スポンサーリンク

キングダム661話ネタバレ考察感想あらすじ!魏と秦の同盟が裏目に出ると語る媧燐

漫画ネタバレ

2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ2020年51号で、『キングダム』661話が掲載されました。

 

キングダム661話は、早く首を刎ねろと迫る寿胡王に対して騰は勝手な事を言うなと言い放つと共に、この先の楚の戦いにおいて寿胡王が持っている情報は必要になって来るし、満羽の結末は自分で見届けろと言ったのです。

 

その頃、什虎城が攻め落とされたことを知った満羽は特に攻め落とそうと言う気概を見せる事無く、千斗雲と玄右と共に楚の王都である郢へと撤退していきました。

 

そして媧燐は魏と秦が同盟を組んだことに苛立っている様子を見せるも、この同盟は双方とも裏目に出るのだと言っていたのです。

 

果たして、その言葉の意味は一体何なのでしょうか。

 

本記事では、キングダム661話『利有り』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 660話 一覧 662話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム661話のあらすじネタバレ

満羽達の過去を話した寿胡王は、もう語ったから満羽達の結末を見届けるのは騰だから首を刎ねろ、と言ったのです。

 

しかし、誰も首を刎ねようとしませんでした。

 

騰は、ここで始末しようとはしないし、そもそもこれから先の戦いにおいて寿胡王の情報は必要になって来るし、それ以前に満羽達の結末は寿胡王自身が見届けろ、と言いました。

 

その頃、満羽達は軍勢を率いて什虎城へと戻っていたが、その什虎城が攻め落とされてしまった事を耳にした兵士達は動揺を隠せなかった。

 

しかし、満羽は一言、そうか、としか言わず、千斗雲と玄右も特に何も言いませんでした。

 

そして行き場を失った彼らは楚の都である郢へと向かい始めたのだが、特に行く理由はありませんでした。

 

しかし、そこへ行くしか無かったのであります。

 

ただ項翼だけは、将軍になって初めての大きな仕事だったのに気持ち悪い感じで終わったぞ、と大きな声で不平不満を白麗に向かって言いまくっており、それは白麗も同じでした。

 

この知らせは郢にも届いており、多くの者達が動揺していて、媧燐も怒っているのかバミュウを思い切り掴んで握り潰そうする勢いだったのであります。

 

まさか魏と秦が同盟を組むとはな、と媧燐は言いつつも、この同盟は双方にとって裏目に出るんだと言ったのです。

 

取りあえずこちらに向かってくる軍勢の処分について話になるとバミュウは、満羽、千斗雲、玄右の首を晒すべきだ、と言いました。

 

媧燐は李園に対して、什虎城周辺の国境を守備を固めるように言って置け、と言うと満羽達に会いに出かけました。

 

その理由は戦歴や経歴しか知らない彼らがさっさとここへやって来たのはただの馬鹿故か、それとも使い道がある大馬鹿かどうかを見極めるためであり、前者だったら斬るつもりなのです。

 

その頃、秦の都である咸陽でも什虎城が落ちた事を知り、全員が大喜びしていました。

 

多くの者達は、魏がよく同盟を受けて一緒に戦ったものだ、と言っていて、これで趙の都である邯鄲の攻略に全力を注げる、と言ったのです。

 

そして魏軍と秦軍は城内に入ったのだが、龍范と乱美迫は不遜かつ好戦的な態度を取っており、蒙武も、慣れ合うつもりはない、と言って去っていきました。

 

騰は呉鳳明に対して、よく同盟を受けて共に戦ってくれた、とお礼を言い、呉鳳凰も、色々因縁がある騰と共闘することになるとはな、と言ったのです。

 

騰は、秦軍主攻と言う上策が見事に効いたからその礼も言っておく、と言うと呉鳳凰は、同盟を組んだとはいえ、慣れ合うつもりはない、と言います。

 

対する騰も、いずれ戦い合うのは分かっているが、今だけはこうして話し合うのは悪くないだろう、と言ったのです。

 

その言葉を聞いた呉鳳凰は、策の礼は有難く受け取っておくが、同盟の礼に関しては不要だ、と言うと、今回の同盟は魏に利があるが、秦にとっては不利益だ、と言いました。

 

その理由はこの後魏は西へと攻め寄せて領土を拡大していくが、秦に関しては復活した李牧によって手痛いダメージを受ける、と呉鳳凰は踏んでいたのです。

 

この言葉を受けた騰は、李牧が戻ろうと戻らまいと同盟が切れる間に趙を攻め滅ぼし、その次は魏を攻める、と言い放ち、呉鳳凰は、同盟が切れた時に李牧によって死に体になっている秦を攻め滅ぼすからそれまでくたばるな、と言い返しました。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム661話の感想と考察

什虎城が陥落しましたし、軍師である寿胡王が捕まってしまいましたので、少なからず楚にとっては由々しき事態であるのには間違いないでしょうが、媧燐にとってそれ程問題ではないような口ぶりが気になりますね。

 

彼女は魏と秦の双方にとって同盟は危険が孕んでいると言っていましたが、秦に関しては恐らく呉鳳明と同じ事を考えているのだと思います。

 

秦は現在、趙を攻めているけど中々攻め手に欠けているので後顧の憂いを断つために、今回の戦を起こしたのです。

 

魏は秦が趙との戦いに苦戦している事も、李牧が再起を図っている事も知っていましたので、恐らく楚もその事を知っていて、それ故に秦は不利なのだと思っているのだと思います。

 

魏の方は什虎城を取ったばかりか、秦からの脅威が無いから西へと攻めれるので魏はかなり利がある状態ですが、楚にとってはそれも魏にとって不利になる様子があるのでしょうね。

 

恐らく魏は西の方へと攻め入る事で、元々の領地や今回手に入れた什虎城の守りが手薄の状態になり、その間に攻められる恐れがある可能性があります。

 

負けはしたが、什虎城の軍勢がやられただけで楚の国の兵力はまだ健在の状態ですので、総力を挙げて攻め込んできたら魏は一溜りもないでしょう。

 

これらの事から媧燐は魏と秦の同盟は双方とも不利だと言ったのではないかと思います。

 

<< 660話 一覧 662話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました