スポンサーリンク

エデンズゼロ120話ネタバレ考察感想あらすじ!ブリトニー撃破につながったある現象

漫画ネタバレ

2020年11月25日発売の週刊少年マガジン2020年52号で、『エデンズゼロ』120話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』120話は、レベッカとブリトニーのバトル回でした。

 

物理攻撃が効かないことを分かったレベッカは逃走。

 

その後町に到着しますが、そこでブリトニーを倒す方法を見つけました。

 

一体、その方法とは?

 

しかし、レベッカはブリトニーの攻撃を受けてしまいますが、その際にある現象発生。

 

ちなみに、この現象がレベッカの勝利につながりましたが、何が起きたのか?

 

本記事では、エデンズゼロ120話『レベッカvs.ブリトニー』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 119話 一覧 121話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

エデンズゼロ120話のあらすじネタバレ

「それにしても…暑い…ゆえ」

 

モラを倒したホムラは暑さに耐えきれなくなってその場に倒れそうになりました。

 

そんな彼女のもとにシキがやってきました。

 

そして、彼はホムラを背負って泉に向かうことにしました。

 

背負ってくれることに頼りがいを感じたホムラ。

 

しかし、虫嫌いのシキの目の前にクモが現れたので、彼は気絶。

 

結局、泉までホムラはシキ引きずって向かおうとしました。

 

その頃、レベッカとブリトニーの戦いが始まっていました。

 

ハッピーとピーノが気絶していたので、レベッカは高速で移動してブリトニーを撹乱。

 

そして、彼女の背後から蹴りを放ちますが、自身の能力で煙になったブリトニーにはダメージを与えることができませんでした。

 

「そういう女大嫌いなの‼︎」

 

煙になることができるにもかかわらず物理攻撃をするような頭の悪い女が嫌いなブリトニーは、レベッカに対して激怒。

 

さらに、ブリトニーは失恋の原因になった色目を使った女性に対しても怒りを露わにしました。

 

そして、怒りを露わにした際に出した煙の影響で草が枯れてしまいました。

 

「ポイズンミスト」

 

草が枯れたのはブリトニーが放った触れたものを腐られる効果がある煙にるものでした。

 

ポイズンミストを回避したレベッカはブリトニーに攻撃。

 

しかし攻撃したのはレベッカの残像で、本物の彼女はピーノとハッピーを抱えて逃げていました。

 

その後、ブリトニーが追いかけてきたので、レベッカは燃えている方に逃げ込みました。

 

これは、“ミヤコ姉さんのリケジョch”でやっていた知識を使ってブリトニーから逃げるための作戦でした。

 

その後、彼女は町に出てしまいました。

 

ロボットのペトにされたり牢に入った人に対して何もできないことに対し申し訳なさそうなレベッカ。

 

彼女はどうやってブリトニーを倒すか考えていました。

 

「食べちゃえばいいんだ‼︎」

 

ハッピーの寝言で名案が浮かんだレベッカでしたが、ブリトニーが迫っていました。

 

そして、家電ショップを見つけたレベッカは掃除機を発見。

 

しかし、スイッチをつけようと思ったもののユーザーロック式だったのでパスワードが必要でした。

 

「A66E」

 

ピーノがパスワードを伝えますが、レベッカはポイズンミストを喰らって体が腐食してしまいます。

 

その最中に、左足の模様が光るとレベッカには今までの映像が見えました。

 

その直後、町にいたレベッカのもとにブリトニーが迫っている場面に戻りました。

 

時間が戻ったことに気づいたレベッカはこの先のことを思い出しました。

 

そして、パスコード式の掃除機のパスワードを言って掃除機を起動。

 

そのおかげでブリトニーを吸い込むことに成功。

 

「アオネコキーック‼︎‼︎」

 

レベッカは掃除機を蹴り飛ばしました。

 

その後、ピーノが掃除機のパスワードがわかっていたのか気になったのでレベッカに質問しました。

 

ちなみに、ピーノよりも先にパスワードがわかったのはキャットリーパーが発動したからでした。

 

しかし、キャットリーパーを発動した彼女にはある疑問を抱いていました。

 

それは、発動したことで31号世界になってしまったのかということでした。

 

しかし、ニノ戦の時と同じく世界は変わっていない感じを抱いていました。

 

「もしかしてこの力」

 

レベッカは自分の力に対して何か察したのでした。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ120話の感想と考察

まず、最初にモラを倒したホムラが描かれました。

 

倒れそうになっていましたが、暑さが逃げてにもかかわらずモラを倒すために全力を出したというのが倒れそうになった原因だと思いました。

 

そして、ホムラとシキが合流。

 

シキが担いで泉に向かおうとしますが、クモが原因で気絶したシキを引きずって泉に行くことになりました。

 

ホムラ、もう少し優しくしてあげてください。

 

その後はレベッカとブリトニーのバトルになりました。

 

森での戦闘でブリトニーに対して、2つツッコミたいことがありました。

 

まず、対戦中に失恋の原因になったと思われる女性にも怒りを露わにしたこと。

 

なぜ、今そのことを思い出したのでしょうか?

 

もう一つはレベッカが燃えている方に逃げ込んだ際にレベッカに言った「リケジョchの視聴者」発言。

 

それに気づいたのであれば何か対策できたのではないでしょうか?

 

その後、町での先頭になりその際にキャットリーパーが発動。

 

しかし、今回は“○○号世界“というように世界の番号が変わるほど大きな影響はなく時間が少し戻りました。

 

この結果を踏まえると、自分が不利な状況に陥ったときに能力が発動することで時間を戻して自分が有利な展開にすることができるという能力があると思いました。

 

その証拠に、掃除機のパスワードがわかる前にポイズンミストを喰らった直後に能力が発動。

 

それにより、掃除機を見つける前に戻りましたが、そのおかげで掃除機を手に入れた直後にパスワードを解除して吸い込むことに成功しました。

 

ポイズンミストを喰らうという不利な状況から時を戻してブリトニーを倒したので、そのように考えるのが妥当だと思いました。

 

<< 119話 一覧 121話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ エデンズゼロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました