スポンサーリンク

彼女お借りします166話ネタバレ考察感想あらすじ!大粒の涙を流した次の日、水原の心情は?

漫画ネタバレ

2020年11月25日発売の週刊少年マガジン2020年52号で、『彼女、お借りします』166話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』166話では、和也からデートの報告を聞いた八重森は、今度はレンタルではなく、普通のデートに誘おうと提案します。

 

しかし和也に断られ、そのまま逃げられてしまいました。

 

和也の部屋の外に出ると、ちょうど水原と遭遇する八重森。

 

水原にデートの話を聞けるのでしょうか。

 

本記事では、『彼女、お借りします』166話「彼女と涙②」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 165話 一覧 167話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします166話のあらすじネタバレ

八重森から逃げ、コンビニに向かっていた和也。

 

母親から電話があり、桃の差し入れを受け取ります。

 

 

今日も綺麗だと水原を褒め、何とかデートの話を水原から聞きたい八重森。

 

しかし身内を亡くしたばかりの水原に、明るく話しかけるのは不謹慎ではないのかと悩みます。

 

すると水原は急いでいるからと、その場を去って行ってしまいました。

 

八重森は、水原から警戒されているなと気づき、気が抜けた表情で空を見上げます。

 

 

和也は、桃が入った袋をぶら下げ、水原のことを考えながら自宅に帰っています。

 

水原としては、和也に見られたくない姿を見せてしまい、今頃一人部屋で落ち込んでいるのではないかと心配しています。

 

昨日のことで、何か水原からの接触もありそうだと考えた和也。

 

自分だけが水原の事情を知っているのだから、力になってあげたいと意気込みます。

 

自宅に帰りつき、八重森から言われた話を思い出しますが、やはり無理だと考えます。

 

しかし、話を聞いてあげることくらいはしたいと、先程母親から貰った桃を抱えて、水原の部屋に行こうと外に出ます。

 

すると買い物から帰ってきた水原と、ばったり鉢合わせしました。

 

昨日の今日で、何とも言えない恥ずかしさと気まずさで、上手く話せない和也。

 

緊張しながら昨日のことについて話そうとすると、水原から映画鑑賞会のことを持ち出されます。

 

いつも通りの水原は、鑑賞会の時の服は何色がいいかと和也に相談します。

 

あまりの通常運転に驚く和也。

 

水原は和也にもう一度服の色を聞き、和也は慌てて青のワンピースがいいと思うと答えます。

 

青のワンピースを探しとくと言い、そのまま部屋に入っていった水原。

 

和也は何が起きたのか分からず、桃を渡すのも忘れてしまいました。

 

 

部屋に入り、先程の水原の態度の意味が分からないと、頭を抱える和也。

 

昨日あれだけのことがあったのに、あんなに普通に出来るのかと、昨日の出来事が夢ではないかと思い始めます。

 

女心が何一つ理解できない和也は、昨日のはすべて演技だったのではないかと考えます。

 

しかしあれだけの涙を流せるわけがなく、これは水原の強がりが出ていると気づきます。

 

これからあと何回、この感情にならなければならないのかと和也遠くを見つめます。

 

 

水原は自分の部屋に、おばあちゃんとおじいちゃんの写真を並べ、先程買ってきたデザートをお供えします。

 

天国から見えるのなら、本当のことをすべて知ってしまっただろうと二人に向かって話します。

 

和也とは恋人ではなく、レンタル彼女とお客の関係だということです。

 

昨日のデートもそうですが、和也はいつも芝居がかっていて、恥ずかしげもなくかっこつけます。

 

本当はおばあちゃんが亡くなってから、死にそうなほど寂しかった水原。

 

しかし、人前で泣いたらすっきりしたと笑顔で話します。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします166話の感想と考察

八重森は水原から、デートの話を聞くことは出来ませんでしたね。

 

意外と常識がある八重森に、すこし驚きました。

 

ちゃんと相手のことを考えることが出来るのだと思いました。

 

デートに誘うのは無理だけれど、話を聞こうとしている和也は優しいですね。

 

私なら何も行動しないと思います。

 

今はそっとして欲しいかなとか、昨日の今日は恥ずかしいよねとか考えてしまいますね。

 

なので、行動力がある和也を尊敬します。

 

意気込んで水原に会いに行った和也ですが、まさかの鉢合わせで、心の準備が間に合わなかったですね。

 

しかも水原は、何もなかったかのように普通に話します。

 

そこの和也の気持ちに、すごく共感できました。

 

あんな普通にされたら、昨日の出来事が夢だったのではないかと思う和也の気持ちもわかります。

 

色々と考えこんでいたのは自分だけだったのかと、さらに悩みますよね。

 

でもあれは明らかに恥ずかしさを隠そうとした、水原の強がりの対応ですね。

 

すごく水原らしいなと思ったのと、水原の性格がよくわかれば、とても可愛い部分だなと思いました。

 

女心が難しい和也からすると、本当に水原はミステリアスかもしれません。

 

和也はこれからも水原の態度などに、振り回されるんでしょうね。

 

次回は映画観賞会の話でしょうか。

 

とても楽しみです。

 

<< 165話 一覧 167話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました