スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ183話ネタバレ考察感想あらすじ!ヒナが殺害される真の理由とは?

漫画ネタバレ

2020年11月18日発売の週刊少年マガジン2020年51号で、『東京卍リベンジャーズ』183話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』183話は、まず稀咲が日本一の不良を目指すための計画が明らかになりました。

 

そのことを知ったことでタケミチはヒナが死ぬ理由に気づきました。

 

果たして、その理由とは?

 

その後、激怒したタケミチは驚きの行動を取りました。

 

一体何をしたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ183話『Lay the plan』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 182話 一覧 184話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ183話のあらすじネタバレ

中2の夏、河川敷を2人の連れと一緒に歩いていた稀咲はタケミチを見かけました。

 

そして、すれ違いざまに自分が愛する女性(ヒナ)のために生まれ変わった姿をタケミチに見てもらいたいと心の中で思っていました。

 

「オレはオマエを超えてやる」

 

すれ違った直後、稀咲はタケミチの方を振り返ってそう言いました。

 

一方、稀咲とすれ違ったタケミチは稀咲の方を振り返りました。

 

しかし、タケミチは稀咲のことをどこかで見た程度の印象しか持っていませんでした。

 

タケミチのような漠然としものではなく緻密に練り上げた計画を実行しようとした稀咲。

 

そのために彼は河川敷で寝ていたマイキーに声をかけました。

 

一方、声をかけけられたマイキーは眠りを妨げられて不満そうな表情をしていました。

 

ちなみに、稀咲がマイキーに接触を試みたのは彼の10年にも及ぶ壮大な計画において最初の一歩でした。

 

稀咲の目標である“日本一の不良”において、マイキーは間違いなく日本一になる人物なので、傀儡ににして自分の目標のための媒体にしようとしていたからです。

 

そのために、まず最初の1年でマイキーから信用を得ようとしました。

 

信用を得た後は2年を想定してマイキーを傀儡にする。

 

続いて、3年かけてマイキーと共に東京制覇。

 

最後の4年で日本を牛耳って、周りから“日本一の不良”と呼ばれる10年の計画が完成すると思っていました。

 

「晴れて橘日向と添い遂げる」

 

稀咲は“日本一の不良”になった暁にはヒナと一緒になることができると思っていました。

 

しかし、何度もタイムリープをしたことでタケミチに計画が邪魔されたことに対して稀咲は激怒。

 

一方、タケミチはヒナを未来で殺害する答えに気づきました。

 

「フラれた腹いせに…ヒナを…殺してたのか?」

 

ヒナの殺害理由を察したタケミチは涙を浮かべながら激怒。

 

そして、涙を流しながら何度もヒナを殺していたことに激怒しました。

 

一方、タケミチの推測が図星だったので稀咲は逆ギレ始めました。

 

ヒナは自分の彼女(オンナ)なので、特にタケミチに渡すくらいなら殺したほうがいい。

 

自分は彼女のことを愛おしく思っているにもかかわらず自分の思いに気付いてくれないのか。

 

尊敬していたにもかからず裏切ったタケミチを早く殺すべきだった。

 

稀咲はタケミチに不満を何度もぶつけました。

 

一方、彼の不満を聞いたタケミチは突然右足を蹴り上げました。

 

そして、蹴り上げた足は稀咲の右手に直撃したので拳銃が宙を舞いました。

 

宙を舞った拳銃は“カラン”と音を立てて地面に落下。

 

その拳銃をすぐに拾い上げたタケミチは銃口を稀咲に向けました。

 

「はじめから…こうするべきだった」

 

タケミチはにはこの時ある考えた浮かんでいました。

 

「死ね」

 

タケミチは今持っている銃で稀咲を殺そうと考えていました。

 

この時、銃を向けられた稀咲は目を見開いて怯えているような表情をしていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ183話の感想と考察

まず、河川敷でタケミチを稀咲がすれ違うシーンから始まった今回。

 

このシーンを見て思い出したのは5話の最後の方。

 

ちなみに、その直前でタケミチはマイキーに気に入られていました。

 

もしも稀咲がタケミチより先にマイキーに出会っていたら、稀咲が願う“日本一の不良”のためにマイキーが利用されてしまっていたかもしれませんね。

 

続いて、稀咲が日本一の不良になるための10年計画やヒナを殺す理由が明らかになりました。

 

日本一の不良の先にはヒナを自分のものにするといういう目標がありました。

 

そのも今日を達成したとしても稀咲がヒナを自分のもににするのは無理だと思います。

 

なぜなら、ヒナが好きになったのは負け戦さにも関わらず中学生に挑んだ時のタケミチ。

 

不良になろうと思ったのが理由ではないので稀咲が不良になっても振り向いてくれないのは当然の結果だと思いました。

 

稀咲は勘違い野郎ですね。

 

そして、失恋の腹いせでヒナを殺害しているということが判明。

 

そんな理由で殺されるヒナがかわいそうですし、タケミチがキレるのも当然の結果ですね。

 

そして、ヒナを殺す理由を知ったタケミチは銃を奪いとった後にすべてを終わらせるためにタケミチは殺そうと思いました。

 

稀咲を殺す以外で未来を変える方法はないのか?

 

次回、タケミチが銃をどうするのかとても気になりますね。

 

<< 182話 一覧 184話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました