはぐうの音も出ませんでした。

 

続けてナハトは、今のまま戦場に行っても最終的には命を落とす事になる、と言いつつ、影魔法でアスタを見てきた、と言ったのでアスタは驚きます。

 

アスタは魔力を持たず生まれ、リーベに憑かれ、過酷な運命に振り回されたがずっと正しかったし、自分は正しい人間が報われるとは限らないと言ったが、正しい人間には報われてほしい、と言うナハト。

 

そしてナハトは、ギモデロだけは置いていくし、自分達で出来る事をしておくから必ず仕上げてこい、と言って背を向けて歩き出し、アスタは大きな声で返事しました。

 

ギモデロは震えながら、あんなのを喰らったら命を落とす、とナハトに恨み言を言い、他の悪魔達は同情している様子でした。

 

その頃、クローバー王国ではユノ、ランギルス、フエゴレオン、ジャック、シャーロット、ノゼル、ドロシー、リルが出現の準備を終えており、その中には何故かセッケがいて、完全に場違いじゃないかと言う表情をしていたのです。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー273話の感想と考察

これまで名前しか登場していなかったモリスが登場しましたが、如何やらスペード王国に忠誠を誓っている様子でしたね。

 

ダイヤモンド王国に元々所属していた彼はマルスの手によって追放処分になり、行く当てもなく彷徨っているとダークトライアドの面々に拾われたのかもしれませんね。

 

モリスは魔導戦士を生み出す実験を行っていたので、それにダークトライアドは目をつけたのでしょう。

 

それにダークトライアドが軍勢を引き連れてハート王国やクローバー王国へと攻め入る前にダイヤモンド王国を壊滅に追い込んでいましたが、マルス達はどうなったのか気になるところです。

 

勿論、国を守るために戦ったのだと思いますが圧倒的な力の前に敗北してしまったものの、それでも諦めずに戦うためにレジスタンスに加わっているのかもしれませんね。

 

それとナハトはもしかしたらこの戦いで命を落とすかもしれないんじゃないかなと思いましたね。

 

ナハトはアスタに自分の悪魔であるギモデロを置いていきましたが、ようやく融合が完成したのでその疲労を取り除かせるためかつアスタが無茶をしないように見張り役として置いていったのかもしれません。

 

しかし、ダークトライアドと戦うのに悪魔を置いていくのはどう考えても無茶ですので、もしかしたら戦いの中で命を落とす可能性が高そうですね。

 

<< 272話 一覧 274話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました