スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい161話ネタバレ考察感想あらすじ!TG部の作業を誤解するかれん!

漫画ネタバレ

2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプ2020年1号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』161話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜161話は、マスメディア部のかれんがエリカからTG部の事を知らされ、しかも合宿中なので良からぬ事をしていると感じていました。

 

それ故に早速電話してマッキーセンハイを問い詰めると、彼女の誤解を招くような言い方がかれんを困惑させていく事になるのです。

 

果たして、困惑したかれんが取る決断とは何なのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜161話『TG部は語りたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい161話のあらすじネタバレ

かぐや達が色々あった冬休みを過ごしている間、マスメディア部でも色々あったのです。

 

かれんはエリカからTG部の自作ゲームのテストプレイを頼まれた事を聞かされ、げんなりしながらやるしかないと呟きます。

 

冬休みなのにも関わらず、多くの生徒が部活動に精力を出しているのを満足げに見回るかれん。

 

しかし、例のTG部は合宿中でしたので、絶対良からぬ事をしていると感じ取ってすぐさま問い詰めるために電話をします。

 

その頃、千花とメガ子はマッキーセンハイの家で合宿をしていたのです。

 

彼女達は前回の反省を踏まえてハッピーライフゲームの製品版の制作をしていました。

 

イベントでの販売を目指して冬休み中は制作に取り組み、後はお金と駒である車に乗せるための子供を作るだけとなっていたのです。

 

3人はゲーム作りに没頭し、彼氏を作らない変な青春を謳歌しているとかれんから電話がかかります。

 

かれんは変な事をしていないかと問われたマッキーセンハイは変な事をしていると言ったのです。

 

彼女は変な青春を変な事として言っただけなのですが、そんな事知る由もないかれんはまた問題を起こそうとしているのだと思い始めます。

 

他の2人はどうしているかとかれんに聞かれ、ベッドで子供を作っていると誤解を招く言い方をするマッキーセンハイ。

 

その後、棒が大きすぎて穴に入らないと、6つの穴に全部入らないと、カッターで削ったり、ドリルで拡張したほうがいいと次々と生々しい言葉が聞こえてくる事で困惑するかれん。

 

千花とメガ子にこれでいいのかと問うかれんに対し、2人は自分達は望んでやっていて、これが自分達の幸せだと言います。

 

2人は洗脳を受けていると感じたかれんの耳に、メガ子のお客さんが望むなら何でもやると、千花の大人数でプレイしたという声が聞こえたのです。

 

明らかにやらしい事だと想像しているかれんは、このままじゃ危ないと思い始めるとマッキーセンハイは何をしているのかと問います。

 

そうしたら彼女はゲームで使うお金を作っていると答えると、かれんは通貨偽造罪だと心の中で思うのでした。

 

それからも3人の言葉を聞いて、かれんは彼女達はサイコパスだと、ゲーム感覚で国を危機に追いやる危険思想集団だと思い始めます。

 

そんな中、3人のために味噌汁を作ったと言うエリカの声がしたので、かれんは何を手伝っているのかと問い詰めたのです。

 

そうしたらエリカはやりたい事は全部やりたいと、こんな世界があるんだと言うと、最後に自分も子供を作ったという発言をしたのでかれんは絶叫します。

 

マッキーセンハイは自分の我儘で皆を巻き込むのを申し訳なさそうにしていましたが、千花達は自分達の血の繋がりは濃いと、運命共同体だと言ったのです。

 

こうして通信が切れ、もう引き返せない状態にあると目から生気を失ったかれんが呟くと何処かへ電話を掛けます。

 

そしてマッキーセンハイの家にチャイム音が鳴り、かれんが来たと思った4人はドアを開けると警察官がいたので絶叫したのです。

 

後でかれんの誤解なのが明らかになり、かれんはTG部に借りを作る事になりました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい161話の感想と考察

何と言いますか、誤解に誤解が積み重なっていくとこういう事になっちゃうんだなと思いましたし、ちゃんと情報を正確に伝えるのは大事だなと思いましたね。

 

TG部が良からぬ事をしていると言う事を決めつけ、マッキーセンハイの言葉を誤解して警察を呼んでしまったかれんも悪いですが、TG部の方々も悪いのではないでしょうか。

 

そもそも変な事をしていると言った事から全てが始まりましたので、最初から前回の反省を踏まえて製品を制作してイベントで販売すると告げていればこんな大騒ぎにはならなかった筈じゃないかなと思いました。

 

次回はかれんがTG部の手伝いをする事になるのではないでしょうか。

 

ちゃんと説明をしなかったマッキーセンハイ達も悪いですが、誤解を重ねてしまった彼女も悪い上に騒ぎを起こしといて手伝わないと言う選択肢は無いと思われますので、彼女も協力すると思われます。

 

作業をしていく事で電話でマッキーセンハイが話していた事が本当だったのが改めて明らかになり、それを知った彼女は本当に誤解をしていた事を改めて謝罪するはずです。

 

そしてエリカ達に励まされながら作業をしていくと思われますが、それでも彼女達の行動に関してやマスの内容に関して突っ込んでいくのではないかと思われます。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました