スポンサーリンク

ダイヤのA act2 234話ネタバレ考察感想あらすじ!2打席目の結果は如何に?

漫画ネタバレ

2020年11月25日発売の週刊少年マガジン2020年52号で、『ダイヤのA act2』234話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』234話は、エラーによって宮川が2塁へと進塁してしまい、打席には4番の星田が打席に入りました。

 

先程、体勢を崩しながらもツーベースヒットを打った星田を警戒している御幸は外野をホームで刺せる位置へと移動させたのです。

 

そして集中している星田を見て、御幸は得点圏にランナーを置いて1番勝負をしたくないバッターだから、少しでも外野へと運ばれるリスクが少ない球を投げるぞと沢村にサインを送ります。

 

果たして、この勝負の行方はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』234話『エースの理念』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 234話のあらすじネタバレ

4回表、倉持が送球をワンバンさせてしまった事で前園がキャッチできず、宮川は一気に2塁へと進塁し、打席には4番の星田が入ります。

 

御幸は外野の白州、東条、結城将司にホームで刺せる位置につくように指示し、星田を見ます。

 

星田は集中していると感じた御幸は心の中で、第1打席では体勢を崩しながらも外野の頭を越える長打を打ったから得点圏にランナーを置いた状態では勝負したくないバッターだし、このバッターを打ち取るには外野に運ばれるリスクが少ない球を投げないといけない、と沢村にサインを送ったのです。

 

沢村は宮川を牽制するために移動した倉持が定位置に戻るのを確認すると、1球目を投げようとしていました。

 

ベンチにいる市大三高の田原監督は心の中で、今最もバットが体の一部になっている星田ボーイ、GO、と心の中で呟きます。

 

そして沢村は1球目を内角にツーシームを投げ、星田は思い切りバットを振っていくも打球はファールになったのです。

 

御幸は心の中で、振ってきたか、と呟きつつ、動かしておいて良かった、と思っていました。

 

次に御幸は外角に構えると、沢村はミット目掛けてスプリット改を投げ込み、ミットに収まったのです。

 

星田は外角低めのボール球だろうと思って見逃しましたが、判定がストライクだったので驚いている様子を見せます。

 

今のは御幸のフレーミング技術でストライクを取ったからであり、青道と市大三高のキャッチャー陣はそれを察していたのです。

 

観客席にいる小湊亮介も、今のは上手い、と評していて、宮内も鼻息を荒くしながら、憎たらしいほどにな、と言います。

 

楠木は、キャッチングに更に磨きかかっている、と評していて、結城哲也はオーラを放ちながら、あそこをストライクにされるとバッターは厳しい、と言ったのです。

 

クリスは、低めに沈むボールを上から捕ってしまえばボールとなるが、下から掬いあげる事でストライクゾーンでミットが止まる、と解説し、際どいコースをストライクにする高等技術だ、と心の中で評していました。

 

市大三高のベンチにいる天久も、フレーミングの効果があるのはほんの僅かだが、それでも投手からすれば助かる、と心の中で呟いたのです。

 

青道のベンチにいる奥村は悔しさを隠せないのか、オーラが出ていたので降谷は驚いている様子でした。

 

そして追い込まれた星田は確実に球を捉えるためにバットを短く持ち始め、この様子を見た御幸は、これこそが市大三高の恐ろしさであると共に弱さでもある、と心の中で呟いてミットを構え、倉持も宮川を牽制します。

 

沢村は3球目を投げる際、エラーやミスは誰にだってあるからそれを帳消しに出来るのが自分達投手だ、と思って外角に投げ、星田はバットを振ります。

 

しかし、沢村が投げた球はカットボール改だったので星田のバットは空を切り、空振り三振となったのです。

 

そして沢村は心の中で、味方のミスを帳消しにするのが投手であり、自分が求めるエースだ、とも思っていました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 234話の感想と考察

最初の打席では、体勢を崩しながらも長打を打った星田が相手だったので、決して楽な相手ではありませんでしたが、何とか抑える事が出来ましたね。

 

この打席では御幸が内角に投げるように指示し、後は外角のボールで攻めた事で星田を打ち取る事が出来たのでしょうね。

 

まず内角にツーシームを思い切り投げる事で、ファールにしてストライクを取りました。

 

内角は余程上手く打たないとゴロ、内野フライになる可能性があり、御幸からすればゴロや内野フライを打ってくれればいいが、ゴロだったら二塁にいる宮川は三塁に進塁する可能性があるからファールを打ってくれればと思っていたのでしょう。

 

2球目は狙っていたフレーミングでストライクを取りましたが、正直これがデカかったと思います。

 

正直、普通に取ればボールになる球でしたから上手く捕球出来たなと思いましたね。

 

そして3球目は追い込まれた星田はどのコースでも思い切り振って来るだろうと御幸は思い、散々投げてきたスプリット改は軌道が分かっているし、チェンジアップはさっき外野の頭を越されたし、ストレートは打ち返されると思ったからカットボール改を投げさせたのでしょうね。

 

しかも星田は3球目の際、バットを短く持ったから外角へと曲がる球は届かないだろうと御幸は踏んでカットボール改を選んだのだと思います。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました