スポンサーリンク

ぼく勉184話ネタバレ考察感想あらすじ!駆けつける真冬の同級生達

漫画ネタバレ

2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプ2020年52号で、『ぼくたちは勉強ができない』184話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない184話は、成幸は学生時代に文化祭を楽しめなかった真冬を楽しませようと一緒に回っていました。

 

真冬は教師となってから文化祭を何度も見てきたのだが、成幸と回っていると何故か学生時代の成幸と学生時代の自分が共に回っている気分になっていたのです。

 

そして夜になり、真冬は一人で座っていると成幸が天田を始めとした真冬の同級生だった人達を連れてきました。

 

果たして、同級生達は今の真冬を見て、何て声をかけるのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない184話『[X]=薄氷の女王編⑦』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 183話 一覧 185話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ぼくたちは勉強ができない184話のあらすじネタバレ

青春の学生生活を楽しんでもらうと言う事で真冬は成幸と行動を共にし、射的を行ったり、被り物を買ったりしていました。

 

今日は思い切り青春の学園生活を味わってもらう、と言っていた成幸の言葉を思い出した真冬は心の中で、教師になってから毎日見てきたはずなのに、と思いつつ、脳裏には学生時代の自分と成幸が共に歩いている光景が浮かび上がったのです。

 

そして夜になり、真冬は花壇の上に座っていましたが成幸がいないので辺りを見回しているとふと心の中で、これでは自分が一緒にいたいみたいじゃ、と思いながら顔をぶんぶん振っていました。

 

そこへ成幸がやって来たので真冬は、今のは違うと、否定するも成幸の後ろには天田を始めとした同級生達がいたので驚きを隠せませんでした。

 

天田は、成幸が当時のクラスメイトを集めたいと頭を下げたから一肌脱いだ、と言い、成幸も視線をそらしながら、勝手な事をしてすみません、と真冬に言います。

 

同級生は一度真冬ときちんと話がしたかったのか、どんどん声をかけてきたので真冬は戸惑っていました。

 

同級生達は、皆で校庭にタイムカプセルを埋めたから掘り起こそう、と言う話をし始めたので真冬は、自分は辞退する、と言うも成幸は、一緒に行こう、と真冬の手を握ってタイムカプセルが埋められている場所へと連れていったのです。

 

着いた時にはタイムカプセルは掘り起こされていて、そこには真冬のノートがあったので入れた記憶が無い真冬は驚きを隠せませんでした。

 

天田は、真冬は文化祭の時にいなかったから真冬の分はクラス一同から寄せ書きノートを埋めた、と言い、真冬はノートを開いていくと真冬に対するメッセージが幾つも書かれてありました。

 

どれも悪口が書かれているわけではなかったので、真冬はじっくり読んでいくと輝明のメッセージもありました。

 

何時か真冬が悩みを話した時、間違いかどうかは終わらないと分からないと言ったがあれは嘘であり、これを読んでいるときに悩んでいたら周りを見ろ、と言う輝明のメッセージを読んでいると音楽が聞こえたので、聞こえてきた方向を見たのです。

 

 

そこにはかつての教え子である日野が有名人となってピアノを演奏していて、真冬を見つけると自分は元気でやっているよと言わんばかりにウインクしました。

 

未春や秋奈、夏海も駆けつけてきました。

 

輝明のメッセージには、幾らだって間違ってもいい、周りには一緒に悩んで間違って並んで歩いてくれるような人がいるし、人の隙になることを怖がらずに気持ちに素直になれ、と言う言葉があり、真冬は成幸をジッと見つめていると昔の事を思い出していたのです。

 

小学生時代の成幸は高校生時代の真冬が泣いているのを見て、何処か痛いのか、と聞くと真冬は、自分は一生一人で出来ない自分を抱えていくのかなと思ったら涙が出た、と答えます。

 

そんな真冬に成幸は、輝明から出来ない奴を分かってやれる男になれと常々言われてきたから自分が真冬と一生一緒にいる、と言うと真冬は、気の早いプロポーズだ、と小さな声で言いつつ、何時か成幸が素敵な大人になったらね、と言って約束を交わしたのです。

 

そして輝明を見つけた成幸は駆け寄っていき、その光景を見ていた真冬は、輝明の息子だったんだ、と思いました。

 

それから時が流れ、成幸が自分の生徒になって教育係の後任になって、最初は方針を巡ってぶつかったけど、何度も助けてくれた、と思った真冬は成幸に、タイムカプセルの中身を知っていたの、と聞いたのです。

 

対する成幸は、知らなかったけど輝明なら真冬を一人にはしないと思った、と答えると真冬は、何時の間にか成幸は約束を果たしてくれたのね、と言います。

 

そして心の中で、何時からか成幸に恋をしていたのかしら、と呟くのでした。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない184話の感想と考察

成幸が真冬の同級生を集めていた事には驚きましたね。

 

本来は自分自身の手で真冬に文化祭を楽しんでほしいという思いがあったと思いますが、昔の話を聞いて自分の力だけじゃなく当時の同級生も呼べるなら呼んだほうがいいかなと思って天田の協力を仰いだのでしょうね。

 

真冬の同級生も本当は真冬と話をしたがっていたようなので、真冬は幸せ者だなと思いましたね。

 

高校生時代はフィギュアスケートに精を出していて、親の教育による影響で同級生と会話をすることが出来なかった真冬に文句の一つもあってもいいものです。

 

しかし、それすらなくむしろタイムカプセルに真冬向けのメッセージが書かれた本を入れて埋めていましたので、同級生にとって真冬は応援したいと思える人物だったんだなと思いましたね。

 

成幸の父親の輝明の困ったら回りと見ろと言ったメッセージを残していて、しかも真冬が最初に指導した日野も人気者になって登場したので本当に真冬は周りの人に恵まれていますし、人気者になった日野の姿を見て、自分の教育に間違いは無かったんだと思った筈です。

 

最後では成幸に対する好意について心の中で呟いていたので、もしかしたら結ばれる可能性が高いと思いますので、次回が楽しみですね。

 

<< 183話 一覧 185話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました