スポンサーリンク

少年のアビス34話ネタバレ考察感想あらすじ!社会問題が凝縮された黒瀬家

漫画ネタバレ

2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ2020年51号で、『少年のアビス』34話が掲載されました。

 

『少年のアビス』34話は、三者面談も終わり、帰路につく令児と母でしたが、その道中で母は抱えていた想いを吐き出しました。

 

初めて聞いた母の言葉に、令児は何を思うのでしょうか。

 

本記事では、『少年のアビス』34話『回帰』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 33話 一覧 35話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス34話のあらすじネタバレ

令児の希望進路は進学と言うことで、急遽行われた三者面談は終わりました。

 

帰ろうとする令児に、担任は進路希望調査票が入っている封筒を渡しました。

 

受け取った令児は紙が入っているだけのはずである封筒の中に、固いものがある事に気づき、それが返したはずの合鍵だとその感触だけで察しました。

 

にこやかに手を振りまた明日と言う担任に見送られ、令児は教室を後にしようとしますが、そんな様子を母は横目で見ていました。

 

帰宅するバスの中でも、家まで歩く道のりでもずっと令児は母の後ろにいました。

 

雨の降る中、令児はようやく口を開き謝罪しました。

 

その謝罪に対し、母もまた令児が何も言わずその優しさに甘えてきた事を謝りました。

 

そして、こんな家族なんか捨てて出て行きたいよねと言う母。

 

捨てたいのは家族ではなかった令児は否定しますが、出来るなら自分だってそうしたいと母は言います。

 

咄嗟に出てしまった自分の本音に動揺しながらも、母は撤回しました。

 

その動揺のあまり落としてしまった傘を、令児は拾ってあげました。

 

進学することもどこかへ行くことも自分から言ってあげたかったと、母は言いました。

 

それでも言えなかったのはずっと抱えている怖さからでした。

 

おばあちゃんは日に日に目が離せなくなっているにも関わらず、この町は老人が多く私設はどこもいっぱいという現状。

 

お金を出せばいくらでもあるものの、年金も貰っていない上に看護助手の母は給料も少なくギャンブル好きの祖父は借金だけを残して死んでいったという状況。

 

更に、引きこもりになった兄の一正の存在が母には恐怖でした。

 

ニュースでやっていた50代息子が70代の親を殺したという事件に、自分の家庭環境を重ねてしまい、いつ殺されるのかと家にいる間中怯えていると母は言いました。

 

そんな思いを吐露しながら、弱くてごめんと母は言います。

 

令児はどこにも行かないと言い、進学の話も断ったのにあの先生が勝手に呼び出して言っただけだと言いました。

 

唐突に、あの人令くんのこと好きでしょ? と母は言い当てます。

 

驚きながらも、令児は誤魔化そうとしますが、令児を見ている目が教師の目ではなく女の目だったと言う母。

 

なにかされてない? と問い詰める母に、令児の鼓動は激しさを増す一方です。

 

封筒を貰ったときに顔色が変わったことも指摘され、中を見せるように令児は言われ、緊張感が高まります。

 

そして、令児は『自殺』しようとしていたと白状してしまいました。

 

川に飛び込もうとしていた所を先生が見つけ、それ以来心配してくれているだけと令児は言いました。

 

令児を抱きしめ、なにやってんのと怒鳴りつける母に、令児は『ごめん』とただ一言ぽつりと言いました。

 

いくならお母さんも連れてってと言う、母の言葉に令児は衝撃を受けました。

 

令くんとなら死んでいけると、母は笑顔を見せました。

 

翌日、出席を取る担任ですが令児が来ていないことでその表情は不穏なものに変わりました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス34話の感想と考察

この作品の得意技とでも言うべき、一コマの中に台詞を凝縮させて思いを吐露させるシーンが今回は母でありました。

 

この一コマの中に現代社会の問題が詰まっていたと思います。

 

高齢化社会により増える老人と、施設の不足。

 

母子家庭や職業による貧困問題。

 

ギャンブル依存による借金問題。

 

そして、本当にニュースでよく見るようになった引きこもりのまま成長して親を殺してしまう中年。

 

これだけの問題が黒瀬家の中には凝縮していて、それを母は一人で抱え込んでいることを知ってしまった令児はもう二度と進学や町を出るということは言えなくなってしまったように思えました。

 

それに加えて、母は口にはしなかったものの玄の父親との関係という本当に『爛れた関係』として落ち着いたのかはわからない問題が令児の中にはあります。

 

今回のタイトルが『回帰』だったように、振り出しに戻った感じがありますが、それは令児が振り出しに戻っただけで周囲はそうではありません。

 

特に欠席を目にしたときの担任の顔は、もう他の生徒の前だということも忘れているのではないかと思うほど露骨に不穏な表情をしていました。

 

先生が女の目で見ていたと言い当てた母は、親としての目なのか或いは女という同族の目なのかはわかりません。

 

どんな形にしろ令児を大事にしているのは確かなのですが、出来るならその令児も捨ててしまいたいほど家族環境に疲れ切っている母は、令児と死ぬことを希望してしまいます。

 

自殺しようとした息子を叱るまではわかるのですが、そこから先は令児と同様に衝撃でしたし、出来るなら自分も家族を捨てたいと言われたらショックを受けると思います。

 

捨てたいものの一部であるにも関わらず、傘を拾ってあげるという変わらない優しさを見せていたところに令児らしさが描かれていたと思います。

 

『心中』ではなく『自殺』とナギの存在を隠すなど、いつでも嘘で誤魔化し続ける令児はどんな状況であれ、冷静なのかもしれません。

 

設定自体に複雑さはないものの、それぞれのキャラクターの心理状況や気持ちの向き方が複雑化していく中、次回担任はどう動くのでしょうか。

 

三者面談が無理なら今度は『家庭訪問』という手段も残っています。

 

<< 33話 一覧 35話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました